新ばし

しんばし

予算
~3000円
~4000円
最寄駅
JR東北本線(黒磯~利府・盛岡) / 花巻駅 徒歩11分(810m)
ジャンル
寿司 うなぎ
定休日
不定休
0198-23-2800

宮沢賢治が好んで食べたという鰻重は今も健在。味と内容に納得の寿司割烹店

口コミ(2)

    温泉の帰りにうな重いただきました! 注文してから仕込むらしく、40分ぐらいでうな重到着!腹減った! うなぎフワフワで美味い!

    宮沢賢治が♫ブッシュへ行こう〜♬と云っては天ぷらそばとサイダーを求めて良く通われていたという『やぶや』さんの角を右に曲がり少し足を進めた先には『鰻重』をお目当てに足繁に通われたという『新ばし』さんという料亭が往時あったという。現在では料亭の看板を下ろし寿司割烹の店へと業態変更をされたようですが賢治が好んで食べたという『鰻重』は今も健在。注文を受けてから地下にある生簀の中の『活鰻』が割かれ調理される為、供される迄の待ち時間は大凡45〜50分程、程無くして席に運ばれて来た塗り盆の上には主役の『鰻重』に肝吸い、色彩鮮やかな香の物に『氷頭なます』の小鉢という内容。重箱の中に横たわった蒲焼は身崩れして見映えはイマイチでしたが適度な蒸しが入れられ浅焼きで仕上げられた蒲焼はその食感からおそらく『新子鰻』が使われているのであろう。新子鰻とは養殖期間が一年未満の鰻のことで適度に脂ののった身は箸で持ち上げるのにひと苦労する柔らかさ。注ぎ足し注ぎ足し使われているという蒲焼のタレは粘度はないが店の歴史を感じさせる奥深い味わい。蒲焼の下には硬めに炊き上げられた理想的なごはんが敷き詰められていました。このごはんも甘みがあって美味でタレと香りだけでも箸が進みます。肝吸いはケミカル感という言葉は無縁のもので種の肝は苦袋やレバーの部分も付けたまま使われていました。香の物は赤蕪に沢庵、胡瓜と色とりどり、鰻重に欠かすことの出来ぬ『奈良漬』も勿論ふた切れ添えられていました。小鉢の氷頭なますは珍味であり個人的には不要と感じましたが独特の食感が愉しむことが出来、酒のアテにするならばうれしい一品かと…。活鰻の高騰が続き以前は弐千円で戴けた當店の鰻重も五百円の値上げ、しかし弐千五百円でこの味と内容ならば充分納得モノかと…。 ⭐×3.5

新ばしの店舗情報

修正依頼

店舗基本情報

ジャンル
  • 寿司
  • うなぎ
営業時間
定休日
カード
不可
その他の決済手段
  • PayPay
予算
ランチ
~3000円
ディナー
~4000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス            
        JR東北本線(黒磯~利府・盛岡) / 花巻駅 徒歩11分(810m)            

                    ■バス停からのアクセス            
        花巻市バス ふくろう号 右回り 花巻市役所 徒歩2分(94m)
岩手県交通 天下田団地線 天1 花巻市役所前 徒歩2分(94m)
花巻市バス ふくろう号 右回り 吹張町 徒歩2分(160m)            

          
店名
新ばし しんばし
予約・問い合わせ
0198-23-2800
宴会収容人数
35人

席・設備

座席

65席

個室
なし
喫煙席
あり
貸切
貸切不可
お子様連れ入店
たたみ・座敷席
なし
掘りごたつ
なし
テレビ・モニター
なし
カラオケ
なし
バリアフリー
なし
ライブ・ショー
なし
バンド演奏
不可

特徴

利用シーン
  • 日本酒が飲める
  • ランチ
  • 接待
  • 宴会・飲み会
  • おひとりさまOK
  • 忘年会
  • ご飯
  • 新年会
  • PayPay決済可

更新情報

最初の口コミ
Loro Piana
最新の口コミ
Keita Kitamura

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ 「PayPayが使える」と記載があるがご利用いただけなかった場合は こちら からお問い合わせください。

新ばしの近くのお店

花巻のすし・魚料理でオススメのお店

新ばしのキーワード

新ばしの近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

花巻周辺のランドマーク

0198-23-2800