文殊 浅草店

もんじゅ

予算
~1000円
~1000円
最寄駅
東京メトロ銀座線 / 浅草駅(出入口8) 徒歩1分(11m)
ジャンル
そば(蕎麦) うどん
定休日
無休
03-3843-6210

リーズナブルに美味しいお蕎麦やうどんが楽しめるレトロな雰囲気のお店

東武伊勢崎線の浅草駅から徒歩約2分の場所にある、お蕎麦とうどんのお店の「文殊浅草店」。地下鉄銀座線の地下街にある立ち食い蕎麦屋さんで、天丼セット500円、かけそば390円、岩海苔そば430円、季節限定の桜えび天おば530円などリーズナブルに美味しいお蕎麦やうどんが楽しめる素敵なお店です。

口コミ(79)

    日曜早朝の浅草はまだ人もまばら。浅草地下街のマスコット、ちか男くんに手招きされた気がして地下へと続く階段を下りると目の前に券売機が現れます。『かき揚げそば』で朝そばといきましょう。 下町っぽくないライトなつゆ。そばは細めでツルりといけます。かき揚げは衣薄めで野菜の素材感が残るもの。干し海老の風味がいいアクセントですね。 サクっといただける朝にぴったりな味わいの一杯。 ごちそうさまでした!

    東京の蕎麦屋放浪記 NO.117-2 … たまには立ち食い蕎麦屋 … 立ち食いだって蕎麦なら何でも食べます。立ち食いの中でも一番の好みの店は「文殊」でしょうか… チェーン店はあまり好みではないが、此方のお店は旨いと思う。1995年に両国に本店が出来て以来、所謂「駅ナカ戦略」で成長したミニチェーン店。 立ち食いと言っても侮るなかれ、そのクォリティは"立ち食い蕎麦屋を超える立ち食い蕎麦屋"だ。 今は多くのお店で取り入れている、生麺を注文後に茹でるスタイルの元祖だけあって、蕎麦は細めで喉越し良く旨い。つゆにも手を抜かず、鰹枯れ節の一番出汁を使う拘りで、鰹の香りがふわっと香るスッキリした旨みのあるつゆです。 たまに行くのは一番近い浅草店。 … 銀座線浅草駅の地下通路にひっそりとではなく、賑やかに佇むお店。蕎麦は極めて細く、コシがある。立ち食い蕎麦にありがちな粉っぽさは全くない。かけつゆも関東特有の返しの濃さはなく、鰹出汁の効いた丁度良い塩梅のつゆだ。 春菊天そばはよく食べるが、カラッと揚がった春菊天の苦味とかけつゆがベストマッチでなかなか旨いです。蕎麦の量も他店に比べて多いように感じます。 浅草のお店は地下通路にあるが、この地下通路の商店街は日本最古と言われている。居酒屋が並んでいたり、ちょっと怪しげな雰囲気を醸し出している。東京オリンピックを目指して、銀座線の駅も綺麗に整備されてきているが、この浅草駅の地下通路は未だに全く変わらない。 因みに店名は「もんじゅ」と読む。知恵をつかさどる菩薩のことを「文殊菩薩」と言う。獅子に乗り、釈迦の左に侍する菩薩。「三人寄れば文殊の知恵」とも言うが、店名にどのような意味が込められているのか、余計な詮索となりました… ご馳走様でした! #立ち食い蕎麦を超える立ち食い蕎麦 #日本最古の地下商店街 #浅草の名店

    銀座線浅草駅のレトロな地下街にある立ち食い蕎麦屋さん 春菊天と生卵の蕎麦を頂きました。 数分で着丼。まずは、春菊天を一口。 パリパリした春菊を噛み締めると、口の中にほのかな苦みが広がります。 蕎麦も立ち食い蕎麦らしからぬ旨さ かえしも辛くなく、愉しんで頂けました。 ごちそう様でした。 浅草きたときは、立ち寄りたい店です。

    #冷やし #老舗の蕎麦 冷しかけそば350円いただきました。地下鉄銀座線改札口からすぐ、現存する最古の地下商店街の一角。甘め濃いめの懐かしい汁に極細そば。蕎麦の風味が高めで、コシも強めでした。若干、こなっぽさを感じたので、相性的には、温麺のほうがちょうどいいと思います。しかし、昭和にタイムスリップしたような空間は、ラーメン博物館のようでした。

