寿司 㐂邑

きむら

予算
~30000円
営業時間外
最寄駅
東急田園都市線 / 二子玉川駅 徒歩7分(530m)
ジャンル
寿司 刺身
定休日
毎週月曜日
03-3707-6355

とろりまろやかな熟成寿司、ミシュランもとったことのあるお店

二子玉川の予約が取りにくい人気のお寿司屋さん。こちらでは新鮮なお寿司ではなく、熟成寿司を食べることができる。ネタによって熟成の期間は異なり、最適な状態で提供してくれる。カジキの二か月熟成がとくに人気。チーズのような濃厚な味わいで他ではなかなか味わえない。

口コミ(67)

    予算:40,000円 ■アクセス 東急大井町線、田園都市線・二子玉川駅から徒歩6,7分 ■外観・内観 「すし㐂邑」と書かれた看板と暖簾が目印です。 店内はカウンターのみの10席になります。 ■訪問回数 初めて ■用途 友人とディナー ■メニュー 熟成鮨のパイオニアとして確固たる地位を築いている㐂邑さん。 名だたるお寿司屋さんでも、鰆や鮪など断片的に熟成させるお店はありますが、こちらはほとんどの握りが熟成というスタイルです。 ネタによっては旨味がより濃くなったり、はたまた全く違うお魚のような味わいになったりと、変化が非常に面白いです。 お料理はおまかせコース(30,000円)のみ。 この日頂いたものは以下の通りです。 ・ハマグリのお吸い物 ・子持ちヤリイカ ・牡蠣のオイル漬け ・焼き物(平貝、帆立、ホタルイカ) ・マナガツオ ・鯨の甘辛ニンニク味噌和え ・トラフグの白子 ・カニのブランデー漬け ・浅草海苔と舎利 ・どぶろくのジェラート 握り ・サワラ(20日) ・シマエビ(4日) ・サヨリ(5日) ・コダイ(10日) ・カワハギ ・イワシ(3日) ・小柱 ・サバ(10日) ・筋子(45日) ・カツオ(5日)の手ごね寿司 ・マカジキ(54日) ・煮ハマグリ ・玉 お酒 ・コエドビール伽羅 ・田中六五 ・喜久酔 ■味や接客の感想 初めての訪問だったので多少構えてお伺いしましたが、大将がとても気さくに話してくださり、非常に居心地良く楽しむことが出来ました。 ネタや握りに関するお話はほとんどなく、プライベートのお話などを色々と話して下さり、とても面白かったです。 味に関しては前評判通り、握りもつまみも絶品でした。 特に印象に残っているものについて、簡単に感想を記載します。 ・牡蠣のオイル漬け かなり大ぶりな牡蠣を藁焼きにし、米油に漬けた一品。 牡蠣自体の濃厚な味わいに、燻製の香りと油のコクが加わり一層旨味が増しています。 これだけでお酒がいくらでも飲めてしまいそうなお料理です。 ・トラフグの白子 大きなトラフグの白子と、トラフグから作ったスープの一品。 贅沢なことにトラフグの身、皮、骨をスープのためだけに使い、出汁を取っているようです。 フグ屋さんが来ても恥ずかしくないものを出したいという、大将の気持ちが現れています。 余計な味付けはせず、白子の旨みを生かすお見事な一品でした。 ・サワラ 握りのスタートは20日熟成のサワラから。 サワラというと、そこまでネタの味が強くないイメージでしたが、その概念が覆るような香りと味わい。 シャリの粒も大きく芯があり、柔らかいネタとのコントラストが面白いです。 ・カワハギ 肉厚な身の下に肝が入ったカワハギの握り。 身の弾力と肝の濃厚な味わいが最高です。 大きめのシャリでもネタの存在感をかなり強く感じる、素晴らしい握りでした。 ・筋子 㐂邑さんの名物である筋子。 筋子というと硬い食感で、塩分が強いイメージがありますが、こちらは正反対です。 ほぐれるような柔らかさと、塩分に頼らない素材の味を活かした味わいは感動レベルです。 ・マカジキ この日のネタの中では最長の54日熟成のマカジキです。 もはや別のお魚と言っても過言ではないほど、旨味とねっとりとした食感が強いです。 これぞ熟成鮨という、大将の腕を感じる握りでした。 ここでしか頂けない熟成鮨という世界を存分に楽しむことができました。 握りだけでなくつまみもどれも絶品で、とにかく驚きの連続でした。 また機会を見てお伺いしたいと思います。 ご馳走さまでした。

    熟成鮨の有名店 シャリが独特で少しごろっとしてて合わないと思ったが、食べれば食べるほどお腹が空いてくる不思議な感覚。惜しげもなく解説してくれる大将も良い感じの雰囲気で、また是非通いたい一軒

