あじさい 紅店

あじさいくれないてん

予算
~1000円
~1000円
最寄駅
函館市電2系統 / 魚市場通駅 徒歩4分(260m)
ジャンル
ラーメン 餃子 カレー 丼もの 塩ラーメン
定休日
毎月第3木曜日
0138-26-1122

味わい深い透きとおるスープ!函館塩ラーメンの人気店

函館ベイ美食倶楽部にある餃子とラーメンの美味しいお店。伝統の味を守りながら進化し続ける老舗の塩ラーメンは絶品です。看板メニューの「あじさい塩らーめん」は、あっさりとしながらもコクのある味わい。創業時より受け継がれた透明なスープと、特注ストレート麺の相性も抜群です。

口コミ(65)

    ★夏旅の思い出投稿…第24弾★ この日の呑み〆は此方のお店へ伺って来ました…f(^_^; 苦手な券売機メニューから少々迷いましたが食指の動いた『味彩塩拉麺』をチョイスして暫しで着丼…(^_^)v ビジュアルは透き通った綺麗なスープが印象的でそこに具材のチャーシューにメンマにナルトにお麩に味玉半玉に刻みネギに貝割れ菜が入り何時もの様に早速スープから頂きましたがこれがあっさりながらほんのりと優しい塩味でめちゃ⤴️⤴️めちゃ⤴️⤴️美味く麺は若干のウェーブのかかった細麺でツルツルとのど越し良くチャーシューは柔らかくメンマもコリコリと食感良くお麩に味玉にナルトも個々にとっても美味くてこの日も何時も通り大満足な呑み〆なりましたヾ(´∀`ヾ)✨

    麺活③③⑤店舗目 ☀️お盆旅①②件目☀️ 日本一美味い朝食を出すホテルの麓にある飲食店街にある あじさいさんに攻めたった☺️ 駐車場もたくさんある良い場所⭕️ 美味い塩ラーメンに出会いました 澄んだスープの中に海の味 しょっぱいって言う人もいれば、あっさりと言う人もいる 舌なんて人の記憶並みに個人個人で違う曖昧な部分かと思いますし、自分で確かめることですね 北海道の製麺はとにかく塩や味噌と合うように工夫されてますよね 自分は普通に美味しいと思います 飲んだ後とかにめちゃくちゃ良いラーメンです #塩のさっぱりとしたスープ #ラーメン #函館

