夏への扉

なつへのとびら

予算
~1000円
~1000円
最寄駅
JR青梅線 / 青梅駅 徒歩4分(300m)
ジャンル
カフェ ケーキ屋 カレー サンドイッチ スイーツ
定休日
毎週火曜日
0428-24-4721

カレーが絶品。レトロな雰囲気が素敵な、長居したくなるカフェ

昭和初期に建てられた古い家屋を洋館風に改装した、レトロな雰囲気が素敵なカフェ。ここのカレーが絶品で、野菜・チキンと2種類あります。おすすめは野菜カレー。溶け込んだ野菜の甘みの後にピリッとしたスパイスの刺激的な辛さがあり、玄米ともよく合います。窓のすぐ下を青梅線が走り抜けていくのを眺めながらのんびりできます。JR青梅駅から徒歩4分。

口コミ(19)

    ランチでチキンカレーとサラダをいただきました。家庭的な味の中にスパイシーな辛さも感じられるどこか懐かしいカレーでした。とても美味しかったです。

    2017.8.5 13時過ぎ(投稿し忘れ) 以前初めてオートバイで向かいましたが、 凄く混んでいるのと、駐車場は無いとのことで断念。 お店の外観は一見すると、廃墟のようなシュール感あり。 むかし耳鼻科だった建物を喫茶店にしたとか。 JR青梅駅から高台に向けて歩いていくとあります。 今回は、 サイクリングの途中に向かいました。 自転車ならばお店の軒先に置けます。 内装はウッディで昔風で懐かしさを感じます。 建物脇下を中央線が通っていて、通過時の電車の音、振動が心地いいです。 頼んだのは、野菜カレーセット(サラダ付き)でアイスコーヒーに変えてもらい1280円。 玄米ご飯に味付けは甘めの野菜たっぷりのカレーです。 非現実を味わえて、 のんびりした時間が流れる良い喫茶店だと思います。 #青梅駅、喫茶店、シュール

    【再訪・再投稿シリーズ…その24】 【新しい扉を探しに…】 ★野菜カレー(サラダ付)+セット(珈琲) ★夏への扉のごまクッキー(自家製) rettyで他人のレビューを読み始めてまだ間もない頃、この店「夏への扉」のレビューを初めて見て、何も知らずに私がコメントした… 「最初は松田聖子か?と思いました(笑)」 すると、思わぬ答えが最初に返ってきた… 「夏の扉を開けに行ってきました。フレッシュ!フレッシュ!フレッシュ!(^-^)」 私がrettyの扉を思いきり開けた瞬間だった。楽しい扉のはずであったが、振り返ると意外にも重たい扉だった…。 この店は東京西部、東京の外れにあたる中央線の終着駅「青梅駅」の近くにある。都心からわざわざ電車に乗って行くような喫茶店か? いや…後で徐々に分かってきたのだが、実はカフェ好きでなくとも、魔法にかけられてしまうような魅力が詰まった、素晴らしい店なのだ。 私的お気に入り3本の指に入るカフェだと言うスイーツトップユーザーKeiko.Iさん。SF作家の小説「夏への扉」の切り口から深みのあるレビューをあげられた南たすくさん。共に絶賛されている店…私はその大きな流れに迷い込んだ。 興味本位で訪れたのは昨年の晩夏。その時はお店全体が放つ、全てを優しく包み込むオーラに飲み込まれ、まるで時空間を旅してきたかのような錯覚にさえ陥った…不思議な店だった。 あれから7ヶ月…、rettyを始めて1年を迎える節目。また、あのオーラに包まれたくなり、車を走らせた。伺ったのは開店10時を30分程度回った頃。前回座った「あの席」に座りたかった。 ギシギシとした床を歩き店の中へ。良かった!まだ、誰もいない!座りたかった窓際のテーブル席に座る。ご主人からメニュー表を受け取ることなく、野菜カレーセットをオーダーした。 今日も春の日差し、時折店の直下を走り抜ける中央線が運んでくる風、みな爽やかで気持ちいい。程なくして運ばれた野菜カレーを前に、一旦すっと息を飲み込んで、静かに食べ始めた。 懐かしい味…大量の玉ねぎを煮込んで作られたカレーは甘さが目立つが、程よくスパイスも効いていて、玄米のご飯とよく馴染む。野菜たちも煮込まれてほろほろ…相変わらず頬が緩む。 時折、ゴトゴトと音を立てて中央線が下を走り抜ける。その時、またしても前回と同じく、過ぎ去った日々に蓄積してきた想いがとめどなく溢れ出す…楽しかっただけではなかったなぁ。 この7ヶ月という短い間に色々なことがあった…どの記憶もみな、浮かんでは消えてゆく。甘いはずのカレー、いつの間にか塩気がにじむ…何故だか、最後は涙目でカレーをすくっていた。 食後の珈琲タイム…自家製のごまクッキーを購入し、一緒に頂く。その頃には落ち着きモードになり、現実に戻ってきた気分になる。ガムシャラ過ぎたけど、続けていて良かった…。。。 ♪ 止まない雨なんかない ♪ 出口のない迷路はない ♪ 開かない扉もない ♪ 前に進もう Always 何もかも許し、優しく包み込んでくれる魔力を持つ野菜カレーはお店のオーラと共にいまだ健在。また、食べたい…そしてあのタイムスリップするような席に座りたい…強く想い、願う。 前回も現れた新しい扉…今回は見つかるのか?心配する必要はなかった…やはり目の前に新しい扉が静かに佇んでいた。もはやこれは、この店に訪れた人の宿命…かも知れない。 気付けば霧が晴れたような心持ちになった私、その新しい扉のノブをそっと回した…。 この店を知ることが出来て、本当に良かった! 一生通い続けたいと思う店の一つだ! ありがとう…ご馳走様でした! #肉の日 (2017.08再訪) ●焼きサンドウィッチセット(ホット珈琲) ●クルミのチョコケーキセット(アイス珈琲) ☆夏の終わり…今度は家内を連れてきた! ☆今回は例の特等席を眺めながら…^ ^ ☆出窓から入ってくる青梅の風は優しい! ☆相変わらずこの雰囲気、たまらない! (家内も大喜び〜、よかったぁ(^o^)) ☆焼きサンドもケーキも家庭的な美味しさ! ☆息の合ったご夫婦も健在でほんわかさ大! ☆次はまたカレーを食べに行こう(*≧∀≦*) #クラフトビールが飲める店 (2018.08.25再訪〜台風一過(๑˃̵ᴗ˂̵)) ●野菜カレーセット(やっぱりコレ!) ☆初のリアル投稿〜運命を感じる店^ ^ ☆ニュートラルゾーン脱出の礎的存在だ! ☆今日は店に置いてある小説とともにパチリ! ☆カレーも珈琲も想いを優しく包み込む! ☆そして、不思議なあの席…特等席(๑˃̵ᴗ˂̵) ☆電車の通過音とjazzyな音楽は微睡を誘う! ☆ご夫婦健在のうちは、足しげく通いたい(^^)

