西麻布けんしろう

にしあざぶけんしろう

予算
営業時間外
~15000円
ジャンル
焼肉 牛料理 テイクアウト
定休日
毎週日曜日
03-6427-2949

西麻布交差点からすぐ、 『西麻布けんしろう』 系列のお店「うしみつ恵比寿本店」「目黒焼肉うしみつ一門」には何度かいってるんですけどね。ついに憧れのフラッグシップけんしろうです! あっ、全く関係ないけど「北斗の拳」は人生のバイブルです。ほんっと関係ないっすね(笑) 今回は特別にご用意いただいた、特選膳Specialコースで焼肉懐石を堪能して来ましたよ! まずはシャンパンで乾杯です!「#西麻布でシャンパン」オトナすぎでしょ(笑) ■先付け 百合根の茶碗蒸し。上には彩も鮮やかな春菊の餡かけが。いわゆる茶碗蒸しとは全く違うテクスチャー。一口入れると口の中で一瞬で溶けてなくなるんです。それでいて味はなんだかホッとする優しいお味。 ■冷菜 八種の春野菜 彩りサラダ。4種類の人参やアメーラトマト、タケノコ、アスパラソバージュ等。周りにはサッパリと蜂蜜とクレソンのドレッシングをかけて。 ■お椀 三重県桑名市産 地蛤のお吸い物。さすが焼肉懐石…まさかの蛤の登場です。肉厚の蛤を牛出汁の酒蒸しに。旨味全開の蛤は口の中に入れた瞬間、至福のときが訪れます。 ■刺身 ★いっしーリコメンド 山形牛お刺身五種盛り合せ。とろけるイチボは刺身でシンプルに、ランプは醤油麹、梅水晶のユッケ、タレユッケ、シャキッとした食感も気持ちいいタンの湯引き。生肉Loverとしては涙モノの刺身盛り合せですね。 ■タン焼き ★いっしーリコメンド 黒毛和牛厚切りタンはご覧の通りのクオリティー。コレをプロの技によってじっくり火入れ。しっかりと最高級の肉の旨味を閉じ込めたタンにはまさかのグレープフルーツと一緒に。レモンだと酸味が少し強いけどグレープフルーツの程よい甘みがさらに極上タンを引き立たせるんだ。 ■けんしろう焼き コレぞ名物、けんしろう焼き!桜チップで香りづけられたシャトーブリアンは食べるとホワッとほんとうに肉なのかすらわからない新食感。演出も素晴らしいのでぜひ動画撮影を(笑) ■厳選厚切りハラミと尾崎牛シンシン ■箸休め もずくとデコポンの酢の物 土佐酢ジュレがけ。 ■肉料理 黒毛和牛タンの肉じゃが。一見するとコレが肉じゃが!?とも思えるんだけど、食べると確かに肉じゃがの味がする。。。おかしいな…我が家ではこんな感じで出てこなかったぞ(普通出ない…)ちなみにピンクのがノーザンルビーというジャガイモ、タンの醤油漬け、小さな玉ねぎのペコロス等。確かに入っているものは肉じゃがの材料でしょ(笑) ■タレ焼物 松阪牛と宮崎牛ヒレ。秘伝のタレで二種食べ比べ…というまさに「贅沢の極み」 口に含んだ瞬間、まるでグルメ漫画にあるかのようなリアクションをみんなとるっていうね(笑) ■お食事 ★いっしーリコメンド リブロースとサーロインの土鍋ご飯。しかも上にはウニが♡ かき混ぜると下にはガーリックライスのお出迎え。 ■デザート 自家製最中ほうじ茶アイスとあまおうシャーベット。 いやぁ…家に帰るまで、いや次の日も…このけんしろうの余韻を楽しめました。翌日ハンバーガー食べて現実に戻ってきたのは内緒ね(笑) 西麻布・恵比寿・目黒とそれぞれ行ったけど、どれもすばらしく甲乙つけがたい。価格帯が違うから、「記念日デート」「本気デート」「カジュアルデート」みたいに財布と相談しながらうまく使い分けできるのもいいよね。 社内で焼肉の焼き方テストがあったり、みんなフレッシュでホスピタリティーもしっかりしていていつも気持ちがいいし、メニューの開発にも余念がないのでリピートしても飽きが来ない。ここまで勢いある焼肉屋さんはなかなかないね。 さぁ次はいつ行こう…まずは…財布と相談かな(笑) レアがたまらん リピート決定 夜に来たい 焼きの技術力

コメント 0

Hiroaki Ishiyamaさんの行ったお店

西麻布けんしろうの店舗情報

修正依頼

店舗基本情報

ジャンル
  • 焼肉
  • 牛料理
  • テイクアウト
営業時間
定休日
カード
予算
ランチ
営業時間外
ディナー
~15000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス                  

                    ■バス停からのアクセス            
        都営バス 黒77 西麻布 徒歩2分(160m)
都営バス 黒77 日赤医療センター下 徒歩5分(350m)
都営バス 黒77 西麻布二 徒歩5分(360m)            

          
店名
西麻布けんしろう にしあざぶけんしろう
予約・問い合わせ
03-6427-2949
お店のホームページ
FacebookのURL
https://www.facebook.com/nishiazabukenshiro/
TwitterのURL
https://twitter.com/nishi_kenshiro

席・設備

座席

44席

(全席個室)

個室
カウンター

03-6427-2949

このお店の特集記事