    【2023年、賑わう夏の北海道編⑰】 ご存知『函館塩ラーメン』の有名店です❗️ 『函館』と言えば、『塩ラーメン』… 『塩ラーメン』で、全国に知られるのが、 『あじさい』さん‼️ “本店”は『函館市』の”北側“の観光史跡『五稜郭』の側に在りますが…( ◠‿◠ ) 快晴の”午後“から”夜“に掛けて、 『函館』観光でしたら… 脚は”逆方向“の”南側“『函館山』に向きます… 何故かと言いますと、 『函館山』には『函館夜景』が観れる魅力が在りますし、 『函館山』は、“陸繋島”の地形なので、『海』が良く見える❗️ なので、『函館山』の麓辺りには『海辺カフェ』が多く在ります、 から、”夕方“から“夜景”迄、 『函館』に観光に来る人は、此のエリアを目指します‼️ 『函館駅』から『函館山』には、 ”ノスタルジック“な『市電』で向かう事も出来ますが… ”歩いて“(『開港通り』を使って)向かうのも、面白いです❗️ 『函館駅』の隣、『函館朝市』〜『ベイ・エリア』に続く道は… 2016年に、『北海道新幹線』が『新函館北斗駅』が開通からアクセス列車に乗って『函館駅』 に来る事を考えて、 平成26年4月に、『開港通り』の名前が、”公募“で決まり、7月1日の『開港記念日』に”命名“された… 『函館の第一印象を決める道』です٩( ᐛ )و ”第一印象“を決める道ですから… 『通り』の側には、”グルメなお店“もあちこちで見かけます❗️ 歩いてると、気に為る、グルメ密集地域が… 『函館ベイ・美食倶楽部』❗️ 其処に、『あじさい』さんが入ってます、 『あじさい・紅店』は、日本の昔から在る『蔵』の様な外観❗️ 『ベイ・エリア』と言うと『金森倉庫』や“赤煉瓦”での”ビア・バー“などの”洋風”をイメージする中で、 “入り易い”雰囲気で、 “厨房”で作る作業が観れるのも魅力です… 『函館ラーメン』の歴史を紐解くと… 『函館・開港』が、大きな役割を果たしてます❗️ 『開港』によって、諸外国と貿易の重要拠点の一つになりました… 当時は、『中国』との交易が盛んで… 『中国』に、ルーツを持ちますが、移った土地の“国籍”を取得しない“華僑”の人達の食文化が、 『函館』では…『広東料理』にルーツを持つ 『清湯』(鶏をベースの“透明”に透けるスープ) と、『塩味』をベースにした“汁に入れる麺”が、 流行して、『函館』の“華僑”の間からスタート❗️ やがて、『函館』で取れる“地の物”を加えて来ますが… 昔も現在も変わらないのが… 丼の底が見える感じで、蓮華で掬うと尚更に感じる “透明”さと、“具材”の旨味が滲み出て、アッサリの“塩味”の『スープ』 そして、その『スープ』を”吸って“特徴の味わいをリアルに魅せる『麩』が『具材』の一つに在るのも”特徴“です‼️ 『あじさい』さんも、“踏襲”してます❗️ 此れに遭わせる“麺”は、 『細麺・ストレート』 『スープ』と“良く絡むタイプ”ですから… 他の“調味料の旨味”に頼らない『塩味』 じっくり煮出した『素材・エキス』が”キモ“ 『塩ラーメン』の”スープ“を少しでも”拾い上げ“易いのは、嬉しいコンビネーション❗️ 『函館塩ラーメン』を全国に知らしめる、お店としては入り易いです‼️ #函館塩ラーメンで”全国に知られる“店 #ご当地グルメ『函館塩ラーメン』 #華僑の方が始めた”ご当地”『中華風麺』 諸々の事、 大昔の『テレビ』で、”ルーツを探す旅“で、 『ラーメン』を取り上げてましたが、 結論から言うと、『ラーメン』と言うモノは、『中国』に存在しなかった… ”近い“『湯麺』の様なモノは有った❗️ そう言う意味では、19世紀から『函館』市民に愛されてた、”日本で産まれ”た“中華風麺料理” ご当地名物として『ラーメン』として、古い歴史を誇ります( ◠‿◠ ) 『函館』には、『函館ラーメン』店は、数多く在りますが、”多く“が『個人店』ですので… “現地”に行かないと食べれ無いʅ(◞‿◟)ʃ そう言う意味で、『函館塩ラーメン』の “スタンダード”(標準)を全国に知らしめる 『あじさい』さんの存在って”大きい“です… 『あじさい』さん、が、どの様にラーメンを売り出しても、”とやかく“言う権利が無い外野の人間ですが… 他の味付け(味噌・醤油・カレー)も売り出してる 『新千歳空港』の『北海道ラーメン道場』で 『函館塩ラーメン』を、始めて食べる人も居る… 其処で“美味しい”と思われたなら、 次回は、『函館』に足を運んで貰える確率が上がるんですから… もう少し、『函館塩ラーメン』を深掘りして欲しいですし… 『函館塩ラーメン』の”第一印象“なので 他の味付けのラーメンとは”区別化“を図って もう少し向き合って貰いたい❗

    人気の函館ラーメンを食す@函館マリーナ。 今回の函館出張の晩御飯でいただきました。 函館といえば塩ラメーンということでいただきました。 店内見渡すとほとんど外国の方。 美味しくいただきました。 胡椒が美味しくてたくさん入れちゃいました。 まぁ普通でした。 ごちそうさまでした。 #retty人気店 #ご当地グルメ #函館塩ラーメン

あじさい 紅店の店舗情報

店舗基本情報 修正依頼

予約・問い合わせ 0138-26-1122
ジャンル
  • ラーメン
  • 餃子
  • カレー
  • 丼もの
  • 塩ラーメン
営業時間
定休日
予算
ランチ
~1000円
ディナー
~1000円
クレジットカード
  • Amex
QRコード決済
  • PayPay

住所 修正依頼

住所
アクセス
                                        ■駅からのアクセス                        
                函館市電2系統 / 魚市場通駅 徒歩4分(260m)
函館市電2系統 / 十字街駅 徒歩5分(360m)
函館市電2系統 / 市役所前駅 徒歩8分(620m)                        

                        

座席 修正依頼

席数

42席

カウンター
喫煙 不可
※健康増進法改正に伴い、喫煙情報が未更新の場合がございます。正しい情報はお店へご確認ください。
[?] 喫煙・禁煙情報について
個室

サービス・設備などの情報 修正依頼

お店のホームページ https://www.ajisai.tv/info/
利用シーン ランチ、おひとりさまOK、おしゃれな、禁煙、ディナー、PayPay決済可、ご飯、昼飲み、二次会

更新情報

最初の口コミ
Ryu Yamamoto
最新の口コミ
Masanobu Takio
最終更新

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 移転・休業・閉店・重複・リニューアルのご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ 「PayPayが使える」と記載があるがご利用いただけなかった場合は こちら からお問い合わせください。

あじさい 紅店の近くのお店

函館のラーメン・麺類でオススメのお店

北海道の新着のお店

あじさい 紅店のキーワード

あじさい 紅店の近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

お店の掲載テーマ

0138-26-1122