    青梅のカフェ「夏への扉」。 ロバート・A・ハインラインのファンとして、行っておかねばと思っていたお店です。 ハインラインといえば、……(以下20分略)……したアメリカのSF作家です。 「The Door into Summer」は、その若き日のタイムトラベルもの。 主人公ダンの愛猫ピートは……(以下10分略)……。 その評価は分かれますが、日本のSFファンに最も愛された作品でしょう。 カフェ「夏への扉」は、青梅駅へと続く線路脇。 高台に掛かった弓なりの陸橋の、傍らにあります。 昭和7〜8年に建てられた木造の耳鼻科医院だった建物。 その二階建ての一軒家を改装し、1990年にオープンしました。 開け放たれた窓。 高台を吹き抜ける風の、何と気持ち良いことか。 窓の向こうの陸橋も、店舗と同様に古びています。 その陸橋や、陸橋の下と時折走り抜けるJR青梅線さえ、店舗の一部に感じられます。 開店直後に入店したところ、ちょうどご主人はネルドリップでコーヒーを淹れてらっしゃいます。 真剣な面持ちで、ネルから滴るコーヒーに合わせ、ポットから注ぐお湯を調整されています。 今なら淹れたてをいただけます。 「ケーキセット(HOT)」700円を、お願いしました。 この「コーヒー」、コクがありながら苦味が抑えられ、身体に沁み入ります。 国立の自家焙煎珈琲店「カイルアコーヒー」の深煎り豆を使用されているそうです。 ケーキは、自家製。 「クルミのタルト」を選択。 タルト生地の上に敷き詰められたクルミの凹凸が、そのままヌガーの模様となっています。 クルミの形、そして風味まで、感じられます。 本日はいただきませんでしたが、店主ご夫妻は、以前レストランを営んでおられたそうで、ランチのカレーが美味しいそうです。 「The Door into Summer」に登場する主人公の愛猫ピートに因み、看板、置物、灰皿等に 猫のモチーフが使われています。 #リノベーションされたお店

夏への扉の店舗情報

修正依頼

店舗基本情報

ジャンル
  • カフェ
  • ケーキ屋
  • カレー
  • サンドイッチ
  • スイーツ
営業時間
定休日
カード
不可
予算
ランチ
~1000円
ディナー
~1000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス            
        JR青梅線 / 青梅駅 徒歩4分(300m)
JR青梅線 / 東青梅駅 徒歩17分(1.3km)            

                    ■バス停からのアクセス            
        都営バス 梅70 住吉神社 徒歩3分(200m)
都営バス 梅70 西分二 徒歩3分(240m)
西東京バス 青20 青梅駅 徒歩4分(300m)            

          
店名
夏への扉 なつへのとびら
予約・問い合わせ
0428-24-4721
お店のホームページ

席・設備

座席

16席

個室
カウンター
喫煙
不可
※健康増進法改正に伴い、喫煙情報が未更新の場合がございます。正しい情報はお店へご確認ください。 [?] 喫煙・禁煙情報について

特徴

利用シーン
  • デート
  • おひとりさまOK
  • ランチ
  • 昼ごはん

更新情報

最初の口コミ
椀田
最新の口コミ
Tetsuya Motokawa

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ PayPayを使いたいお店をリクエストをする際は こちら からお問い合わせください。

夏への扉の近くのお店

青梅のカフェ・スイーツでオススメのお店

立川・八王子・青梅の新着のお店

夏への扉のキーワード

夏への扉の近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

青梅周辺のランドマーク

お店の掲載テーマ

夏への扉に関連のページ

0428-24-4721