カフェーパウリスタ・銀座店 公式情報 かふぇーぱうりすた ぎんざてん

168人がオススメしています 口コミをみる

予算
~1000円
~1000円
最寄駅
JR山手線 / 新橋駅(出入口1) 徒歩4分(290m)
ジャンル
コーヒー専門店 カフェ ケーキ屋 ベーグル ゼリー 喫茶店 お土産
定休日
無休
もっとみる
03-3572-6160

歴史と共に、おいしいコーヒーが飲める「カフェーパウリスタ・銀座本店」。文豪やジョン・レノン夫婦も通ったという喫茶店のルーツに欠かせない有名店。レトロな雰囲気で味わうコーヒーは、最近のカフェとは違った深みを楽しめる。無農薬の「森のコーヒー」やコーヒーゼリーなどのスイーツも人気。

口コミ(102)

    訪問日時:平成29年7月26日12:00 最寄り駅:新橋駅もしくは銀座駅 朝から雨が降り続く中、292種類目のモンブランを求めてお邪魔しました。 変わった形のモンブランを提供されていることしか予備知識がなかったのですが、創業106年のカフェ発祥のお店と知ってびっくりです。 歴史ある落ち着いた雰囲気にも関わらず、初めてでも入りやすく、店員さんの接客がきちんとしたとても好感の持てるお店でした。 パウリスタさんの伝統のモンブランは、フワフワのスポンジ生地に生クリームをサンドした上にフランス産のマロンクリームを絞って仕上げられています。 マロンクリームは上品な甘さで、スポンジケーキと生クリームとのバランスもばつちり! 素朴な味わいと食感の絶品のモンブランでした(≧∇≦) #歴史のある老舗カフェ

    タルトタタンが食べたくて仕事帰りに 速攻しました。 コーヒーを目をつむって飲むと鼻腔から芳醇な香りが広がりなんてふくよか余韻が続くのでしょう。 肝心なタルトタタンは可もなく不可も ない普通の味でした。 #コーヒーのふくよかな香り

    [日本の喫茶店を古い順に巡る旅in東京vol.1] カフェパウリスタ創業1911(明治44)年 どこまで続くか怪しいところですが、いろいろ発見したいことがあるので日本のカフェーを歴史の古い順に再訪も含め、訪れてみようと思います。たまに順番間違うかもしれませんが、もっと古いところがあったら教えてくださいませ。 ということで1軒目は銀座駅から徒歩6分。銀座8丁目にある『カフェパウリスタ』です。 1911年12月12日に開業したカフェパウリスタが今、東京で現存する最も古い喫茶店。現存しないのも入れると、一番最初に日本にカフェができたのは1888(明治21)年4月13日で上野の「可否茶館」なのですが、ここは5年で閉店してしまいました。「可否茶館」跡地は今はローソンになってる(笑)ので、カフェ好きと言えどもあまりノスタルジックな気持ちにはなれませんが、御徒町駅近くに跡地の碑が立ってます。まずは「可否茶館」跡地を拝んでから、巡る旅スタートしました。 ーカフェパウリスタメモー ♡カフェパウリスタのキーワードは「ブラジル」。「銀ブラ」(銀座でブラジルコーヒーを飲む)という言葉は、このお店でブラジルコーヒーを飲むことでした。 ♡重要人物の名前は水野龍(初代社長)。ブラジルの移民計画でサンパウロ州政府からコーヒー豆の普及を任された人です。 ♡もともとの建物は白い二階建ての洋館で、それはパリのカフェー・プロコプをまねしたもの。コーヒーをどうやって飲むのか知らなかった日本人にカフェーを作らなくちゃと水野さんが視察に行ったお店です。(今の銀座店は、1970(昭和45)年に再開されたもの) ♡カフェパウリスタの常連客は、芥川龍之介、森茉莉、井上ひさし、久保田万太郎、菊池寛、谷崎潤一郎、与謝野晶子、高村光太郎、森鴎外、アインシュタイン、そして、ジョン・レノン、オノ・ヨーコ夫妻などなど。 ♡創業当時のメニューは、コーヒー5銭、ドウナッツ5銭、レモンパイ10銭、ハムサンド15銭、カレーライス15銭、ビフテキ20銭 ♡パウリスタのコーヒーの値段の移り変わりは、大正2~7年は5銭、大正10~12年ごろは10銭。昭和20年になると5円まで上がり、昭和25年→30円、昭和30年→50円、昭和40年→80円、昭和44年→ 100円、昭和49年→200円、昭和55年→300円。今は510円から780円くらいです。 ♡昔から愛されている、お店の一番人気のコーヒーは「森のコーヒー」510円。ブラジルの4人の生産者の育てた豆を使ったブレンド。農薬・化学肥料不使用。ハンドドリップで淹れてくださいます。 ♡宮本研の戯曲「美しきものの伝説」に登場するあのカフェはここパウリスタです。大好きな戯曲なのに知らなかったです。 ♡現在は1階が喫煙席、2階が禁煙席。 ★オーダーしたのは、 コスタリカのサンタローサ。 標高1900mのところで育った希少豆。桃やマンゴーのフルーツ感。甘みがあってまろやか。 ★アプリコットピスターシュ 上はアプリコット、下はピスターシュのムースになっている爽やかな季節限定ケーキ。上に載ったホワイトチョコが一番甘いです。真ん中にアプリコットペーストの濃厚のレイヤーが入っているのが酸味のアクセントになっていて良いです。 6月のスペシャルティコーヒーは、ブラジルとコスタリカでした。 ブラジルはカリスマ生産者パウリーニョ氏が作る化学肥料農薬不使用のコーヒーサンタテレージャ。 コスタリカを飲んでおきながら説得力ないですが、とにかくここはブラジルコーヒー。 コーヒーを通して日本とブラジルを繋げた男が開いた現存する最古のカフェーでございます。 ブラジルコーヒーならパウリスタで必ず一度は飲んで欲しいです! 美味しいコーヒー #スペシャルティーコーヒー #現存する最古の喫茶店 #明治創業 #ブラジルコーヒー #日本の喫茶店を古い順に巡る旅

