hôtel de yoshino

オテル ド ヨシノ

予算
~20000円
~6000円
最寄駅
JR紀勢本線(きのくに線)(新宮~和歌山) / 宮前駅 徒歩7分(550m)
ジャンル
フランス料理
定休日
毎週月曜日 毎週火曜日
073-422-0001

和歌山の良質な食材を駆使したクラシック・フレンチ

口コミ(26)

    和歌山駅から南の和歌山ビッグ愛最上階「フレンチ⭐️⭐️」「食べログ4.34」。和歌山No1フレンチ。コースを注文。 ・シャンパン ・おつまみ チーズを練り込んだシュー生地 フワッとともっちりの中間、チーズ感がしっかりありおつまみとして凄く美味しい。 ・黄色ピーマンのムース・トマトのゼリー 黄色ピーマンの苦味を少し残しながら、ムースのクリーミーさと甘さがとても合っていて、さらにトマトゼリーの酸味がマッチ。完成度の高いアミューズ。 ・スープドポワソン お魚と海老から取ったスープ。物凄く深くて濃い味。 ・マグロの赤身とナスのミルフィーユ ミルフィーユの食感が素晴らしい。マグロの弾力が印象的。マグロのタルタルも食感が凄い。周りのピューレやソースもそれぞれアクセントが良く、下に敷かれたトマトのゼリーがとても爽やかに仕上がっている。 ・パン 表面が硬いのでなく、サクッとした食感。中がフワッとしているのに表面は凄く薄くて素晴らしい。 ・和歌山の鮮魚(アオハタ)バジル風味のペルノッシュ アオハタにしっかり味が閉じ込められていて、弾力とともに味が広がる。フリットや、グリル野菜がとても瑞々しく、丁寧に調理されているのが伝わります。ソースも具材にマッチして最後まで美味しい。 ・熊野牛ロース 季節の野菜 熊野牛ロースの芯の部分だけを切り出した本当に柔らかく、何より噛んだ時に旨味が溢れ出す本物のお肉。これだけ美味いと思ったお肉は記憶にありません。塩加減も丁度良い。ジャガイモのグラタン、カボチャのピューレ、フリット、豆と野菜だけで、コースの一皿になりそうな程美味しい。 ・ハチミツのヌードグラス ・和歌山県産のイチジクのコンポート イチジクの半身が贅沢に使わ、コンポートとミルクアイスとよく合う。さっぱりして満足いく締めでした。 ・お茶菓子 ゼリー、カヌレ、マカロン 全部綺麗で美味いのだけど、最後の熊野牛ロースが全てを凌駕する圧倒的存在感。素晴らしかった。 #和歌山 #フレンチ #No1 #熊野牛

    毎年恒例になりつつある、2月の“オテル・ド・ヨシノ”さん…今年もいつものメンバーで伺えました。お目当ては“黒トリュフのパイ包み焼き”です。フレンチの王道でありながら、なかなかお目にかかれない。機会があってもそれほど感動しない。そんな“黒トリュフのパイ包み焼き”ですが、手島シェフのそれは本当に素晴らしいです。わざわざ行く価値のある一皿だと思います。その他のお料理も素晴らしく、毎回大満足です。次回はカスベ食べたいな。 #和歌山 #フランス料理 #黒トリュフ #ジビエ #わざわざ行く価値あり #ランチ

