タンメン胖

たんめんばん

予算
~1000円
~1000円
最寄駅
京成千葉線 / 千葉中央駅 徒歩2分(140m)
ジャンル
ラーメン 中華料理 餃子
定休日
毎週日曜日 祝日
043-224-1992

千葉中央駅から徒歩1分。 京成線の線路沿いに店を構えている、昭和レトロな佇まいの「タンメン胖」に来訪しました。 千葉中央エリアを訪れたことがある方なら、一度は目にして居るであろう程に、レトロな外観から、一見のお客さんには入りづらさを受けてしまうのですが、同店の魅力はなんと言っても、価格かな? 野菜が高騰し、多くの飲食店が悲鳴をあげている昨今であっても、変わること無く提供される看板メニューの ・タンメン ¥550 ・ラーメン ¥600 ・タンメンセット(タンメン&餃子&半ライス)¥800 ・タンメン半チャーハンセット ¥850 値段だけを見ると、バカ安いとは言い難い価格ではあるのですが、この値段を安いと感じてしまう理由は、そのボリューム感? お昼時のPM0:30に到着。 店内のカウンター8席及び小上がりの座敷2席は満席でしたが、ちょうど座敷が1席空いたので奥の座敷に着座しました。 今回は、タンメン&半チャーハンセット、¥850 を注文。 数分待ちにて、タンメン半チャーハンセット ¥850 が運ばれて来ました。 タンメンは、野菜の旨味をタップリ取り込んだスープとなっており、攻撃的なパンチこそ無いものの、最初から最後まで飽きること無く飲み干せる、優しさに満ちあふれています。 恐らく、動物系の出汁は含まれていないので、スープを完飲したとしても罪悪感を受ける事はありません。 とはいえ、このスープを完飲できないほどに腹を満たしてくれるのが、タンメンに盛られた大量の野菜と半チャーハンの存在。 半チャーハンをオーダーすると、店主さんが丼サイズの茶碗を持ち出し、炊飯器からご飯をよそっている姿からも確認出来るとおり、全く「半」になっていないボリューム。 レトロな外観だけでなく、お客さんに満足感を得て貰おうとする店主さんの愛情からも、古き良き昭和の匂いを感じる良店でした。 (2016.8.12)

Sasaki Satoruさんの行ったお店

タンメン胖の店舗情報

店舗基本情報 修正依頼

予約・問い合わせ 043-224-1992
ジャンル
  • ラーメン
  • 中華料理
  • 餃子
営業時間
定休日
予算
ランチ
~1000円
ディナー
~1000円
クレジットカード
不可

住所 修正依頼

住所
アクセス
                                        ■駅からのアクセス                        
                京成千葉線 / 千葉中央駅 徒歩2分(140m)
千葉都市モノレール1号線 / 葭川公園駅 徒歩4分(290m)
千葉都市モノレール1号線 / 栄町駅 徒歩7分(490m)                        

                        

座席 修正依頼

席数

12席

カウンター
喫煙 不可
※健康増進法改正に伴い、喫煙情報が未更新の場合がございます。正しい情報はお店へご確認ください。
[?] 喫煙・禁煙情報について
個室

043-224-1992