かき小屋 飛梅 神田西口店

とびうめ

予算
~5000円
~1000円
最寄駅
JR山手線 / 神田駅 徒歩2分(110m)
ジャンル
炉端焼き
定休日
毎週日曜日
03-3527-1663

神田駅近くにある、三陸直送の牡蠣が気軽に楽しめるお店

仙台で人気のかき小屋が神田駅から徒歩2分のところで楽しめる。三陸復興を支援し、応援しているお店。「生かき」に「焼きかき」、「コマイ(北海道名物のお魚)」に「お刺身の盛り合わせ」、「ほや」など美味しいメニューが目白押し。ランチで人気の「かき飯DXセット(950円)」は、かき飯に生かき1個、かきフライ2個がついていてお得!生かきは大きくて食べごたえ十分。「かき牡蛎セット(牡蛎飯+カキフライor生牡蠣のセット)」も見逃せないセットで、牡蛎飯には牡蛎がゴロゴロ入っており、牡蛎汁の風味も濃厚で美味しい。何より750円とリーズナブルな価格設定が嬉しい!

口コミ(47)

    神田駅側から入ると、店舗への入口は怪しげ。 この手前には地下のピンサロだったかの看板があったりと、ちょっと入り難い雰囲気があるんです。 だから一見さんの多いランチは空いているんだろうと思いますけど、夜は空席がなくなるほどの人気店。 今日も空いてはいたものの、後から後からお客さんが入ってくるのでちょっと以前とは印象が違うなと。 海鮮丼が定着してきているのかな。 今日はどうするか、よし、左上隅の「塩竈丼」にしておこう。 「お味噌汁はどうされます?別料金ですけど。」 思わず、「はい、お願いします」と。 5分ほどで運ばれてきた塩竈丼&お味噌汁は880円&50円で930円。 マグロたっぷり、温玉のせというのはいい組み合わせじゃないですか。 よし、それでは早速頂きます。 ところで、味噌汁って何が入っているんだろう。 一口啜って、あぁなるほど、アラ汁か。 魚の出汁がよく出ていて、これが50円はなかなかお得。 緻密な味ではなく、魚の骨周りや食べ難い部位が入っているだけですけど、それでも美味しいのはさすが東北の魚の素材の良さでしょう。 さて、本命のマグロはどうかな。 一番手前のは普通の刺身、これはメバチだろうか、いやキハダかな。 ごくごく普通に美味しいマグロですけど、身が裂けやすいのでそんなに高級な品種ではないなと。 まぁこの値段なので、品質に期待し過ぎてはいけないですね。 ネギトロは、スーパーのよりは明らかに美味。 奥のマグロは漬けのはずなんですけど、細かい身をかき集めた感じかな。 前回、イマイチだったご飯はというと、ん? 色がついているということは混ぜご飯? いや、酸味があるのでこれは赤酢か。 塊が多いのは混ぜ方の問題、味は全体に染み渡ってはいるんですけどね。 ようし、こうなったらと。 温玉とネギトロ、そして細切れのマグロをご飯にグリングリンと混ぜ込んでと。 味のバランスをとったところ、これはこれでかなり美味いものに仕上がりました。 素材は決して悪くないんだけど、味にもう一工夫があれば更に美味しいかなと思いながら、ご馳走さまでした。

    このお店は牡蠣たっぷりの定食があるので、時々食べたくなるんですよね。 まさか潰れていないよな… あ、暖簾も下がっているし大丈夫だ。 「メニューは大幅変更で、海鮮丼系を充実させたんです。」 だったら海鮮丼食べてみるかな… 種類が多くて迷うなぁ。 よし、ウニとアワビ入りで880円とお得な「南三陸丼」にしてみるかな。 5分ほどで運ばれてきた南三陸丼、ウニ・アワビ以外は、タコに鯵にイワシ、どれも好物なんですよね。 それでは頂きます。 まずはイワシ、うん、脂がのっていて美味いな。 鯵も定番の美味しさ、青魚はなかなかのものです。 ご飯を食べると… あれれ、かなり固いぞ。 たまたまなのか、ここの海鮮丼はそうなのか、今回だけではわからずでしたけど、ちょっとこれはイケてない。 タコは柔らかくて新鮮、よし、ウニはどうだろう。 … 独特の臭みがあるけど、決して不味い訳ではないんですよね。 でも美味しいと感じないのはなぜか。 そうか! 最近は地元の市場飯でウニを食べる機会が増えたので、味にうるさくなってしまったんでしょう。 美味しいものを食べ慣れてしまう贅沢、いかんなぁ。 アワビはというと、味は極めていいんですけど、ご覧の通りペラペラ。 880円のランチで豪快に盛られる訳ではないとわかっていても、これも市場飯のせいかちょっと物足りないなと。 イワシや鯵のレベルは高いので、次はもっと安い海鮮丼にしてみようと思いつつ完食。 ご馳走さまでした。

