鮨 由う すし ゆう


予算
~10000円
~20000円
最寄駅
東京メトロ日比谷線 / 六本木駅(出入口6) 徒歩2分(130m)
ジャンル
寿司 テイクアウト
定休日
毎週日曜日 祝日
もっとみる
03-3404-1134

名店で修業を積んだ大将が腕を振う、お寿司屋さん

超オススメ! これだけは食べてほしいベスト3

  • 身のふんわり感と赤酢のシャリの一体感が絶妙。昆布の香りを移した『春子鯛』

    身のふんわり感と赤酢のシャリの一体感が絶妙。昆布の香りを移した『春子鯛』

    湯引きして昆布〆にし、皮目のやわらかさを活かした春子鯛は、一貫目に登場。切り目も美しく、端正なフォルムが寿司のレベルの高さを物語ります。淡白ながらも味わい深く、シャリと一体化すると繊細な味わいに。

  • きっちり塩をし、酢で締めて、ヒカリモノならではの旨みを引き出した『小肌』

    きっちり塩をし、酢で締めて、ヒカリモノならではの旨みを引き出した『小肌』

    選ぶのは、脂ののりがよく身が厚い小肌。塩をきっちり効かせて、余分な水分を抜くことで“いい具合”に酢が入ります。これが独特の旨みを引き出し、口に入れたとき、鼻に抜けるような爽やかな香りが楽しめます。

  • 生のマグロにこだわって厳選した、風味豊かな『マグロ赤身』

    生のマグロにこだわって厳選した、風味豊かな『マグロ赤身』

    毎日、大将が豊洲の市場に行き、目利きしたマグロの赤身。生のマグロにこだわり、その時々においしい産地のものが厳選して仕入れられています。芳醇な旨みと豊かな風味で、マグロ通も納得のおいしさです。

鮨 由うからのオススメ

  • 特別な日の食事には、周りを気にせず過ごせる個室がオススメ

    特別な日の食事には、周りを気にせず過ごせる個室がオススメ

    純和のつくりの店内には、4名用の洗練された個室も完備。落ち着いた雰囲気の中ゆったりと食事を楽しめ、接待などの会食やデート、記念日の食事に最適です。

  • その時期に一番おいしさを増す、旬の食材を味わう幸せ

    その時期に一番おいしさを増す、旬の食材を味わう幸せ

    毎朝、大将が豊洲の市場に行って目利き。産地にこだわらず、品種にこだわりその時々にいいものが厳選されています。米はつや姫特別米を寿司に合うように精米具合を調整し、寿司酢は砂糖を入れず、赤酢と塩のみ。

  • 料理を引き立てるお皿には、自然を活かした素材を使用

    料理を引き立てるお皿には、自然を活かした素材を使用

    高級旅館や有名割烹などを手掛けた設計士が提案する、木や石など自然素材を活かした店内や器。時代を超えて愛され続ける、趣と心地良さが同居する洗練された空間となっています。

口コミ(64)

    自粛期間中、周りからの強い風当たりに後ろ髪引かれつつもこちらに伺った。行ってみると、そんな強い風当たりの影響を真正面から受けているビジネス側のお話、そんな風当たりとは反対意見のお客様方の発言を聞くことになる。世間は今2派に分かれていると感じた。完全にどっち側ということなく、ミックスな人が多いと思うけど。政府の対応がもっと違ったら、状況はまた別のものになっていただろう、日本より成功しているアジア諸外国のように。 店主はとてもおしゃべりで楽しい方で、そういう意味でエンタテイメント性の高い劇場のようでもあった。エンタテイメント性の高いレストランって、料理に関連した何か面白いしかけなどがあることが多い気がするけど、今回は店主の身の上話や経営上の話などが多かった^^ 最初の30分くらいは、店主はひたすらこれから作る握りのネタを切っていて、その横で2番手の方がテイクアウトの御弁当を作っている(なんと1日170個とかそういう単位だそう!)。そして客の私たちは、焼き物などの仕上がりを待っている。 お弁当を作っている華麗な手さばき、見ていてとても楽しかった。特に、雲丹の箱と同じ長さだというへらを使ってうにを2列ずつまったく潰さずに機敏にお弁当の箱に移していく手さばき、見ていて爽快。うには箱を拝見する限り、ヤマタの生うに、滝澤水産極上生うになど、複数種類を用いているようす。 あと、海苔巻き。9割くらい具で私だったらぜったいうまく巻けない分量なのに、いとも簡単そうな感じで一瞬ぎゅっと押すだけで美しく巻きあげていく。 このお弁当、原価(食材のみ)がなんと7割くらいで、人件費、固定費等入れるとほぼ利益が出ていないそう。それでも、豊洲で今売れ残っている食材を回したい、という思いで売り出していらっしゃるそう。豊洲、今はどこのお寿司屋さんもほぼお休みでいい食材がかなり残っていて、GW中限定で普段よりは安く仕入れることができるそう。 1日3回転+お弁当200弱、労働時間は1日18時間。。どうか倒れないでいただきたい。。 絶品つまみ(というか和食の逸品)のあと、握り。 基本的にオーソドックスでクセがない、そしてどれもものすごくおいしかった。 しゃりは赤酢と塩で硬めに炊いている、酸味がほどよく効いている。ネタは全体的にやわらかい。 口に含んでいると、まろやかなネタと、このしゃりがとろけ合って、相性抜群のハーモニー☆ 店主は魚、特に魚の臭みが苦手なのだそう。ということもあり、ネタは熟成させず、旨みとやわらかさのバランスが一番良くなるところを狙って行っているそう。

