豚の味珍

まいちん

予算
~3000円
~3000円
最寄駅
JR東海道本線(東京~熱海) / 横浜駅(きた西口) 徒歩1分(61m)
ジャンル
居酒屋 豚料理 ホルモン 創作料理
定休日
毎週日曜日 祝日
045-312-4027

豚のあらゆる部位を720円均一で食べさせる豚マニア必食の店

横浜にある豚肉好きにはたまらない豚肉のあらゆる部位を楽しめる人気店「豚の味珍」。頭・舌・耳・尾・胃・足など他店ではなかなか味わえないような部位の豚肉も食べてパワーをつけたい時にもおススメ。ビールにも間違いなく合います。

口コミ(182)

    あちこちのレビューは異常に高いけど、、、 表からみた店の雰囲気、、、写真も色褪せてて、、、(笑) でも、入ってみると! 大量の辛子を酢で溶いて、好みでピリ辛たしてのタレを作り。 柔らかい肉を付けて食べると、、、 これ!うんまぁ!!!でした(笑) 豚足、耳、アタマ。 程よくコッテリな所で頼んだクラゲサラダ。 最高! 誰かが言ってた。 この店に行く為だけに横浜来てもええと思う。 ほんまそれ!(笑)

    前から気になっていた横浜駅西口の狸小路内にある豚料理のお店。一階はV字?カウンター的な感じですでに満席。2階へ通されるとなかなか広々な空間でした。 豚のいろんな部位を楽しめるし、もつ煮込みも美味い。焼酎を頼むと特製のジョウロみたいなものでジョーッとコップになみなみと… 梅シロップを入れる隙間もありません(笑)これ3杯呑んだらヤバいやつや… #横浜駅西口 #狸小路 #せんべろ

    【横浜市西区南幸】 昭和の風情を今尚色濃く残す狸小路♪ 昭和24年(1949年)に第四回国民体育大会のための区画整理によって付近に出ていた屋台が集められて誕生した✨ 狭い路地にはいくつもの店舗が軒を連ね、今が令和だという事を忘れさせてくれる その中でも一際異彩を放つ豚の味珍(まいちん) 頭から尻尾まで豚の6種類の部位を創業以来継ぎ足し続ける醤油ベースのタレで2日間じっくり煮込んで提供してくれるのだ なんて表現したらいいんだろうな、このワクワク感 『まるで戦後の闇市か?』 というようなグロテスクな豚 だが食べるとぷるんぷるんのコーラーゲンを感じる旨さで人々を魅了する そして極め付けは焼酎100%の『マイルド』 ヤカンから注がれるその姿もかつて闇市で流通した密造酒をも連想させ、より一層気持ちを高めてくれる テーブルに置いてある梅シロップで自分好みの味に調整する 昨今、狙った映えが世間を蔓延っている だがこちらはそんな『映え』など考えもしなかった時代からオジサンを虜にする『映え』が存在するw この雰囲気は本当唯一無二なんだよな コロナ対策しているかと言われればしていないかもしれない でもここはこのままでいて欲しい この雰囲気、メニュー、空間全てが一体となって良さを作り上げている かつてはオジサンばかりだったが最近は若い女性のお客さんも増えたな これも時代の流れなんだろう この良さにやっと時代が追いついて来たのかもな 入るには少し勇気がいるかもしれない だかそのハードルさえクリアすればきっと貴方を虜にする空間が広がっている事だろう✨ #Retty★★★人気店 #狸小路 #昭和 #レトロ #ヤカン

    昭和30年設立当時の雰囲気が今もなお残る、横浜西口エリアの狸小路。その中に構える【豚の味珍】に訪問しました。店名の如く豚の珍味が食べられるお店です。 先ずは《ヤカン》と呼ばれる名物ドリンクを注文すると、卓の上にコップが置かれ店員さんが厨房からヤカンでチョロリとお酒を注いでくれます。中身は焼酎ストレート。度数の強いほろ苦い焼酎は豚と相性抜群。  ヤカンをもう一杯おかわり。2杯目はテーブルに置かれた梅シロップを入れて頂きました。3杯飲んだらもうベロベロw そして《ラッパ》と呼ばれる白菜の漬物も注文。これも豚肉と合うんです。 豚はメニューを見ると《頭、耳、舌、足、胃》。本日は頭、足、尾を注文しました。 タレの作り方は小皿にお酢と辛子を入れて混ぜ混ぜ混ぜするのが基本形。好みでニンニクやラー油を加えます。 《頭》はチャーシュー仕立て。周りが薄いゼラチンで覆われてます。肩ロースとバラの中間のような味で言われなければ、ほぼ通常のチャーシュー。 《足》は言わずもがな豚足。骨の周りにお肉とゼラン質が纏わりついたプニプ二食感。味付けは醤油ベースでチャーシュー風。世間の豚足と異なるこの店ならではの一品。 《尾》は小さな軟骨の周りにゼラチン質とお肉が付いた部位。豚足と似ているが、豚足よりも肉質は柔らかで繊細。    味も雰囲気も◎。良いお店。

豚の味珍の店舗情報

修正依頼

店舗基本情報

ジャンル
  • 居酒屋
  • 豚料理
  • ホルモン
  • 創作料理
営業時間
定休日
カード
不可
予算
ランチ
~3000円
ディナー
~3000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス            
        JR東海道本線(東京~熱海) / 横浜駅(きた西口) 徒歩1分(61m)
京急本線 / 神奈川駅 徒歩9分(650m)
みなとみらい線 / 新高島駅(高島口) 徒歩9分(700m)            

                    ■バス停からのアクセス            
        羽後交通 レーク&ポート号 横浜駅西口 徒歩3分(180m)
ロウズ観光 岡山・倉敷〜東京 横浜駅 徒歩3分(220m)
横浜市バス 浅31 鶴屋町二 徒歩3分(230m)            

          
店名
豚の味珍 まいちん
予約・問い合わせ
045-312-4027
備考
6名以上の予約不可
お店のホームページ
FacebookのURL
https://www.facebook.com/butanomaichin/

席・設備

座席

70席

(1F:カウンター席、2F:カウンター席と4人用テーブル×3卓)

個室
カウンター
喫煙
※健康増進法改正に伴い、喫煙情報が未更新の場合がございます。正しい情報はお店へご確認ください。 [?] 喫煙・禁煙情報について

特徴

利用シーン
  • おひとりさまOK
  • ご飯
  • 送別会
  • 忘年会

更新情報

最初の口コミ
Kikutani Kazushi
最新の口コミ
刀禰 賢一朗

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ PayPayを使いたいお店をリクエストをする際は こちら からお問い合わせください。

豚の味珍の近くのお店

横浜西口周辺の居酒屋・バーでオススメのお店

神奈川の新着のお店

豚の味珍のキーワード

豚の味珍の近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

目的・シーンを再検索

横浜西口周辺周辺のランドマーク

お店の掲載テーマ

豚の味珍に関連のページ

045-312-4027