カフェーパウリスタ・銀座店の店舗情報

ジャンル
  • コーヒー専門店
  • カフェ
  • ケーキ屋
  • ベーグル
  • ゼリー
  • 喫茶店
  • お土産
営業時間
定休日
カード
  • VISA
  • Mastercard
  • Diners
  • JCB
予算
ランチ
~1000円
ディナー
~1000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス            
        JR山手線 / 新橋駅(出入口1) 徒歩4分(290m)
都営大江戸線 / 汐留駅(出入口3) 徒歩4分(290m)
東京メトロ銀座線 / 銀座駅(A4) 徒歩6分(440m)            

                    ■バス停からのアクセス            
        東京空港交通 銀座・汐留エリア〜成田空港線 三井ガーデンホテル銀座プレミア 徒歩3分(210m)
都営バス 業10 新橋 徒歩4分(280m)
都営バス 業10 銀座西六 徒歩4分(280m)            

          
店名
カフェーパウリスタ・銀座店 かふぇーぱうりすた ぎんざてん
予約・問い合わせ
03-3572-6160
オンライン予約
お店のホームページ

席・設備

座席

100席

(一階50席、二階50席)

個室
カウンター
喫煙席

(土日祝日は終日禁煙)

Wi-Fi利用
なし
お子様連れ入店
ペット
不可
駐車場
なし
携帯電話
docomo、au、Softbank
電源利用
不可

特徴

利用シーン
  • ランチ
  • おひとりさまOK
  • 朝食が食べられる
  • 喫煙可
  • 食べ歩き
雰囲気
  • 落ち着いた雰囲気
ドレスコード
なし
外国語対応
中国語、韓国語

更新情報

最初の口コミ
na1ginzalunch
最新の口コミ
中村有利

※ こちらのお店はRettyのお店会員に登録しているため、みなさんの編集はできません。
  情報に誤りを見つけた場合は、こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ PayPayを使いたいお店をリクエストをする際はこちらからお問い合わせください。

カフェーパウリスタ・銀座店のキーワード

カフェーパウリスタ・銀座店の近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

銀座周辺のランドマーク

お店の掲載テーマ

カフェーパウリスタ・銀座店に関連のページ

03-3572-6160

このお店の特集記事