    ワイン会で、オテルドヨシノに伺いました!基本ワインは持ち込ませて貰って、最初のシャンパンと食後酒はお店のものを頂きました!実はこの会は2年前の冬に企画され、以前こちらで働いていたソムリエの松岡君達と来る約束でした。その時、アンリ ボノーのセレスティンをレストランに送っていたのですが、都合が悪くなり、去年も流れて、今回に至ります。 メニュー ⭐️グジェール サクッとシャンパンに合いますね。 ⭐️和歌山の猪のリエット 猪の濃厚な味わい!癖や臭みは皆無。カズティエ と良い感じ! ⭐️甲殻類のジュレ 雲丹とキャビア 冬人参のエスプーマ スミス オー ラフィット と甲殻類のジュレのマリアージュが素晴らしい!このお皿も旨旨です! ⭐️山鴫のビスク べキャスはアンチョビ風の味わいが溜まりません!カズティエ よりもカンヌビ ボスキスの方が良く合います。 ⭐️縮緬キャベツ フォアグラ トリュフ のテリーヌ こちらのスペシャリテの1つ。フォアグラの旨味とトリュフに負けない縮緬キャベツの旨味と軽い苦味が堪りません! ⭐️和歌山のクエ 絶妙の火加減のクエ!ソース デュグレレ がまたメチャ旨 !コルトン シャルルマーニュ とのマリアージュも最高! ⭐️ジビエのトゥルト 冬のスペシャリテ!これを食べに東京から来る価値のある一品!今回は鹿と猪の二層で更に素晴らしい!これに合わせたのが、ダ カーポ と セレスティン‼️どちらも本当に素晴らしい!こういうマリアージュを体験するとやっぱりジビエにはローヌの有名どころの熟成したワインを合わせたくなります! ⭐️チーズ ⭐️タルト シトロン ⭐️コーヒーと小菓子 ワイン ⭐️アンリ ジロー エスプリ(お店のワイン) ⭐️ルイ ジャド ジュヴレ・シャンベルタン カズティエ 2007 ⭐️シャトー スミス オー ラフィット ブラン 2004 ⭐️テタンジェ コート ド シャンパーニュ 2006 ⭐️ルチアーノ サンドローネ バローロ カンヌビ ボスキス 2005 ⭐️レ ペルゴール トルテ 2014 ⭐️ギガル エミルタージュ ブラン 1990 ⭐️ボノー デュ マルトノ コルトン シャルルマーニュ 2001 ⭐️ドメーヌ ぺゴー シャトー ヌフ デュ パプ キュヴェ ダ カーポ 2007 ⭐️アンリ ボノー セレスティン 2000 ⭐️シャトー ドリニャック ピノ デ シャラント (お店のワイン) 手島シェフのお料理は、何れも素晴らしい!特にジビエを扱わせると天下一品です!2年間動かされずしっかりと休んでいたセレスティンが本領を発揮してくれたのも嬉しかった!エレガントさと力強さを兼ね備えた素晴らしいワインでした!次回は夏に来たいと思います。 ご馳走様でした!

    アンリ ジャイエを楽しむ会。そしてこの季節ジビエが楽しめるレストランとなるとここしか無いでしょう。 缶詰の容器?など遊びゴコロも満点、雉のコンソメスープのあまりに奥深い味わいには声も出ませんでした。 もちろん、料理に見合ったサービスで文句なし、ここまで来てでも、行く価値のあるレストランです。

