山羊料理さかえ やぎりょうりさかえ


予算
営業時間外
~3000円
最寄駅
ゆいレール / 牧志駅 徒歩3分(220m)
ジャンル
沖縄料理 居酒屋 刺身 郷土料理
定休日
毎週日曜日
もっとみる
098-866-6401

那覇市牧志にある山羊の美味しさを味わえる山羊料理のお店

美味しい山羊料理を楽しめるお店、「山羊料理さかえ」。とっても丁寧に調理されているので、全く臭みは感じずに山羊独特の甘みと旨みを楽しめます!特に、山羊汁は旨みが凝縮されたスープで絶品と評判!ヨモギをつけた泡盛「ふーちばー」と一緒に食べると更に美味しく食べられますよ!

口コミ(102)

    味わい深いお店。お店のねぇねが一人で切り盛りしてます。厨房からホールまで全て!だから注文したらのほほんと待ってるがヨロシ。 人生初のヤギ料理をこのお店で体験できてよかった。ヤギ刺し、やぎ焼き、全部うまい。ヤギ料理は沖縄の人でも好き嫌いがはっきり分かれる。ほとんどの人はお祝いで出されるヤギ汁が初体験。今時の子はにおいが苦手で食べられない人が多いようで、いままで散々誘って断られてきた。そんな沖縄の人にもすすめたい!この店のヤギ、うまいよ!私の中ではラム肉に近いイメージかな。 そして、この店で1番のおすすめは看板娘のねぇねよ!!時々ぎゃー!とかあれどこいった!?とかてんやわんやで可愛らしい。お客さん一人一人への愛というか感謝たっぷりで、みてるだけで幸せな気持ちになれます。都会で心がすれてしまった人はここに足を運ぶべし。 電話はほとんどつながりません。お店に直接きて空いてたらラッキー。ヤギが売り切れててもねぇねに会いに来るだけでも価値あるわ。

    【那覇出張⑤/初山羊】 2月中頃の那覇出張。明日東京に戻るので、ゆっくり飲めるのは今晩が最後。®️で目をつけていたこちらに一人で向かいました。 何も考えずに18時30分過ぎに行き、8人程の列の最後尾に並びます。程なくして店が空き、カウンターの一番端を確保。今日はほんとは5時からだったらしいんだけど、この程度の遅れは珍しくないらしい。 名物ねーねー(お母さんと言うと『産んでない』と叱られます!)、は評判通りのインパクト、サービス精神が旺盛且つあんまり段取りがよくないので、店内は良い意味でカオス(^^)。他の方のオーダーに上手く乗っからないと、中々出てきません。『オリオン生』『山羊刺し』『山羊焼』を客一丸で注文。『山羊刺し』もっとクセがあるかと思ってましたが、さっぱりしていてイケる。『山羊焼』も塩胡椒でシンプルに旨い。7時30分には山羊売り切れ。再び一丸となって注文した『からし菜チャンプルー』は辛味を抜くために水に浸してたみたいなんだけど、時間が相当かかってます。その間にサービスで『らっきょうの茎』『ゴーヤチャンプルー』『島豆腐』『からし菜サラダ』が提供され、泡盛をいただきます。最後に『からし菜チャンプルー』登場、辛味も程良く美味しいね。初山羊堪能させて頂きました。 最後わざわざ見送りしてくれて、おまけに缶のさんぴん茶まで頂いて、いや〜大満足! #那覇 #山羊 #名物ねーねー

