春木屋 荻窪本店

はるきや

予算
~2000円
~2000円
最寄駅
JR中央・総武線 / 荻窪駅(JR南口) 徒歩2分(150m)
ジャンル
ラーメン つけ麺 丼もの
定休日
無休
03-3391-4868

杉並区にある 醤油ベースの昔ながらの変わらぬ味のラーメン屋さん

昭和24年創業で、荻窪ラーメンの代名詞のようなお店。新しいラーメン屋が出来ようが、とんこつが流行ろうが、魚介が流行ろうが、そんな時代の流れには一切目もくれず、醤油ベースの昔ながらの変わらぬ味をひたすらに守り続けている。1番人気は定番のワンタンメン。

口コミ(353)

    東京都杉並区上荻にある老舗「春木屋 荻窪本店」さん。 泣く子も黙るラーメン界の王道を歩む名店。ラーメン激減区の荻窪エリアに君臨し続ける春木屋さん。 シンプルな中華そばだけど完成された味。余計なモノはいらないと言わんばかりのクラシックスタイルを貫く店主に敬服。 中華そば850円 決して安くはないけど金額に納得できるパフォーマンスを魅せてくれる。 チャーシュー、メンマ、ネギ、海苔。 以上。 味わい深いスープが五臓六腑に染み渡る…。 数年ぶりに珠玉の一杯。 ご馳走さまでした( ̄人 ̄)

    ここのところ、たまに「新店疲れ」が出ることがある。 63歳だからか、25年も食べ歩きをやっているからか、新店の傾向がそうさせるのか、老舗のラーメンを欲することがあり、それがまさに「今日」だった。 先日、ダウンタウンの松本さんが「春木屋」を食べたことをTwitterにアップしていて驚いたが、その影響もあるのか、「春木家本店」に行きたくなった。(春木屋は先日行ったばかりだった) 「春木屋」は昭和24年創業で現店主は三代目今村隆宏さん。 一方、「春木家本店」は昭和6年創業で元々は日本蕎麦屋さん。現店主は同じく三代目の古川善啓さん。ラーメンを提供し始めたのは昭和9年。店頭には『現存する最古の東京ラーメン』とも書かれている。(がしかし、新川大勝軒の創業は1914年(大正3年)) 両者は遠縁(創業者同士が親戚)に当たる。 そしてあまり有名ではないが「中華料理 春木屋」というのもあり、そこが餃子専門店になり、数年前に閉店した。なので、「荻窪に『はるきや』は3軒あった」というのが正しい。(荻窪の地域情報誌「オギボン(ogibon)」などより) 私が初めて「春木家本店」を食べたのは1998年頃、「東京のラーメン屋さん」というサイトを立ち上げたときに存在を知って食べに行ったとき。あまりの好みの味に感動した記憶がある。「蕎麦屋さんなのにこんなにおいしいなんて」と。ま、基本的に蕎麦屋さんのラーメンは好きなので他でも良く食べる。でもここがかなり好き。 2003年頃、三代目考案の塩ラーメン(中華そば塩味だったかも?)を出し始め、それがべらぼうにうまかった。何度か食べたが、現在はメニュー落ち。今回、女将さんに聞いたら「うちは全部手作りだから、蕎麦も中華も、とやってると手が回らなくてやめちゃったの」とのこと。数年前にやめてしまったらしい。確かスープは醤油味と別取りだったはず。幻の味になってしまった。 さて、今回は中華そばは720円。これを注文。後会計制。 iPhoneを眺めていたら、思いの外、早めに登場してビックリ。しかもスープが熱々。そして、懐かしくもしっかりおいしい。自家製麺もあっさり(だけど油がいい)スープもおいしい。煮込まれたチャーシューも、そして「春木屋」と唯一の共通点か、三角形の海苔。 二軒目だったが完食完飲。おいしかった〜。 新店とはまた別の満足感や充実度がある。こうしてたまには昔食べたお店も回ってみたい。

    中華そば 850円 今日は、西武新宿線井荻駅で下車、食べともさんが経営しているお店で昼呑みをした後、荻窪駅までウォーキング。 立ち食い寿司を食べに行くため、荻窪駅から御徒町駅に向かう途中、春木屋に。 15時19分到着、入店待ちの客が2人。後客5人 券売機でチケットを買い、待つこと6分程度で入店。 食券を手渡し、麺固めでお願いします。 入店して、2分程度で提供です。 見た目、昭和のなつかしさを感じさせる中華そば、とってもいいですね。 食材は、海苔、メンマ、ねぎ、チャーシュー。 まずはスープを一口、油膜が張っているのかな、スープはびっくりするくらい熱々。 スープは昔ながらの醤油味、これぞ中華そばな感じがいい。 麺はピロピロの縮れ麺、つゆがめっちゃ絡んできます。 チャーシューは、焼豚っていう表現が正解なやつ。 スープは、油膜が張っていて冷める気配がないので、なかなか飲めない。(^^ゞ スープがおいしいね~、今日も完食です。 そういえば、川崎にも春木屋が今月オープンしてたなぁ~ こちらも、近日中に行ってみたいと思います。 おいしくいただきました〜 2022年3月27日ランチにて利用 3.75

春木屋 荻窪本店の店舗情報

店舗基本情報 修正依頼

予約・問い合わせ 03-3391-4868
ジャンル
  • ラーメン
  • つけ麺
  • 丼もの
営業時間
定休日
予算
ランチ
~2000円
ディナー
~2000円
クレジットカード
不可
QRコード決済
  • PayPay

住所 修正依頼

住所
アクセス
                                        ■駅からのアクセス                        
                JR中央・総武線 / 荻窪駅(JR南口) 徒歩2分(150m)
JR中央・総武線 / 阿佐ヶ谷駅(西口) 徒歩18分(1.4km)                        

                        

座席 修正依頼

席数

20席

カウンター
喫煙 不可
※健康増進法改正に伴い、喫煙情報が未更新の場合がございます。正しい情報はお店へご確認ください。
[?] 喫煙・禁煙情報について
個室

サービス・設備などの情報 修正依頼

お店のホームページ http://www.haruki-ya.co.jp/
利用シーン ランチ、おひとりさまOK、禁煙、フォトジェニック、PayPay決済可

更新情報

最初の口コミ
加藤 昌史
最新の口コミ
大崎 裕史

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ 「PayPayが使える」と記載があるがご利用いただけなかった場合は こちら からお問い合わせください。

春木屋 荻窪本店の近くのお店

荻窪・西荻窪のラーメン・麺類でオススメのお店

荻窪・西荻窪の新着のお店

春木屋 荻窪本店のキーワード

春木屋 荻窪本店の近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

目的・シーンを再検索

お店の掲載テーマ

03-3391-4868