    岡山から東京へ戻る際、気になっていたこちらに寄って帰ろうと予約。 1人だったので気兼ねなくムニュ シェフ¥16000コースを。 ちなみにレストランの入っている建物にはホテルも入っており、宿泊先としてランドマークホテル和歌山も予約した。(当日知ったことだが、レストラン利用のため宿泊料20%OFF) オテルドヨシノはその名の通り吉野健シェフのお店。 その巨匠に師事した料理長である手嶋シェフも耳にしたことがある方は多いだろうと思う。 遅めの時間に予約したため、自分が訪れた時には先客1組、すでにデセールを終えるところだったため、ほぼ貸切状態で楽しめた。 一人の夜だと手持ち無沙汰になりがちだが、ソムリエールの方とたくさんお話出来、退屈することなくあっという間のひとときであった。 しかもなんのタイミングか、左手窓からはちょうど打ち上げ花火が上がり始め、非常に素晴らしい夜景と共に楽しめた。 ルイロデレールから始め、一皿毎にバイザグラスでワインもいただいた。いやはや、フロマージュまでしっかり頂き、貴腐ワインも美味しく頂いて良い感じに酔わせていただいた。んもう、すごく楽しいのなんのって。 和歌山の豊富な食材を堪能できる素晴らしいコース内容。全てのお皿からきちんと主役の食材の主張とシェフの作りたかったものが感じ取れた。バランスも素晴らしいと思う。 ◉アミューズ〇 チーズのシュー。泡とよく合う。 ◉オードブル〇 メロンと生ハムのジュレ、生ハムのチップスのカクテル。イカ墨とお米のフリットの上にはパプリカのコンフィと生ハム。 ◉スープ◎ 和歌山の魚介をふんだんに使用したスープドポワソン。さらりとしたスープは濃厚な旨み。香りも非常に柔らかい強さを持ち、合わせていたロゼもぴったり。 ◉スペシャリテ◎ 湯浅の岩牡蠣。下にはハーブと酸味の効いたクリーム、上には白ワインのジュレ。 とにかくその大きさに圧倒される。牡蠣自体の旨みも抜けることなくしっかりと濃厚でクリーミー。酸味のあるソースでさっぱりと深みのある味わいに。ハーブの効き方が素晴らしく、香りも楽しめる1品。 これはすごい。5〜8月に楽しめるスペシャリテ、これを食べるためだけにまた来たい。 ◉ポワソン◎ 和歌山県産のハタを使用し、先程のスープドポワソンを煮詰めたソース。和歌山県産のアワビ、足赤エビ、三重のムール貝など。 ソースが旨いのはもちろんだけれど、素材も負けていない。様々な食材がひと皿にすべてうまくまとまっている。 ◉アントレ◎ 和歌山県産 熊野牛のフィレ肉をポワレに。黒トリュフと赤ワインのソース。 火入れも申し分ない。牛肉の旨みを存分に楽しめる。完璧なまでに非の打ち所のない肉料理で心奪われた。 ◉フロマージュ いやぁ〜美味しいもの食べたらやっぱりもうちょっと呑みたくなる。貴腐ワインも合わせていただいて楽しみました。 ◉口直し◎ 黒沢牧場のミルクを使用したソルベ。 口溶けは非常に軽やかで、舌の温度でスッと溶ける。けれどミルクの味わいは濃厚。まさに理想形。 ◉デセール〇 ミントのブラマンジェ、ココナッツのチュール、ミントとライムのソルベ。 ◉ミニャルディーズ〇 和歌山の特産物をたくさん堪能出来、クラシカルなフレンチらしい素晴らしい料理の数々だった。 ワインのセレクトも良く、接客も気持ち良い。 ジビエの時期も良さそうなのでまた来たいなぁ夏もまた来たいし。 久々に感動した素晴らしいコースでした。わざわざ食べに来るだけの価値があると思う。

hôtel de yoshinoの店舗情報

店舗基本情報 修正依頼

予約・問い合わせ 073-422-0001
ジャンル
  • フランス料理
営業時間
定休日
予算
ランチ
~6000円
ディナー
~20000円
クレジットカード
  • VISA
  • Amex
  • Diners
  • JCB
QRコード決済
  • PayPay

住所 修正依頼

住所
アクセス
                                        ■駅からのアクセス                        
                JR紀勢本線(きのくに線)(新宮~和歌山) / 宮前駅 徒歩7分(550m)
わかやま電鉄貴志川線 / 田中口駅 徒歩13分(990m)
JR阪和線(天王寺~和歌山) / 和歌山駅 徒歩19分(1.5km)                        

                        

座席 修正依頼

席数

35席

カウンター
喫煙 不可

(完全禁煙)

※健康増進法改正に伴い、喫煙情報が未更新の場合がございます。正しい情報はお店へご確認ください。
[?] 喫煙・禁煙情報について
個室

サービス・設備などの情報 修正依頼

お店のホームページ http://www.hoteldeyoshino.com/
Facebook https://www.facebook.com/オテルドヨシノ-149228781774614/
利用シーン ディナー、ワインが飲める、個室、クリスマスディナー、禁煙、ランチ、PayPay決済可、結納の食事会、おひとりさまOK、接待、おしゃれな、ご飯、昼飲み、二次会

更新情報

最初の口コミ
Eisuke Miyoshi
最新の口コミ
Masato Imajo
最終更新

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 移転・休業・閉店・重複・リニューアルのご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ 「PayPayが使える」と記載があるがご利用いただけなかった場合は こちら からお問い合わせください。

hôtel de yoshinoの近くのお店

和歌山市のフレンチでオススメのお店

hôtel de yoshinoのキーワード

hôtel de yoshinoの近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

お店の掲載テーマ

073-422-0001