    熟成鮨の最高峰とよく聞く名店に初訪問。  1枚目は、カウンターの客全員が、見た目も味もトロとしか認識できなかった「ツムブリ」。  2年前まではキロ500円くらいで見向きもされていなかった魚とのことだけど、熟成させることによって筋も気にならず、すっきりとした脂がのっていて、良い鮪のような香りと旨味の波。なんだこれ…ヤバい。今後ツムブリはメジャー級になるだろうとのこと。  お馴染みのネタも、熟成させることにより、こうも旨味が引き出されるのかという新しい世界へ連れて行ってもらいました。

    二子玉川駅から徒歩7分ほどのところに店を構える 訪問時の評価は4.45 5年連続食べログAward×2021年寿司百名店のW受賞! おまかせコース(33000円) ほっき貝のスープ 甘海老の桜えびと白ワイン煮 子持ちのやりいか 鯖のゴルゴンゾーラチーズ和え あん肝のカシューナッツ和え 鱈の白子そば 牡蠣のリゾット とらふぐのお椀 蟹のブランデー漬け 海苔巻き ☆小鯛 ☆シマエビ ☆さより ☆カワハギ ☆ほっき貝 ☆カンパチ ☆カツオ ☆筋子 ☆クジラ ☆イワシ ☆マカジキ ☆煮ハマグリ おいなりさん 玉子 ブランデーのジェラート 前半はつまみ、後半が握りの構成。 スタートはほっき貝の出汁をとったスープ。 身体温まるスタートに期待感が高まります。 甘エビを桜えびと白ワインで煮込んで練ったものは酒のつまみにピッタリ。 鯖をへしこにするため1年間熟成させ、ゴルゴンゾーラのチーズとインドのはちみつを練ったもの。 4日間血抜きしたあん肝とカシューナッツを和えたもの。 鱈の白子そば 昆布だし、カンボジアの赤胡椒 牡蠣を藁で燻して、旨みエキスがたっぷり染み込んだリゾットは米の芯が残っており食べ応えもあり。 とらふぐを沸騰させないように8時間こしてあり、旨みを引き出している。 握り前に海苔巻きから。 鹿児島県出水市のアサクサノリ、、岩手県遠野市の米を使用。 アサクサ海苔は23年間の試行錯誤でも養殖で作ることが難しかったが、諦めかけた矢先の24年目に成功した。 小鯛 シマエビ カワハギは肝を挟んでおり、 カンパチは40日熟成。 噛めば噛むほどねっとりとした甘みがあり、旨い。 マカジキ51日目。 この日1番の熟成日数。 〆はブランデーのジェラートでさっぱりと。 つまみと握り、デザートで合計25品のフルコース。 個人的にはマグロ愛好家なので鮪の熟成もあると嬉しい。 omakaseの予約の狙い目は土曜日のお昼すぎから夕方。もしくは日曜日の午前中だそうです。 木村康司氏の冗談を混じえたトークも含め、 素敵な料理と空間でした。 ご馳走様でした。 是非行ってみてください!

寿司 㐂邑の店舗情報

店舗基本情報 修正依頼

予約・問い合わせ 03-3707-6355
ジャンル
  • 寿司
  • 刺身
営業時間
定休日
予算
ランチ
営業時間外
ディナー
~30000円
クレジットカード
不可
QRコード決済
  • PayPay

住所 修正依頼

住所
アクセス
                                        ■駅からのアクセス                        
                東急田園都市線 / 二子玉川駅 徒歩7分(530m)
東急田園都市線 / 二子新地駅 徒歩13分(1.0km)
東急田園都市線 / 用賀駅 徒歩19分(1.5km)                        

                        

座席 修正依頼

席数

8席

カウンター
喫煙 不可
※健康増進法改正に伴い、喫煙情報が未更新の場合がございます。正しい情報はお店へご確認ください。
[?] 喫煙・禁煙情報について
個室

サービス・設備などの情報 修正依頼

予約 予約可
利用シーン デート、禁煙、PayPay決済可

更新情報

最初の口コミ
M.Nakamura
最新の口コミ
Negishi Mikiya

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ 「PayPayが使える」と記載があるがご利用いただけなかった場合は こちら からお問い合わせください。

寿司 㐂邑の近くのお店

二子玉川のすし・魚料理でオススメのお店

東京の新着のお店

寿司 㐂邑のキーワード

寿司 㐂邑の近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

目的・シーンを再検索

二子玉川周辺のランドマーク

寿司 㐂邑に関連のページ

03-3707-6355