カレーの店 マボロシ

かれーのみせ まぼろし

予算
~1000円
~1000円
最寄駅
JR横浜線 / 相模原駅 徒歩13分(1.0km)
ジャンル
カレー インドカレー
定休日
毎週月曜日 毎週日曜日 祝日
042-751-3320

スパイシーな辛さの中に複雑な胸味を表現している絶品カレーを頂けるお店

相模原市役所近く、知る人ぞ知る隠れ家的な風情のあるカレー屋さん。 たくさんのスパイスが合わさったカレーは、スパイシーな辛さの中にも 複雑な旨味を表現していて絶品です。 辛いもの好きな人には、避けては通れないお店です。

口コミ(96)

    2023年度走り納めツーリングで訪問しました。 確か去年までは日曜営業しておらず諦めていたお店。今年になって日曜も営業していることを知り、そしていつも相模原辺りは山中湖へ抜ける為に朝7時頃通過するだけでしたが、年末ラストツーリングで宮ケ瀬辺りをブラブラして、ランチに行くと決めました。 営業かテイクアウトの日か確認したほうが良いという投稿みたので、Xみたら行こうとしてる日はテイクアウトの日。電話をして、チキンカレー、トッピングにアチャール、温玉で注文しました。店向かっている途中道が混んでいてテイクアウトの時間に間に合わないかもしれないと電話で連絡したら、「わざわざご連絡有難うございます、気を付けてきてください」と丁寧に対応して頂き、13時頃テイクアウトで受け取りました。青唐辛子入っているので辛くしたいなら少しづつ調整してください、と説明受けて、近くでバイクに乗りながら食べました。 ゴロゴロのチキン、迫力あるわこれは。テイクアウトのカレーでもこの迫力。 カレーを食べると突き抜けるスパイスの味わい、風味、強烈でめっちゃ美味い。そこにどデカいチキン、こちらもスパイス効いて強烈。カレーとチキンで猛烈なスパイスを味わいました。 この猛烈なスパイスカレーと共に味わうアチャールも美味しくて、こちらも軽くスパイス風味。アチャールではないと思うけど副菜のレーズン・コーンが軽く甘くて、メインのカレー・チキンのスパイス感がより際立ってた気がします。アチャール・副菜も多めだと思うので、食感も飽きないですね! 卵好きなので、最後は自分好みにマイルドへ。 最初は強烈なスパイス風味、ゴロゴロのチキンでも味わう強烈スパイス、チキン・アチャール・副菜・青唐辛子で食感楽しんだり軽く味変したり、そして最後は自分好みにマイルドに、この1つのカレーで何通りも楽しんだ気がします。 年内走り納めのはずでしたが、ツーリングよりこのカレーがメインの日になったかな( ´ ▽ ` )ノ