    浅草には沢山の「日本最古」がある。 日本最古の商店街「仲見世通り」、日本最古の遊園地「花やしき」、日本最古のバー「神谷バー」あたりは有名で、日本どころか東洋最古の地下鉄「銀座線浅草駅」はうっかり忘れてしまうほど日本最古のものに溢れている。 それは「浅草寺」の門前町として栄えた事と、江戸末期以降の近代化で娯楽や商業の中心地になった「立地」が大きかっただろう。 そして、浅草の日本最古にもう一つ忘れてはいけないのが、現存する日本最古の地下商店街「浅草地下商店街」がある事だ。 (実際には上野駅地下商店街、神田須田町地下鉄ストア、銀座三原橋地下街の順に浅草より古いが残念ながら現存していない) その浅草地下商店街の入り口に、関所の如く佇む名路麺店が「文殊 浅草店」である。 「文殊」はもともとホテルマンだった大橋社長が、1995年に両国に第1号店をオープンさせた路麺店である。 「安くて美味しいものを良い立地に出せば絶対間違いがない!」という強い理念から生まれたのだと言う。 恐縮ながらボクも新婚時代に両国に住んだ事がある。 両国という街はJR総武線と都営大江戸線が通り、住宅街とビジネス街と国技館のような観光地も擁している珍しい街である。 さらに下町の印象が強いが、両国橋を渡って南に下れば、すぐに東日本橋と日本橋浜町にぶつかるという都心へのアクセスが素晴らしく良い。 はじめ両国の立地の良さに目を付けた大橋社長であったが、さらに両国駅の目の前に「両国駅前店」をオープンさせると売上が3倍になったという。 「駅近」の強みを痛感した大橋社長は、JR浅草橋駅のガード下に「浅草橋店」をオープン。 そして、銀座線浅草駅改札に直結する浅草地下商店街の入り口に「浅草店」を開店したのである。 ボクの知る限り、辺鄙な場所でもリーズナブルで美味しいものを提供する事によって成功している飲食店は少なからずある事はある。 だが「文殊」は、安く・美味しく・好立地という【アンド条件】を自ら課している姿勢は、路麺界だけではなく、飲食業界のカガミと言える。 さらに玉子無料デーなどのサービス精神も旺盛である。 浅草地下商店街は、日本最古の現存する地下商店街になってしまったが、文殊のような飲食店があるおかげで、いつも活気に溢れている。

文殊 浅草店の店舗情報

修正依頼

店舗基本情報

ジャンル
  • そば(蕎麦)
  • うどん
営業時間
定休日
カード
不可
予算
ランチ
~1000円
ディナー
~1000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス            
        東京メトロ銀座線 / 浅草駅(出入口8) 徒歩1分(11m)
つくばエクスプレス / 浅草駅(国際通りA) 徒歩8分(640m)
都営浅草線 / 本所吾妻橋駅(A3) 徒歩10分(730m)            

                    ■バス停からのアクセス            
        都営バス 草64 東武浅草駅 徒歩1分(73m)
JRバス関東 いわき号 浅草駅 徒歩2分(84m)
東北急行バス レインボー号 浅草駅前 徒歩2分(84m)            

          
店名
文殊 浅草店 もんじゅ
予約・問い合わせ
03-3843-6210

席・設備

個室
カウンター
喫煙
不可
※健康増進法改正に伴い、喫煙情報が未更新の場合がございます。正しい情報はお店へご確認ください。 [?] 喫煙・禁煙情報について

特徴

利用シーン
  • ランチ
  • おひとりさまOK
  • 朝食が食べられる
  • 禁煙
  • 食べ歩き

更新情報

最初の口コミ
jerioman
最新の口コミ
矢田 成夫

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ PayPayを使いたいお店をリクエストをする際は こちら からお問い合わせください。

文殊 浅草店の近くのお店

浅草のラーメン・麺類でオススメのお店

浅草の新着のお店

文殊 浅草店のキーワード

文殊 浅草店の近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

浅草周辺のランドマーク

お店の掲載テーマ

03-3843-6210