CINQ pain サンクパン


予算
~1000円
営業時間外
最寄駅
JR東海道本線(京都線)(京都~大阪) / 長岡京駅 徒歩25分(1.9km)
ジャンル
パン屋 スイーツ 洋菓子 カフェ
定休日
毎週月曜日 毎週火曜日
もっとみる
075-874-4159

美味しい国産ワインも置いてある、ランチはパンがおかわり自由のパン屋さん

口コミ(8)

    京都ブルワリーさんに行く前にコーヒーが飲みたくなりピットイン。 時間帯が遅く殆どのパンは売り切れてましたが(人気ですね)ごまがまぶしてあるパンを切っていただきアイスコーヒーと共に頂いてきました。 ごまパンはこのままでも美味しいけれどチーズ等をのせたらワインのお供にピッタリだと思い半分持って帰りました。 アイスコーヒーは少しだけ量が少ないかな。

    【京都観光&パン屋巡り其の14】 大阪のパン好きでは知らぬ者はいないと言われるル・シュクレ・クール、そのシュクレさんで長年修行されてた方が開いてるお店です。 名神高速と京滋バイパスの交差したすぐ側にあり、周囲も特に何もなく、最寄の駅からは徒歩で1時間近くかかると足がないと非常に厳しいアクセスの悪さ。それだけにシュクレと違って並ばなくてもいいのがポイント高い。パンも全体的に小ぶりでその分値段も手頃。また店内にはイートインできるコーナーもあります。 あと開店は8時ですが、この時間で殆どの商品が揃っています。ハード系メインのお店と言うと早くても10時、場合によっては12時にようやく焼きあがるのが多い傾向にありますがオープンと同時に全力全開。いいですよねこういうの。 【クロワッサン】(200円) イートインで食べました。層の密さはそれほどでもないですが、丁寧な折り込みと綺麗な焼き上がり、サクサクかつパリパリなクロワッサンの軽妙な口当たりは至福の領域に。バターの芳醇な香りはしっかりありますが、それでもやや大人しい部類に入るので上品なクロワッサンよりバター感満載のクロワッサンを求める方にはオススメできません。 【パン・オ・フロマージュ】(240円) フロマージュ系はリベイクすると映えると言いますが、リベイク後の香りの大放出もまたフロマージュの醍醐味です。艶のあるもちもちの生地にチーズをたっぷり練りこみ、表面にも大量にチーズを乗せて焼き上げたそれはまさにチーズの宝石。地味に周囲のチーズ羽がチーズ感を加速させているのもポイント。 【シュークルート】(240円) バゲット生地を使った惣菜パンで、極太のぷりぷりパリパリのソーセージをバゲットに挟んだパン。ジューシーなソーセージに添え付けのザワークラウトの酸味が非常にいいアクセントとなっておりソーセージの油分を巧妙にインターセプト。惣菜パンに抵抗がないならとにかくオススメのパンです。 【ベーコン】(210円) 密かにリピーターを増やしまくってるらしいベーコンを挟んだフランスパン。分厚いベーコンをドカッと詰め込んで焼き上げただけの無骨なパンですがそれだけにベーコンの旨みと生地の美味しさが試されるというこのお店の実力を計る試金石とも言うべきパンと言えましょう。 【フリュイセック】(240円) レーズン、いちじく、ブルーベリー、くるみ、レモンピールが練り込まれたフリュイ系でシュクレのレ・サンク・ディアマンのミニサイズ版と言った感じ。パリパリのハード生地にドライフルーツがこれでもかと言うほど詰め込まれてこれぞフリュイセックという贅沢さを味わえます。 【フリュイルージュ】(230円) フリュイセックと同じくドライフルーツを詰め込んだフリュイ系でこちらはストロベリー、ブルーベリー、クランベリーのいわゆるベリー系。香り付けにレモンピールも配合しており、フランボワーズエキスを生地に練りこんでるせいかやや赤みがかった生地で香りも甘酸っぱい。 甘酸っぱさ重視のベリー好きにはフリュイセックよりもこちらでしょう。 【パン・クール】(220円) ホワイトチョコとクランベリーを練りこんだハート型のパンです。シュクレにも同じパンがありますが、あちらが生地の口当たりの良さを楽しむパンだとしたらこちらは甘さを高めた嗜好性の高いパン。もっちりした生地にクランベリーの甘さと表面のグレーズがねっちりとした歯応えを生んでおりスイーツ的な要素が高いパンです。 【バゲット】(290円) シュクレと言えばバゲットである以上、ここも同じのを期待してましたが方向性がかなり違う感じでした。シュクレのバゲットの代名詞である極上の香りは控え目で、最近少しずつ増えつつある1本クープ。 注目すべきはクラストで、クラストとクラムの境界線が完全に仕切られてるようにまさに皮。この皮を噛み続ける事で甘みと香りが溢れ出てくる仕様で、パリパリの歯応えあるクラストを楽しむバゲットではなく噛み締める楽しさを味わうバゲットでスプレッドを使うよりもカスクートなどのサンドに向く。 総評です。パンの味、値段、接客、どれも良好。修行元のエッセンスを色濃く残しながらもシェフ御自身のパンに独自の解釈を持たせておりシュクレ・クールと全く同じ味を求めると意外な不意打ちを食らうかもですが、どれも高いレベルで安定してるという安心感が強みで特にハード系好きの人にオススメできます。 しかし一方でアクセス面ではお世辞にも良好とは言えない。阪急京都線の大山崎や西山天王山、京阪の淀、このトライアングルのど真ん中にあるので徒歩だと1時間は覚悟。だからこそ並ばずに買えるとも言えるのですがサンクさんに来るには足の確保は急務でしょう。ごちそうさまでした。 #京都パン屋巡り #ハード系

CINQ painの店舗情報

修正依頼

店舗基本情報

ジャンル
  • パン屋
  • スイーツ
  • 洋菓子
  • カフェ
営業時間
定休日
予算
ランチ
~1000円
ディナー
営業時間外
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス            
        JR東海道本線(京都線)(京都~大阪) / 長岡京駅 徒歩25分(1.9km)
阪急京都本線 / 長岡天神駅 徒歩27分(2.1km)
阪急京都本線 / 大山崎駅(2.4km)            

                    ■バス停からのアクセス            
        日本交通 米子〜京都線 名神大山崎 徒歩3分(170m)
阪急バス 長岡京線1 大山崎町体育館前 徒歩3分(220m)
近鉄バス 京都・大阪⇔熊本 名神大山崎 徒歩4分(310m)            

          
店名
CINQ pain サンクパン
予約・問い合わせ
075-874-4159
お店のホームページ

特徴

利用シーン
  • 朝食が食べられる
  • ランチ

更新情報

最初の口コミ
ハシモトユリコ
最新の口コミ
たなか けいじ
最終更新

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ PayPayを使いたいお店をリクエストをする際は こちら からお問い合わせください。

このお店は以下のお店が移転した店舗です

移転前の店舗情報は次のリンクからご確認できます。


人気のまとめ

CINQ painの近くのお店

長岡京のカフェ・スイーツでオススメのお店

京都の新着のお店

CINQ painのキーワード

CINQ painの近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

長岡京周辺のランドマーク

お店の掲載テーマ

075-874-4159