    今が旬の牡蠣を食べたくなり、神田のかき小屋へ! こちらは、仙台に本店があり、三陸の生産者を応援しているお店。支店は、ここ神田のみのようです。 大漁旗のような旗が飾られている脇を通り、店内へ。神田西口商店街側にも入口があります。 店内は、港にある食堂チックな造りで、本場のかき小屋のよう。最近増えている「〇〇水産」的な感じでもありますが。 壁には一面に三陸漁業関連のポスターが並んでいます。 ランチメニューには、かき飯の定食、カキフライ定食、その合わせ技のセットや丼などもありますが、欲張りな食いしん坊なので、かき飯DXセット(950円)をオーダー。 これは、かき飯、かき汁、カキフライ、生牡蠣、それに小鉢が付いた、牡蠣尽くしのセットです。 思ったより時間がかかり、15分ほど待ったところで着膳。 では、いただきま~す! まず、かき飯。 上に乗った牡蠣は、ちょっと小さめなのが5粒。 ご飯にいいダシが染み込んでいますが、ご飯がちょっと水分不足なのかゴワっとしていたのが残念。 続いて、かき汁。 お澄まし的な、やや白濁した汁は、気持ちしょっぱめ。中には牡蠣が1粒と、海藻が。 続いて、カキフライ。 ほどよい大きさのが、2粒。外は揚げたてサクサク、中はとってもミルキーで美味。 ちゃんとタルタルも付いていて、タルタラーも安心です♪ 小鉢は、キンピラのような、海藻のような佃煮みたいなやつ。これだけで酒が飲めそうw 最後にとっておいた生牡蠣は、大ぶりなのが1粒。 ジューシーで、ミルキーで、たまらん♪ ここの牡蠣は、石巻から毎日直送されてくるんだそうです。 そういえば、卓上に「よっちゃんなんばん」というのが置いてあったので、ドレッシングかと思ってキャベツの千切りにかけてみたら、醤油に唐辛子と米麹を混ぜて作った宮城の自然発酵調味料なんだそうです。豆腐とかにちょい乗せしたりすると良いとか。ドロっと濃くて、ドレッシングではありませんでした…(^^;; ここでは、焼き牡蠣食べ放題60分2480円というのも行っているそうです。 生牡蠣の方がいいけど、これも試してみたいなぁ~(^^) #牡蠣  #魚介

かき小屋 飛梅 神田西口店の店舗情報

店舗基本情報 修正依頼

予約・問い合わせ 03-3527-1663
ジャンル
  • 炉端焼き
営業時間
定休日
予算
ランチ
~1000円
ディナー
~5000円
クレジットカード

住所 修正依頼

住所
アクセス
                                        ■駅からのアクセス                        
                JR山手線 / 神田駅 徒歩2分(110m)
JR総武本線 / 新日本橋駅 徒歩6分(460m)
東京メトロ丸ノ内線 / 淡路町駅 徒歩7分(560m)                        

                        
駐車場 なし

座席 修正依頼

席数

100席

カウンター
喫煙 分煙
※健康増進法改正に伴い、喫煙情報が未更新の場合がございます。正しい情報はお店へご確認ください。
[?] 喫煙・禁煙情報について
個室

サービス・設備などの情報 修正依頼

お店のホームページ http://tobiume.co.jp/
利用シーン 宴会・飲み会、忘年会、新年会、ご飯、ランチ、クーポンあり

更新情報

最初の口コミ
田村修
最新の口コミ
Hajime Nagatsuji

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ PayPayを使いたいお店をリクエストをする際は こちら からお問い合わせください。

かき小屋 飛梅 神田西口店の近くのお店

神田の焼鳥・串料理でオススメのお店

神田の新着のお店

かき小屋 飛梅 神田西口店のキーワード

かき小屋 飛梅 神田西口店の近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

目的・シーンを再検索

神田周辺のランドマーク

03-3527-1663