鮨 やじま

すし やじま

予算
~15000円
~3000円
最寄駅
JR山手線 / 渋谷駅 徒歩10分(730m)
ジャンル
寿司
定休日
毎週月曜日
03-3499-6019

温かい人柄の大将と会話を楽しみながら食事ができる寿司屋

渋谷で名物大将がいる店「寿司 やじま」。温かい人柄の大将と会話を楽しみながらいただくお寿司はどれも絶品。特徴はなんといっても握りすぎない絶妙なシャリ。極限まで柔らかく握られたシャリは、口に入れた瞬間ホロホロととろけてしまう。夜は予約制。ランチは2000円から楽しむことができるが、予約優先となるので注意。

口コミ(63)

    衝撃のエンターテインメント寿司?大将の主張が強すぎるツッコミ所満載の人気店! やじまといえば、外国人のお客さんがいつもたくさんいたらしい、さすがにコロナで外国人のお客さんが来なくなってしまったらしい… ちなみに、嵐にしやがれ 2013/10/19「東京イイ店クドイ店 File.014 鮨やじま」で放映 櫻井翔さんと大野智さんが、コンシェルジュで食通、多目的トイレのアンジャッシュ 渡部建さんにクドイ店に連れて行かれてきています。 場所は並木橋交差点近くの地下。JRAの場外馬券場がすぐ近く。カウンターのみの小さい店内。ご夫婦で切り盛りしています。ランチとディナーでは大分価格が違うらしい。今回はランチ3850円也大将曰く「寿司なんて昼食うもんだよ!」と! ちなみに、事前に得ていたこのお店の情報は 1.大将はお店やお寿司の写真を撮るのに厳しいなので事前了承が必要 2.ランチは基本的に予約優先でカウンター席が空いていても大将から声掛るまでテーブル席で待機 3.大将の握りはとても優しく握るためすぐ食べないと舎利が崩れてしまう(写真を撮るならすぐ撮るべし) 4.お寿司は手で食べるべし シャリが柔らかくふわふわで今までに食べたことのない食感の握り! ランチタイムの滞在時間は食べログやRettyを見ても15分~20分。お寿司は元々ファストフードという事を彷彿とさせるほど仕事の早い握り。 次から次へと握られるので、早いペースで食べなければ追いつかず、早く食べないといない?これこそ本来の寿司を食べるスタイルなのだろうか。お寿司の椀子そば私は元々食べるのが早い方なので、『早く食べてね。』と急かされるような言葉や態度は一切なかった。女の人は大変かもね… またシャリはデカい。 最初の中とろのシャリが柔らかすぎてボロボロ粒が溢れるほどで驚きましたが、大将曰く「鮨は本来ギュッと握るものじゃない、ネタとシャリが溶け合うように作り上げるもの。柔らかいネタであればシャリも柔らかく、食感のあるネタならシャリもある程度固さを出す」だそう。確かに後半のいかや貝のシャリはしっかり握られてました。ちなみにシャリは温く酸味強めのタイプ。シャリの大きさは小さめ申告もOK。 20分で終わるようにしてる為か本当にわんこ蕎麦状態。 置かれたらすぐに食べろ!喋る前にすぐに食べろ!と言わんばかりの、次々に出てくるお鮨 まだ食べきれてなくても、どんどん作られてどんどん置かれていきます。笑 ちなみにネタの説明はないです。 ご馳走様でした。 あっという間の20分くらいだった気がします。「鮨は時間なんかかけず、昼飯でパパッと食べるもの。夜銀座で数万する鮨なんて食うもんじゃない!」とこれまた笑いながら仰ってました。確かに江戸前鮨とは本来、さっさと小腹を満たして出ていく"江戸っ子"の食事スタイルが粋とされていたもの。確かに現代の高級寿司店は、全てが洗練されている分"昔ながらの…"とはだいぶかけ離れた存在になっているんでしょうね。これまた貴重な体験をさせて頂きました。 満腹だし、満足感も高い。ネタはなかなか良質で、各ネタに仕掛けがあったりと面白い。これで3,000円代ならかなりお得だと思います。人によっては苦手意識が出るお店かとは思われます。再訪なしとなる人も多い気がする… 俺は、誰かとネタ的にならまた行ってもいいかな。癖になるマグロと大将!笑笑 長くなりましたが、お読み頂きありがとうございます。