    やはり美味いと再確認。 鮨 由う(ゆう)は、2016年12月に六本木にオープン。翌年には開店後一年足らずでミシュラン一つ星を獲得(現在三年連続一つ星)。昨今の寿司ブームにおいて、押しも押されもせぬ人気の寿司屋のうちの一軒と言っても過言ではない。 さすがは星を取るだけあって鮨の味は一流だ。赤酢と塩のみで味付けされた力強いシャリを使った握りはとても美しい。ネタとシャリとのバランスも良く、何より食材に対する下処理の上手さに気付かされる。 大将の尾崎淳さんはとにかく明るく楽しい方だ。回らない寿司となると、静かに緊張しながら食べるようなイメージを持たれがちだが、こちらはその対極。尾崎さんを中心に初対面のお客様同士でも盛り上がってしまう不思議な光景は、尾崎新喜劇と称されるまでに至る。 美味しいものを頂くときに、その場の雰囲気が楽しいと、二倍にも三倍にも美味しく感じられる、ということを体感できる素敵なお店である。食後の第一声に「楽しかったー!」と言わせてしまう寿司屋は、ここを措いて他にはない。 おまかせ@20,000円(税サ別)。最初につまみが出てから、握りに移るスタイルだ。コースの他にも、その日に入荷したおすすめの食材があると、その都度紹介してくださるので、好みのものを追加するのも良いだろう。 【ある日のつまみ】 ◆嶺岡豆腐 ◆わかめともずく酢 ◆羽太 ◆港区巻き シャリに、噴火湾の毛蟹、唐津の赤雲丹、キャビアを乗せ、海苔で包んで頂く一貫。キャビアは、塩分濃度がやや低めの2.3%に設定されたこの店だけの特注品。 ◆太刀魚の塩焼き ◆煮蛸 ◆帆立貝の茶碗蒸し ◆生牡蠣(追加) ◆鰹 ◆殻付き紫雲丹、中落ち、白海老、キャビア(追加) 殻付きの紫雲丹の中に、鮪の中落ちと白海老が仕込んであり、上にはキャビアが乗る。とろけるような脂の乗った中落ちに、爽やかな甘みが溢れる雲丹とこれまた甘くねっとりとした白海老が混ざり合い、キャビアにより絶妙な塩味が追加される。 ◆プリン巻き 鮨由う名物。裏濾してペースト状にした鮟肝をシャリに混ぜ合わせたものを海苔で包んで頂く。鮟肝にプリン体が多く含まれることから命名。甘辛く濃厚な鮟肝ペーストが酸味の強いシャリにはよく合う。 ◆蒸し鮑(追加) ◆胡麻河豚の白子(追加) 【ある日の握り】 ◆春子鯛 ◆白烏賊 ◆桜鱒 醤油を弾く鮮やかな橙色の身質は、口に入れるとトロトロと溶けていくようだ。鮪のような動物的な香りがほとんどないため、純粋にこの質感のみを楽しめる。 ◆縞鯵 脂の乗った肉厚の縞鰺はまるで鰤のような食感だ。口の中で瑞々しい縞鯵がほどけるようにシャリと混ざり合う。 ◆平貝(つまみ) ◆鯵 肉厚の味は脂が乗って瑞々しい。上に乗ったあたり葱(浅葱と生姜を混ぜた薬味)の大蒜のような香りも良く、鯵との相性も良い。 ◆赤身 千葉県那智勝浦。さっぱりとした味わいの中に、野性味ある香りと鮪特有の酸味を感じる。 ◆中トロ 千葉県那智勝浦。適度な食感があり、赤身と脂が絶妙なバランスで混ざり合い溶けていく。 ◆大トロ(追加) 千葉県那智勝浦。口の中で脂がスーッと溶け出していくのがわかる。噛めば噛むほど、脂の甘味が滲み出してきて、鮪の甘味が広がって行く。旨くないわけがない。 ◆アオサ入り玉子焼き ◆新子(追加) 季節物。身が軟らかく小さな新子を4枚付で。江戸前の技を目の当たりにする瞬間だ。柔らかな酢〆により身の甘味が引き立つ。 ◆小鰭 新子に比べると、もちろん魚の旨味が強い。滲み出る魚の旨味とやや強めの酸味とのバランスが良い。 ◆馬糞雲丹の手巻き お好み焼きのヘラを使って、箱雲丹一列を豪快に手巻きに仕立てる。目の前でヘラに乗った雲丹を盛る姿を見ているだけで思わず満足してしまう。 ◆福巻き 当日、頂いた魚の余りや切れ端など、鮨として握れなかったものを太巻きに。太巻きの上にはたっぷりの中落ちが乗る。残り物には福があるという諺からのネーミングだが、それ以上の幸福感が得られる巻き物だ。一口で食べて色々な味の融合を楽しむのも良いが、箸で崩しながらばらちらしのように食べても美味い。 ◆お椀 提供される品数は20を超え、お店を後にするときの満足度はかなり高め。気楽に鮨を楽しみたい方には是非ともお薦めしたいお店である。 #寿司 #ミシュラン

