休耕庵 竹の庭の茶席 きゅうこうあん たけのにわのちゃせき


予算
~1000円
~2000円
最寄駅
JR横須賀線 / 鎌倉駅(東口) 徒歩26分(2.0km)
ジャンル
カフェ 甘味処 和菓子
もっとみる
0467-22-0762

寺の中の茶屋。現実離れした幻想的な空間で頂くお抹茶はとても贅沢な一時

鎌倉・報国寺は竹寺とも呼ばれています。竹林の奥にある「休耕庵 竹の庭の茶席」は竹林と枯山水の庭が有名です。竹林、滝の水が岩を打つ音を聞きながら、いただく抹茶は人の心を和みさせます。贅沢で美味しい味わい、これぞ日本の美そして日本の味です。

口コミ(132)

    ※未投稿が続きます 訪れたのは昨年の夏 ミシュランガイドにも掲載された報国寺さん 朝9時前に鎌倉駅からバスで向かいましたが、朝から大盛況でした。 竹の庭とお茶のセットで700円 竹庭の素晴らしい景色を見ながらいただくお抹茶は絶品です ぜひ鎌倉に行く場合はおすすめの場所です

    2019.05.15訪問 久し振りの休暇で日本に一時帰国。実家の鎌倉で父の納骨手続きの書類を入手するために鎌倉霊園を訪問。その帰りにちょっと休憩して行こうという話になって報国禅寺まで。この季節は竹林の緑が綺麗で清々しい。以前から一度は連れて行ってあげるよと妻には伝えていたので、ようやく実現できて良かった。 子供の頃はコンビニの数よりも神社仏閣が多いことを恨み、アメリカから帰国して間もなくこの地を離れたが、実家はずっとここにあって父もこの街にある霊園で祖父母と共に眠ることになった。そして亡き父の願いで自分がそのお墓を継承することに。何だか不思議だなぁ、なんて話をしながら夫婦でお抹茶を頂くのでした。

    美しき竹林の庭を味わう。 観光地を格付けするミシュラン・グリーンガイドにおいて、三つ星(わざわざ訪れる価値がある)を獲得している鎌倉、報国寺。報国寺は、1334年に開山された臨済宗建長寺派の寺院であり、本堂裏に広がる数千本の美しい竹林でその名が知られている。寺院内に設けられた散策路から望む景色は、思わず上を見上げてしまうほど美しい。竹の庭には「休耕庵」という茶席があり、抹茶を頂きながら眼前に広がる美しい竹林を眺めることができる。 拝観料@700円(竹の庭と入場料込み)。 休耕庵のメニューは抹茶のみだが、干菓子がついてくる。日常を忘れ、頭の中を空っぽにしたまま、この空間に身を任せるのが最高の贅沢である。春や秋など過ごしやすい時期に訪れるのも良いが、冬の凛と張り詰めた空気感とともにこの絶景を味わいたい。 #抹茶

休耕庵 竹の庭の茶席の店舗情報

修正依頼

店舗基本情報

ジャンル
  • カフェ
  • 甘味処
  • 和菓子
営業時間
定休日
カード
不可
予算
ランチ
~1000円
ディナー
~2000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス            
        JR横須賀線 / 鎌倉駅(東口) 徒歩26分(2.0km)
JR横須賀線 / 逗子駅(西口)(2.7km)
江ノ島電鉄線 / 和田塚駅(2.7km)            

                    ■バス停からのアクセス            
        湘南京急バス 鎌23 杉本観音 徒歩5分(350m)            

          
店名
休耕庵 竹の庭の茶席 きゅうこうあん たけのにわのちゃせき
予約・問い合わせ
0467-22-0762

席・設備

個室
カウンター
喫煙
不可
※健康増進法改正に伴い、喫煙情報が未更新の場合がございます。正しい情報はお店へご確認ください。 [?] 喫煙・禁煙情報について

特徴

利用シーン
  • おひとりさまOK
  • デート
  • 朝食が食べられる
  • 禁煙
  • ランチ
  • 昼ごはん

更新情報

最初の口コミ
安永勇生
最新の口コミ
Masami Ishiyama

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ PayPayを使いたいお店をリクエストをする際は こちら からお問い合わせください。

人気のまとめ

休耕庵 竹の庭の茶席の近くのお店

鎌倉のカフェ・スイーツでオススメのお店

神奈川の新着のお店

休耕庵 竹の庭の茶席のキーワード

休耕庵 竹の庭の茶席の近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

鎌倉周辺のランドマーク

お店の掲載テーマ

0467-22-0762

このお店の特集記事