    「すきやばし次郎」の系譜を整理していたら、教えていただいた店。こちらは直接は関係ないが系譜を作るとちょっと出てくる。ただ、握りが出てくる速度はいい勝負。こちらが早い。1貫目が出たときの写真タイムスタンプから最後のフルーツが出るまでに10分。入店から退店まで15分。 予約せずに行ったら「予約優先」という張り紙を見てその場から電話。最初、断られてしまうが粘って入れてもらった。席は10席あるが、どうやらランチタイムは15分に区切って3-4人しか入れないのではないか?店頭から電話して11時半で予約を取ったら「遅れたら次は13時半の回になりますから」と言われたのに、私の回も次の回も3人くらいだった。 15分で12貫と巻物3個とフルーツ。3650円。 安くておいしいのだが、値段を別にしても意外と食べられた。さすがにあのスピードで握っているので型崩れや酢飯の大きさのムラ、ツメのバラツキなどはあったがそんなことはどうでもよくなる雰囲気(笑)。 「夜はどうなるんですか?」と聞いたら「つまみも増えて2万円くらいになる」と言ってた・・・。 これなら兄がやってるという「中乃見家」(沼袋)にも行ってみたくなる。 (この「中乃見家」出身者が「与志乃」を作り、そこで「すきやばし次郎」の大将が修業して独立。)

    ランチに誘われて行ってきました。 場所は、渋谷の場外馬券のすぐ近くの地下。 この日のランチは、予約のみ。 変わった店っていうことで、グルメサイトで予習。 ●写真は一枚だけ ●寿司がどんどん出てきて、すぐ食べないと怒られる ●昼はアルコール飲めない などなど… 実際行ってみたら、 「お飲物は⁉️」と最初に聞かれ、ビールの注文できたし、 「写真撮るなら撮ってね〜」って、大将から言ってくれたり、ペースが早いけど、普通のお寿司屋さんでした。 ヘタな熟成寿司をダラダラ出されるより、こっちの方が好き。 #渋谷の寿司屋さん

    渋谷新南口から徒歩数分。ビルの地下にある寿司屋。 カウンター席で、大将の寿司さばきを見ながらいただける。 ランチは2種類。2100円と3650円。当然、2100円をチョイス。 赤身数種、白身、ひかりもの、甘エビの味噌のせ、穴子、玉子焼き、巻物などなど。 テンポよく握ってくれるお寿司を、テンポよく食べる。終始無言。ただ味わいたい…。この内容でこの値段はすごい。大満足。 写真は1枚限りということで「穴子」。ふわふわ食感が口のなかでとろけていく。至福。 #穴子

    渋谷のすごい寿司屋でパワーランチ(^◇^)!! 個性的な寿司とオヤジさんの組合せに熱烈ファンが多数。「寿司はファストフードだ」というオヤジさんが高速で繰り出す寿司は、新鮮なネタと酸味の効いたシャリ、および各仕事(ex.マグロの場合、シャリにすき身がまぶしてある)で超絶個性。 大量の煮切りで崩れる飯粒、不規則な形で自立できない穴子、海苔が口を閉じておらず断面が無茶苦茶な巻物、山葵やシャリを投げ捨てる雑なアクションなど、突っ込みどころは満載なのだが、このオヤジさんには最終的に「個性」に帰結させるパワーがある(つうか、ワザとやってんのかなー)。 超絶丁寧な人形町都寿司と対局に位置するこの店だが、既に「もう一回見たいw」と思ってる自分が居たりする。 いや参った。ごちそうさんでした( ̄Д ̄)ノ!!

鮨 やじまの店舗情報

店舗基本情報 修正依頼

予約・問い合わせ 03-3499-6019
ジャンル
  • 寿司
営業時間
定休日
予算
ランチ
~3000円
ディナー
~15000円
クレジットカード
  • Amex

住所 修正依頼

住所
アクセス
                                        ■駅からのアクセス                        
                JR山手線 / 渋谷駅 徒歩10分(730m)
東急東横線 / 代官山駅 徒歩12分(920m)
JR山手線 / 恵比寿駅 徒歩14分(1.0km)                        

                        

座席 修正依頼

席数

10席

カウンター
喫煙 不可

(入り口に灰皿あり)

※健康増進法改正に伴い、喫煙情報が未更新の場合がございます。正しい情報はお店へご確認ください。
[?] 喫煙・禁煙情報について
個室

サービス・設備などの情報 修正依頼

利用シーン ランチ、日本酒が飲める、ディナー、おひとりさまOK、禁煙、接待、クリスマスディナー、おしゃれな、ご飯
お子様連れ入店 不可

更新情報

最初の口コミ
Ryosuke Suto
最新の口コミ
山本 真也
最終更新

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 移転・休業・閉店・重複・リニューアルのご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ PayPayを使いたいお店をリクエストをする際は こちら からお問い合わせください。

鮨 やじまの近くのお店

渋谷東口・宮益坂のすし・魚料理でオススメのお店

渋谷の新着のお店

鮨 やじまのキーワード

鮨 やじまの近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

お店の掲載テーマ

03-3499-6019