    【神奈川No.1カレーを攻略!】 ※コメント返しは原則お休みしてますので、記入ご遠慮ください(参考通知とオフ会の御礼は記入OKです) 桜木花道 「神奈川No.1を超えてやる!!」 宮城リョータ 「いずれ神奈川No.1ガードと呼ばれてみせる。  今はただのグッドプレイヤーすけどね」 魚住純 「神奈川No.1の看板は今日かぎり  おろしてもらう」 私みたいな80年代生まれが子供の頃に 『スラムダンク』から受けた影響力って絶大だ。 小学生の私に 海辺を江ノ電が走る湘南のイメージを 人生で初めて植え付けたのもスラダンだし、 青春も、友情も、努力も、挫折からの復活も、 人生のバイブルのように全部スラダンから学んだ。 …特に劇中、 湘北・陵南・海南大附属・翔陽 4校が争った“神奈川No.1”というワードの響きは 我々スラダン世代にとって、ある種 「甘美でキラキラした格好良いモノ」だった。 ・・・はい。そんなワケで本日は 神奈川No.1カレー、相模原の『マボロシ』(笑) 訪問時点、 GoogleMAP評価「4.3」、 某グルメサイトは「3.87」で圧倒的な神奈川1位。 まるで常勝軍団・海南のように、 神奈川でも図抜けた実力を誇る 訪問困難店『マボロシ』を攻略してきました♪ ■ポークカレー…1200yen ■大盛り   … 100yen ■アチャール … 180yen さぁ~登場! ゴロゴロと転がる豚肉のブロックに、 濁濁としたカレー! ビジュアル最強レベルですね。 早速ひとくち、、、 『マボロシ』の特長は コリアンダー・クミン・シナモンなど8種のスパイスを軸に、 「スパイスを焙煎」してスパイス感にブーストをかけてること。 華やかな香りと強いスパイス感。 しかしながらシナモンの穏やかさと タマネギとトマトの野菜出汁が背景になっており、 「刺激強いのに食べてしまう」すさまじい中毒性。 厨房の中は見えないが、 ゴリゴリとホールスパイスを潰す?音が聞こえてくる。 おそらくその後でテンパリングにかけてるのだろう。 回転率は悪くなるものの かなり手をかけて一皿ずつ調理されてる感じ。 …圧巻だったのは豚肉。 マッチョな固さがある肉質で、 ゴロゴロ感がすさまじい。 ヤバいっすカレーも具も超ハイクオリティ(笑) アチャールは大根、ニンジンに スパイスシードをたっぷり和えたスパイス仕様。 更に辛さが足りない場合は、 青唐辛子を絞ってカレーにかける。 この青唐辛子は相当に鮮烈な辛さ。でもウマイ(笑) 小鉢のサラダは コーン、刻み玉ネギ、レーズン入り。 店の方曰く「福神漬けの代わり」らしく甘酸っぱい味わい。 カレーの辛さのオアシスになりますね。 最後はチャイで口に残る 辛さを洗い流し完食。 〜あとがき〜 以上、神奈川No.1カレー『マボロシ』でした。 繊細にして豪快なスパイス使いに、 肉や副菜の圧倒的クオリティに 丁寧な接客と「全部が凄すぎるカレー」。 スラダンでたとえるなら  パワー&スピードがありインサイドに強く  キャプテンシーにも優れる牧、  外から正確無比な3Pを打てる神、  フィジカルと爆発力のある清田、  意外性の宮益 テクニックもパワーも、 内も外もメンタルも強く、 まさに全部を兼ね備える神奈川No.1王者 常勝軍団・海南大附属のようなカレー。 これは余裕で今年のMy Best入りです(笑) …個人的には約10年前に食べた大阪の北浜の 『カシミール』(スパイスカレー発祥店)、 東京の大久保の『魯珈』 (都内No.1、…いや国内でも最高峰のスパイスカレー) この両店で初めて食べた時を思い出す。 それ以来の 3番目のサード・インパクト。 それ位に衝撃的な記憶に残るウマさの スパイスカレーでした。 …ちなみにこの『マボロシ』、 訪問にあたっての不確定要素が多く ハードルが超高い。 イートインは週2日だけで 残りはテイクアウトオンリー。 各週のイートインの曜日はXで告知。 日によって 整理券配布があったり無かったり。 券の配布開始時刻もまちまちで 概ね朝9時〜10時ころ。さらに当然の大行列。 訪問に万全を期すなら 午前中一杯を捧げる覚悟が必要で、 攻略できたらラッキー、まさに「幻のような店」。 超ハードル高い店ですが、 機会あればぜひ

    営業が不定期なので、ツィッターで確認してテイクアウトの予約は、電話でした。ポークカレーが残り一つのところなんとか予約できました。トッピングは、ピクルスとうずら卵、そして大盛り、辛口にしました。おまけで辛さが調整できるようにと青とうがらしがおまけ?でついていました。家に持ち帰り、少しチンしていただきました。辛さがちょうどいい食欲が出る美味しいカレーでした。ごはんもターメリックライスでカレーとよく合い美味しかったです。次回はぜひ、店内で盛りたてをいただきたいです。

カレーの店 マボロシの店舗情報

店舗基本情報 修正依頼

予約・問い合わせ 042-751-3320
ジャンル
  • カレー
  • インドカレー
営業時間
定休日
予算
ランチ
~1000円
ディナー
~1000円
クレジットカード
不可

住所 修正依頼

住所
アクセス
                                        ■駅からのアクセス                        
                JR横浜線 / 相模原駅 徒歩13分(1.0km)
JR横浜線 / 矢部駅 徒歩22分(1.7km)
JR相模線 / 上溝駅 徒歩22分(1.7km)                        

                        

座席 修正依頼

席数

12席

カウンター
喫煙 不可
※健康増進法改正に伴い、喫煙情報が未更新の場合がございます。正しい情報はお店へご確認ください。
[?] 喫煙・禁煙情報について
個室

サービス・設備などの情報 修正依頼

X(Twitter) https://twitter.com/CSMaboroshi/
利用シーン おひとりさまOK、禁煙、激辛、ランチ、ディナー、おしゃれな、ご飯、昼飲み、二次会

更新情報

最初の口コミ
山本康憲
最新の口コミ
Takeshi Ohtaka
最終更新

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 移転・休業・閉店・重複・リニューアルのご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ PayPayを使いたいお店をリクエストをする際は こちら からお問い合わせください。

カレーの店 マボロシの近くのお店

相模原市の洋食・西洋料理でオススメのお店

神奈川の新着のお店

カレーの店 マボロシのキーワード

カレーの店 マボロシの近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

042-751-3320