    やっとお邪魔しました 六本木駅すぐのミシュラン☆店 6時の回、満席です! やはり人気店はコロナはあまり関係ないのかな⁈ 握りまでにお腹いっぱいになりそうなくらい 小皿が出てきて、 名物のスナイパー井上さんのプリン体握りが よーーいドンッの合図(^ ^) 感動したのはアジ‼︎ 今まで食べた中でナンバーワンのアジでした‼︎ オリジナルの薬味がすごく美味しかった♡ 追加で 生牡蠣と雲丹(中落ちと海老とキャビア乗せ) そしてそして、 この量と内容と立地にて、このお値段‼︎ コスパ最強ですね。 御馳走さまでした♡

鮨 由うの店舗情報

修正依頼

店舗基本情報

ジャンル
  • 寿司
  • テイクアウト
営業時間
定休日
カード
  • UFJ
  • VISA
  • JCB
  • ダイナース
  • DC
  • UC
  • AMEX
  • NICOS
  • Mastercard
  • セゾン
予算
ランチ
~10000円
ディナー
~20000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス            
        東京メトロ日比谷線 / 六本木駅(出入口6) 徒歩2分(130m)
東京メトロ千代田線 / 乃木坂駅(出入口2) 徒歩8分(630m)
東京メトロ南北線 / 六本木一丁目駅(出入口1) 徒歩9分(680m)            

                    ■バス停からのアクセス            
        都営バス 渋88 六本木駅 徒歩2分(150m)
港区 赤坂ルート 六本木交差点北 徒歩3分(170m)
港区 赤坂ルート 檜町公園 徒歩3分(180m)            

          
店名
鮨 由う すし ゆう
予約・問い合わせ
03-3404-1134
オンライン予約
備考
※土曜日のお昼の営業のみお子様連れ可能とさせていただきます。≪キャンセルポリシー≫※キャンセル料につきまして以下の通り申し受けます。・3日前~当日 100%

席・設備

座席

12席

個室

4人用

カウンター
喫煙
不可
※健康増進法改正に伴い、喫煙情報が未更新の場合がございます。正しい情報はお店へご確認ください。 [?] 喫煙・禁煙情報について
予約
予約可

特徴

利用シーン
  • ディナー
  • 個室

更新情報

最初の口コミ
大木淳夫
最新の口コミ
Noriko Nakao
最終更新

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ PayPayを使いたいお店をリクエストをする際は こちら からお問い合わせください。

人気のまとめ

鮨 由うの近くのお店

六本木のすし・魚料理でオススメのお店

六本木の新着のお店

鮨 由うのキーワード

鮨 由うの近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

六本木周辺のランドマーク

お店の掲載テーマ

03-3404-1134