Japanese Spicecurry Wacca

ジャパニーズスパイスカレー ワッカ

予算
~2000円
最寄駅
東京メトロ日比谷線 / 八丁堀駅(B1) 徒歩2分(150m)
ジャンル
カレー 創作料理 クラフトビアバー ハンバーグ
定休日
毎週日曜日
不明

口コミ(26)

    クワトロ(1400円) 出汁カレー 無水チキン ラムウプカレー マルチョウデビル デビル増量(100円) 出汁カレーの強い出汁感、ラムウプのラムの香り、マルチョウデビルの辛味と脂の甘み、ホロホロな無水チキンの安定感。 単体でも個性的で美味しいですし、混ぜるとさらに美味しかったです。

    土曜日限定(数量限定)の日替わり(海鮮カレー)を頂きました。 カレーと漬けマグロ、いくらに雲丹があうのか?と 半信半疑でしたが出汁の利いた和風のスパイスカレーでとても美味しくいただきました。

    大阪の超実力店がカレー専門店として東京移転。 大阪の『超』が付く人気店で実力派のお店が、店名も『Japanese Spicecurry Wacca』と新しくカレー専門店として降臨しちゃいました。 4/17にお一人様で、1時間待ってようやく話題の出汁カレーを頂いてまいりました。 *クアトロ (ご飯普通) 出汁カレー マルチョウデビル ラムのウプカレー 無水チキン *ラッシー 出汁カレー 写真①手前の汁気のあるカレーです。 もともとスパイスカレーとは、スパイスが利いたカレーではなく、ルウを使わずスパイスを合わせて作ったカレーだと聞いたことあります。 スパイスビシビシではなく、お出汁の旨味をスパイスで引き立てた上品で味わい深いおいしさ。 かつお節から抽出しただしと香味オイル、加えてグレイビーに赤鶏のひき肉が加えられてます。 お米はバスマティとカルローズのミックスで、このミックスの黄金比率故に出汁カレーとの相性抜群です。 和の繊細さを取り入れた超ハイクオリティなカレー。 マルチョウデビル 写真①左側です。 スリランカ料理のデビルをベースとして、ホルモンのマルチョウを使った大阪らしさのあるカレー。出汁カレーとは正反対とも言える、しっか。した辛さがあって食感も楽しめる技ありカレー。 出汁カレーと合わせた時、相乗効果でそれぞれの美味しさが一つにまとまるのもすごい。 ラムのウプカレー 写真①の真ん中です。 チェティナード地方のウプ(塩)カレーです。 シンプルな味付け故、ラム独特の風味が大爆発します。苦手な人には辛いかな? 好きな人には悶絶必至の羊祭り。 無水チキン 写真①の右側です。 横浜、白楽にあるサリサリカリーのパキスタン風カレーから着想を得た、「サリサリアレンジ系」。 水分を飛ばし鷄の旨味を凝縮している、チキンカラヒに寄せたドライタイプのカレーです。ほろほろ崩れるチキンが最高に美味しくて食べ応えもあります。出汁カレーとも完璧に交わる美味しさ。 素晴らしい。 全てのカレーを仕切っているのは出汁カレーで、マルチョウ、ウプ、無水、どれをどう混ぜても絶妙な美味しさを味わえてしまう魔法のようなカレーです。 付け合わせのライタは、僕は程よく時々カレーと混ぜ合わせて食べたのですが、ライタも出汁カレーとばっちりリンクして、全体の美味しさが際立ちます。 まさに、完成された一皿でした。 大阪時代は、日替わりでオリジナルの創作カレーを提供していたイタリアンバル。 「カレー屋さん」ではありませんでした。 2020年12月27日、「カレー専門店」として、ジャパニーズ スパイス カリー ワッカは東京の八丁堀に移転してきたわけです。 『専門店』としてオープンされたあたり、その意気込みに期待値上がりますが、もう期待値以上に満足できましたよ。 オーナーシェフの三浦智輝曰く、「まずはあいさつ代わりに、分かりやすく『大阪らしいカレー』を作ることにしました」との事。 インタビュー記事でそう語られてました。 で、ワッカの真骨頂は創作カレー。 この点についても、 「大阪時代を知っている人がこのカレーを食べたら、ワッカらしくないと思うはず。まずは一つのメニューを完成させましたが、これから月替わり、週替わりでさまざまなカレーでワッカらしさを出して、大阪のカレーの魅力をもっと東京に広めていきたい」と、インタビューで仰られてます。 なるほど、今は東京へのご挨拶期間なんですよ。 これからグイグイと魔法のような美味しい創作カレーがいただけるなんて嬉しいじゃありませんか。 ちなみに、この日の創作カレーはズワイと本鮪の海鮮カレーでした。 まずは基本を頂いたのですが、次回は創作系の限定カレーを食べてみたい! とってもおすすめです。 #創作カレー #出汁カレーが素晴らしい #黄金比でミックスしたライス #スパイスが美味しさを引き立てている #大阪の実力店 #食べるべきメニューあり #行列してでも食べたい #行列が絶えない #カレーの概念を覆すカレー #大阪ナンバーワン #カレーと言う名の一流料理 #今食べるべき一皿 #テイクアウトできる #2021年関西究極のカレー創作部門グランプリ #Retty人気店 #八丁堀

Japanese Spicecurry Waccaの店舗情報

修正依頼

店舗基本情報

ジャンル
  • カレー
  • 創作料理
  • クラフトビアバー
  • ハンバーグ
営業時間
定休日
予算
ランチ
~2000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス            
        東京メトロ日比谷線 / 八丁堀駅(B1) 徒歩2分(150m)
都営浅草線 / 宝町駅(A8) 徒歩5分(400m)
東京メトロ日比谷線 / 茅場町駅(出入口2) 徒歩6分(460m)            

                    ■バス停からのアクセス            
        都営バス 錦11 桜橋 徒歩2分(160m)
都営バス 東12 八丁堀二 徒歩3分(180m)
都営バス 錦11 八重洲通り東 徒歩3分(180m)            

          
店名
Japanese Spicecurry Wacca ジャパニーズスパイスカレー ワッカ
予約・問い合わせ
不明
お店のホームページ
TwitterのURL
https://twitter.com/sekime_wacca

席・設備

個室
カウンター
喫煙
不可
※健康増進法改正に伴い、喫煙情報が未更新の場合がございます。正しい情報はお店へご確認ください。 [?] 喫煙・禁煙情報について

更新情報

最初の口コミ
Hiroki.K
最新の口コミ
kawada yasuyuki
最終更新

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ PayPayを使いたいお店をリクエストをする際は こちら からお問い合わせください。

このお店は以下のお店が移転した店舗です

移転前の店舗情報は次のリンクからご確認できます。


Japanese Spicecurry Waccaの近くのお店

茅場町・八丁堀の洋食・西洋料理でオススメのお店

東京の新着のお店

Japanese Spicecurry Waccaのキーワード

Japanese Spicecurry Waccaの近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

茅場町・八丁堀周辺のランドマーク

不明