    【 沖縄の至宝、いや日本の宝。】 「この店に来るためだけに沖縄に来てる、2ヶ月前に飛行機取ってすぐに予約した」と、隣で飲んでる埼玉から来たお兄さんは言った。 「紹介してくれてありがとう、5時になったら満席で暖簾おろして鍵閉めちゃって、そのあとすごい盛り上がりで、店が終わってからも知らない客とハシゴしてました」と友達は言った。 このお店の開店時間は、確か5時ではなかったか。 山羊料理さかえ。山羊刺しが食べられる沖縄の名店とあって、この珍しい山羊刺しを目当てにこの店を目指す人は多いが、そんなことは今ではどうでもいいこととなった。山羊刺しは目をみはるほど美味しいが、さかえの魅力は山羊刺し、ではない。みんな、ナオミさんに会いに来る。それこそ、全国から。 このお店は2人以上で来るべきではない。2人以上できてもいいけれど、奥の座敷に通されてしまうと、このお店の面白さを知らないまま帰ることになる。このお店は、カウンターに座らなければ面白さがわからない。だから、予約は最高でも2人までにする「べき」だし、カウンターの他の席は、他の人に譲るべきである。 とにかく最高のお店で、これほど人に愛されるお店というのを見たことがない。もはやこれは”ナオミ劇場”であって、とにかく毎日この狂騒が繰り広げられていることが俄かに信じがたいが、ナオミさんによると、えーふつうだよー。と言う事らしい。名物のおしぼりキャッチボールからその宴はスタートする。頼んだもので確実に出てくるのは山羊刺し、ぐらいだと思う。 なので、だれかがソーメンチャンプルーなどと言って、ナオミさんが作りそうなら”こっちも!”と便乗しておく方が良い。まあ、ナオミさんが死ぬほど忙しくて注文が通ってなくても、ごめんねーとか言いながら頼んでないものが出てきたりするから、心配はないが。「ナスが安かったからさーいっぱい買っちゃったから適当に作るわ」的な感じで、やたらとサービス品が多いのも特徴である。 全てはナオミさんにお任せして、この素晴らしい、ナオミさんと、ナオミさんが大好きな客たちが作り上げる素晴らしい空気に身を委ね、カラカラでクースをしこたま飲むのがいい。とにかく、笑いが絶えない。もうずっと、みんなゲラゲラと笑い転げている。 5時から入店してもあっという間に閉店時間はやってくる。それは時計の針で11時頃を指しているかと思う。「ちょっと全員、いい?もう今日なに出したかわかんないから、みんな自分で伝票書いて!」と、言われたりもする。全員が粛々と、えー今日なにを食べたっけ、お酒何杯?とか言いながら伝票を書く。 しかも帰るときに何故か、お土産まで持たされたりする。フルーツとみかんジュース、だとか。思い出してもナオミさんの爆発的ホスピタリティと、底抜けの明るさ、そしてその優しさの深さは、まるで夢見事のような気分になる。あの人は、お客さん全てのアイドルであり、その存在自体がもはや奇跡である。 定休日は日曜日。なので、週末沖縄だとだいたい、1日は行くことができない。それ以外の日は必ず、さかえに行く。私にとっての沖縄は、那覇=さかえである。埼玉のお兄さんが言っていたそれは、私も全く同じなのである。 内澤旬子著、世界屠畜紀行という本がある。肉文化に興味がある人は結構読んでいる有名な本だが、この本の第9章にさかえの事が詳しく載っている。こちらは山羊料理や山羊汁など、沖縄の屠畜文化からこのお店をフォーカスしたものなので、興味がある人は読むといいと思う。この本は、それこそ世界の食肉文化を、内澤さんが詳細に体験した素晴らしいドキュメンタリーなので、お勧めだ。 本当にこちらが心配になる程のハイテンションで、客をもてなしてくれるナオミさんに、また早く会いに行きたい。いつも、さかえの夜は心の中にあって、沖縄に行くのはこの、素晴らしい夜に帰るためである、と言っても、全く過言ではない。 「ちょっといま、忙しいから電話に出てくれるー?予約の電話は全部断ってね〜」と言われ「さかえでーす」と電話口で私は言う。「〜〜日の予約なんですけど〜〜」「大変申し訳ございません、今予約、取れないんで。またかけてもらえますか〜」と言いながら電話を切る。みなさん、予約の電話は、イイ時間にかけないと、ダメですよ!

山羊料理さかえの店舗情報

修正依頼

店舗基本情報

ジャンル
  • 沖縄料理
  • 居酒屋
  • 刺身
  • 郷土料理
営業時間
定休日
カード
不可
予算
ランチ
営業時間外
ディナー
~3000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス            
        ゆいレール / 牧志駅 徒歩3分(220m)
ゆいレール / 安里駅 徒歩8分(570m)
ゆいレール / 美栄橋駅 徒歩10分(770m)            

                    ■バス停からのアクセス            
        琉球バス交通 名護西線 牧志 徒歩1分(75m)
東陽バス 泡瀬東線 美里高校経由 牧志駅前 徒歩3分(200m)
那覇バス 首里牧志線 三越前 徒歩3分(200m)            

          
店名
山羊料理さかえ やぎりょうりさかえ
予約・問い合わせ
098-866-6401
FacebookのURL
https://www.facebook.com/yagisakae?rf=148766098489122

席・設備

座席

6席

個室

4人用
6人用

カウンター

(7席)

特徴

利用シーン
  • おひとりさまOK
  • ご飯
  • 個室

更新情報

最初の口コミ
HrnHaruna
最新の口コミ
こうのともたか

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ PayPayを使いたいお店をリクエストをする際は こちら からお問い合わせください。

人気のまとめ

山羊料理さかえの近くのお店

国際通りの郷土料理でオススメのお店

沖縄の新着のお店

山羊料理さかえのキーワード

山羊料理さかえの近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

国際通り周辺のランドマーク

お店の掲載テーマ

098-866-6401

このお店の特集記事