東瀛 とうえい

年間500軒!酒場を放浪するせんべろキング をはじめ 62人がオススメしています 口コミをみる

予算
~2000円
~2000円
最寄駅
JR山手線 / 鶯谷駅(北口) 徒歩2分(140m)
ジャンル
居酒屋 中華料理 刺身 丼もの
定休日
無休
もっとみる
03-5603-0377

鶯谷の裏路地にある、知る人ぞ知る中華料理の居酒屋

鶯谷のホテル街の中にある中華屋、「東瀛(とうえい)」。1品250~500円と良心価格で常連客も多い。点心に焼き餃子、シュウマイに春巻、定番料理は間違いのない美味しさ。小上がりが掘りごたつになっていて、くつろげる。

口コミ(43)

    我らがRettyトップユーザー、ひろえちゃんのバースデー会の二次会で訪問☆ 日曜日の午後に、こうやって突然大勢で行っても、スグに入れるのはありがたい(総勢13名)。 メニューが豊富! 座敷に並んで座り、ワイワイガヤガヤとあれこれ注文。 一軒目はこの近くの例のあの店で、 しこたまお肉と日本酒を堪能してきたので、 もうこの時点で何を食べたのかほとんど記憶がありません(^^;; キクラゲの炒め物とギョーザが美味しかったのは覚えてる! #中華屋さん #メニューが豊富 #餃子 #座敷あり #庶民の味方 #リーズナブルな価格設定 #昼から飲める #気楽に飲める #ゼロもOK #お店の名前が読めない #鶯谷 #ひろえちゃんおめでとう #シルバーウィークキャンペーン

    2文字目、こんな字あったの?ってくらい難しくて読めない書けない東瀛(とうえい)。 東瀛ってWiki調べたら「日本」を意味するらしい。ま、鶯谷の格安中華居酒屋ですが… ジョージさん、とんとんさんとの3軒目。〆ラーって話になって、もうぶっちゃけ何食べようが許されそうな雰囲気だったので、ウケ狙いでこちらにお連れしました(笑)。 今回は言問通り側の表口から入ったけど、裏口はラブホ街直結ですからね。朝7時から深夜0時まで営業。客層もなんか訳ありな感じの人ばかりで、この妙な雰囲気が秘密めいてて楽しい。 とにかくメニューの多さと安さには脱帽。鶯谷駅前の信濃路って24時間やってる有名な食堂兼居酒屋があるんだけど、そこ出身の方が店主っつーことでナットク! この日は、あんだけ呑んで喰ってきたのに(ジョージさんなんて7軒目ですよ!)、瓶ビール(500円)からのレモンサワー(370円)、お通しのサッポロポテト(!)、ポテサラ(250円)、キクラゲ玉子炒め(400円)、餃子(300円)、ネギ牛もつ合え物(300円)、そして各自〆に坦々面←メニュー表記ママ(500円)、親子丼(500円)、カレーライス(350円)… もう満腹中枢ぶっ壊れてます。最後にサービスでスイカまで登場! もぉ、なんも入らなねぇ〜‼︎ この、何頼もうか迷っちゃう感じ、何頼んでもそこそこナットクしちゃう感じは、まさに信濃路譲りですな。 こんだけ食べて飲んで3人で4300円。驚異的なコスパです! いやぁ、ジョージさん、とんとんさん、お付き合いいただき、ありがとうございました!

    東瀛(とうえい)@鶯谷! 鶯谷駅北口のラブホテル街の真ん中にある怪しい中華風居酒屋。 同じく北口の24時間営業の大衆食堂兼大衆酒場である「信濃路」からの独立店と聞いて納得の品揃えだ。 完全にブラが透けている女装したオッサンの隣に座って、300円のとんかつでホッピーをあおる。 「東瀛」 難しい漢字であるが、見覚えがある。 貴女は「徐福伝説」をご存じだろうか? 司馬遷の「史記」によると、秦の始皇帝に「東方の三神山に長生不老(不老不死)の霊薬がある」と具申し、始皇帝の命を受けた徐福が、3,000人の童男童女(若い男女)と百工(多くの技術者)を従え、五穀の種を持って東方に船出し、「平原広沢(広い平野と湿地)」を得て、王となり戻らなかったという記述がある。 「東方の三神山」とは、蓬莱・方丈・瀛州(えいしゅう)のことだ。 中国大陸から見て東に仙人が住むとされる魅惑的な島(国)があったとされた。 瀛州(えいしゅう)は、東瀛(とうえい)の別称であり、「東の海」の意味があり、転じて「日本」を意味する。 つまり、不老不死の薬を求めて旅に出た徐福が、日本に渡り、王になったという記述が司馬遷の「史記」にあるのだ!! 司馬遷の「史記」は、世界的に見ても最も古い歴史書ではあるが、西安の兵馬俑の発見により、その信憑性は非常に高まったとされる。 このことは、「日本人は純粋な単一民族」とみなす極右翼からすると都合の悪い伝説のため、末梢したいとする動きもあるほどだ。 また、徐福が「イスラエルの失われた10支族」の一つであるヨセフ(ジョセフ)ではないかという奇説すらも存在する。 当の日本においては、青森県から鹿児島県に至るまで、各地に徐福に関する伝承が残されている。 ボクは20年ほど前に、あるきっかけから「徐福伝説」を知って調べるようになったのだが、あまり詳しく書かれた研究書も多くはない。 非常に雑だが、惹きつける何かを持つ伝説なのだが、 どこかこの店の魅力と似ているのが面白い!

東瀛の店舗情報 修正依頼

ジャンル
  • 居酒屋
  • 中華料理
  • 刺身
  • 丼もの
営業時間
定休日
予算
ランチ
~2000円
ディナー
~2000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス            
        JR山手線 / 鶯谷駅(北口) 徒歩2分(140m)
東京メトロ日比谷線 / 入谷駅(出入口2) 徒歩9分(650m)
JR山手線 / 上野駅(入谷口) 徒歩12分(930m)            

                    ■バス停からのアクセス            
        都営バス 草41 鶯谷駅 徒歩1分(45m)
台東区 北めぐりん 鶯谷駅北 徒歩1分(45m)
都営バス 草41 上根岸 徒歩3分(170m)            

          
店名
東瀛 とうえい
予約・問い合わせ
03-5603-0377

席・設備

座席

40席

個室
カウンター
喫煙席

(全面喫煙可)

特徴

利用シーン
  • 宴会・飲み会
  • ランチ
  • 朝食が食べられる
  • 忘年会
  • おひとりさまOK
  • 喫煙可
  • 昼飲み
  • 昼ごはん

更新情報

最初の口コミ
Chan_Tarai
最新の口コミ
S.Tokunaga

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。

この店舗の運営者様・オーナー様へ

Rettyお店会員にお申し込みいただくと、お店のページをPRしたり、店舗情報の編集をすることができます。

人気のまとめ

東瀛の近くのお店

日暮里の居酒屋・バーでオススメのお店

上野・浅草・日暮里の新着のお店

東瀛のキーワード

東瀛の近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

日暮里周辺のランドマーク

03-5603-0377