バーン・タム 本店 Baan Tum


予算
~1000円
~4000円
最寄駅
東京メトロ副都心線 / 東新宿駅(B1) 徒歩5分(380m)
ジャンル
タイ料理
定休日
毎週月曜日
もっとみる
03-3205-5661

伝説の料理人タムさんが腕をふるう、本格タイ料理レストラン

店内に一歩入ると、ここが日本であることを忘れてしまうほど異国情緒に溢れていると人気になっているタイ料理の名店です。タイ料理専門店だけあって、タイの家庭料理を始めとした豊富なメニューが揃っており、なかでも野菜を使ったタイ料理の数々は絶品だと話題になっています。アルコールメニューも多いので一風変わった酒席にもおすすめ。

口コミ(92)

    【タイ料理の鬼才!タムさん】 国内有数の エスニック料理の宝庫・新大久保 本日の訪問先は、 天才タイ料理シェフのタムさんの 『バーン・タム』です 2011年に初来日したタムさん。 シェフとして数々のタイ料理店を渡り歩き、 「厨房で腕を振るった店は繁盛する」と伝説に …そして2016年に ファン待望の『バーン・タム』開店。 店の入口にはアイドルのブロマイドよろしく 飾られるタムさんの自画像。 実はワタシ、 この店に来るのは2回目。 前回は、 3年前に社内研修で 熊本から上京した時だ。 宿が東新宿だったので 近場で評価が高いコチラに立ち寄ったが、 訪問時刻がL.O過ぎてしまい 丁重に断られたのだ。 まさか転勤で 新大久保がランチ徒歩圏内となり、 こうやってリベンジの機会が来るとは なんとも因果な話だ(笑) ■カオ・パッ・カパオ …1,280円  「カオ=ご飯」  「パッ=炒める」  「ガパオ=(ホーリー)バジル」 ゴロゴロした肉は鶏豚牛。 画像の通り粒が大きく、 それぞれの食感を明確に感じつつ、 さて味なんですが、 「塩気とニンニク、香辛料」の3要素が 濃い味でメリハリが非常に効いておりますよー ワタシ自身は、 タイ料理に対して全然深くありませんが、 これが「現地感ある味」という事でしょうか? 個人的には許容範囲、というかパンチがあり むしろ好きな味ですね そして、、、 ホーリーバジルのフレッシュさとの コンビネーションに癒されます 正直ちょっと割高だなぁと最初思いましたが、 この味が食べられるのなら、 対価払っても全然惜しくない 大変美味しくいただきました ~あとがき~ 以上、3年越しの 『バーン・タム』リベンジ訪問でした~ 非常にパンチある 《印象に残るガパオライス》がいただけました 前に訪問した山西省の麺料理や、 ミャンマー料理もそうですが、 各国料理の中でも 本場かつマニアックなものが揃い、 飽きが来ない新大久保エリア。 あと何年ここで 勤務するか不明ですが、 せっかく面白いエリアに来たので、 色々食べて経験値積み 出ていく頃には 各国料理をLv.99までレベルアップして カンスト状態にしたいなぁと 密かに思うのであった(笑) #タイ料理のレジェンド #現地感ある味付け #東京 #新大久保 #東京食べ歩き

    初めてのタム様。 こども連れということもあり、辛いものはナシ。それでもホンモノ感溢れる味と複層的な香りで、タイ料理の懐深さを感じられました。こどもたちも美味しいを連発。 しかし、ほぼ初めて食した料理につき、料理名は全く覚えられません。 店員さんと思しき女性は多数いるが厨房には男性一人の様子。彼がタムさんなのかわからないが、あれだけの混雑でもテキパキと料理が出てくるあたりもすごいのです。そんなところも気分がよいのでした。

    いつもいいね、ありがとうございますヽ(・∀・)ノ 今回は上司にお誘いいただき、新大久保にあるタイ料理の人気店でもあるこちらに初訪問してきました。 タムさんという「伝説のシェフ」が腕を振るうお店とのこと。入口や店内には芸能人が訪問した記念写真がズラリ。 昼11:05頃に3名で訪問。先客ゼロ。 【ヤムウンセン】 【ガパオライス】 【パッタイ】の3種をオーダーしシェア。 ⚫ヤムウンセンは辛さが調節可能とのこと。調節無しでオーダーしましたが、かなり後を引く辛さです。春雨にムラサキタマネギ・パクチー・豚のひき肉などが混ぜられています。砕いたピーナッツが食感のアクセントになっていますね。 ⚫ガパオライス タイ米に炒めたひき肉が食欲をそそる一皿ですね。 ⚫パッタイ 桜エビの甘さが引き立つライスヌードルを炒めた一皿。 ☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆ タイの屋台や家庭の味を味わえる地元感(現地感)の強いお店ですね。 また伺います!

バーン・タム 本店の店舗情報

修正依頼

店舗基本情報

ジャンル
  • タイ料理
営業時間
定休日
カード
不可
その他の決済手段
  • PayPay
予算
ランチ
~1000円
ディナー
~4000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス            
        東京メトロ副都心線 / 東新宿駅(B1) 徒歩5分(380m)
JR山手線 / 新大久保駅 徒歩7分(530m)
東京メトロ副都心線 / 西早稲田駅(出入口3) 徒歩9分(680m)            

                    ■バス停からのアクセス            
        都営バス 橋63 新大久保二 徒歩2分(150m)
都営バス 橋63 大久保通り 徒歩5分(370m)
都営バス 橋63 都営戸山ハイツ 徒歩6分(480m)            

          
店名
バーン・タム 本店 Baan Tum
予約・問い合わせ
03-3205-5661

席・設備

座席

22席

個室
カウンター

特徴

利用シーン
  • ご飯
  • PayPayが使える

更新情報

最初の口コミ
Kokubo Satoshi
最新の口コミ
Taro Nakayama
最終更新

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ 「PayPayが使える」と記載があるがご利用いただけなかった場合は こちら からお問い合わせください。

人気のまとめ

バーン・タム 本店の近くのお店

新大久保のアジア・エスニックでオススメのお店

東京の新着のお店

バーン・タム 本店のキーワード

バーン・タム 本店の近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

お店の掲載テーマ

03-3205-5661