招福萬来 みらく しょうふくばんらい みらく


予算
~2000円
~2000円
ジャンル
居酒屋 ラーメン 餃子
もっとみる
024-595-2221

円盤餃子の優しい味はもう1度食べたくなる、長年信頼されているお店

口コミ(5)

    創業50年。 震災後、この街も変わってしまった。 もう、夜に営業している飲食店はこの店くらいだろう。 華やいでいた過去の温泉街も、たった一つの出来事で大きく運命が変わってしまう。 随分と早い時期から円盤餃子も提供してきたんだよね。 野菜がタップリで化学調味料も使ってない。 優しい優しい餃子なんだ。 「もう歳だがんねぇ。まわりはみーんなやめちまったんだけど、家賃ねーがらどうにかやってきたんだぁ」 そう微笑みながら、柔らかい話口調で、そう話してくれた。

    土湯温泉街に夜から始まるちょっとした飲み屋さんがある、そう、震災前は華やかだった温泉町、震災後から町の店は次々と閉めてしまった、これが現実。 この店もやめようやめようと何回も思ったそう、でも温泉町を想い続けている。 40年以上から続けている円盤餃子は、注文してから優しく包み込み香ばしく焼いてくれる。寒い夜もこの湯気が更に美味しくさせる。 続いてほしい、そう思った雪の夜。

    つづきました(笑)。 二度目の訪問は『土湯温泉』旧【天景園】 さんへの宿泊の時です。 なぜ今回、旧【天景園】さんにしたかというと、そこしか空いてなかったからです(笑)。 予約がおそすぎました(汗)。 …それくらい、当時の『土湯温泉』はにぎわっていましたね。 この時は両親との旅行でした。 福島駅前で蕎麦をいただき、途中、『高湯温泉』【旅館 玉子湯】さんで立寄湯。 元々、国鉄ではたらいていた父親は、民営化後に団体旅行全盛の時代に添乗員の仕事をしていた為、日本全国、温泉地を中心にいったことがない所がありません。 その父親をもってしても、これだけ白濁としたお湯はみたことがないそうです。 …ええ、最高の温泉です。 その後、有料の『磐梯吾妻スカイライン』を利用して景色をながめつつ『土湯温泉』をめざします。 が、この日は霧(靄?)がかかっていて、残念ながら景色はまったくたのしめませんでした。 途中、レストハウスによります。駐車場が有料です(汗)。 「通行料はらった上に、駐車場代までとるのか…。しかも、けっこうたかい…。」 でも、せっかくだからよってみます。 常に満車状態だけあって、中は人でごったがえしています。 とりあえず、ここで今回の旅行のお土産をゲット♪と、なぜか売っているのをみるとたべたくなる【岩魚の塩焼】を、人ごみをさけて車の中でいただきます♪…うん、まちがいのないおいしさです。 さて、いよいよ『土湯温泉』をめざします。 『磐梯吾妻スカイライン』をおりて、いつかかならずいってみたい『新野地温泉』【相模屋旅館】さんを横目にむかいます。 また、だいすきな温泉街にこれました♪ とりあえず、【玉こんにゃく】をいただきます♪ やっぱり、おいしい! と、ここで昼間はしまっている『みらく』さんを父親が発見。 「夕食たべた後、いぐべなっ。」 気になったようです(笑)。 旧【天景園】さん、とってもくつろげるお部屋でしたね。 気もちのいい温泉をたのしみつつ、両親宿泊の部屋でくだらない話をしつつ、夕食をまちます。 夕食後、“旅”にビールがかかせないわたくしは、旅行中ずっとのみつづけていた為、部屋にもどってうっかりねてしまいました(汗)。 ガバッとおきたら、すでに10時をまわっています…。………やってしまいました(汗)。 両親はもう、ねているにちがいありません。 でも、とりあえず『みらく』さんへはむかいます♪ おそらくねているだろう両親の部屋をノックすることなく、再訪。 今回はあの【餃子】をおもいっきりたのしむ為、【ラーメン】は注文せず、【餃子】をビールでいただきます♪ 「ん〜、やっぱりおいしい!」 …この【餃子】、最強です。 …翌朝、朝食をたべながら、昨晩『みらく』さんにいって【餃子】がめちゃくちゃおいしかったことを話すと、父親が「なんだれぇ!」 …きけば、その時間、まだおきていたらしく、いつさそいにくるのか、まっていたらしい…。 ………すまぬ。 過去、何度となく両親と温泉旅行をしていますが、実家で思い出話をしていて『土湯温泉』の話になった時に、「いやぁ、あの【餃子】はサイコーだったね。」いうと、いまだに父親はくやしがります(笑)。 さて、なぜ旧【天景園】さんといっていたかというと、そう『東日本大震災』です。 風評被害といいますが、風評じゃありません。完全に観光業をはじめ、ありとあらゆる福島の産業が害をこうむっています。 いかりがこみあげてきます。あの原発の利権にみちたトライアングルに。が、ここはRettyなので、ここまでにしておきます。 あ、でもやっぱり一言いっておきます。 「『うつくしま福島』をかえせ!!」 こちら【天景園】さんも、客が激減したようで廃業されたことをしりました。…ショックでした。 たのしかった旅行のピースがひとつ、うしなわれてしまったことに、両親とかなしい気分になったことをおぼえています。 が! なんと、元従業員の方が旅館をリニューアルして、『福うさぎ』さんとして再出発されたそうではないですか! とても困難な道のりだったそうです。ええ、きっとわたくしたちが想像する以上に困難だったとおもいます。 心から応援しています。 またかならず両親と『土湯温泉』にいって【玉こんにゃく】をたべて、今度こそ『みらく』さんの【餃子】を両親といっしょにたのしみます♪ おしまい。 (写真はネットからのものです。)

招福萬来 みらくの店舗情報

修正依頼
ジャンル
  • 居酒屋
  • ラーメン
  • 餃子
予算
ランチ
~2000円
ディナー
~2000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス                  

                    ■バス停からのアクセス            
        福島交通 204 土湯温泉 徒歩3分(240m)
福島交通 204 杉の下 徒歩4分(310m)            

          
店名
招福萬来 みらく しょうふくばんらい みらく
予約・問い合わせ
024-595-2221

特徴

利用シーン
  • ランチ
  • 昼ごはん

更新情報

最初の口コミ
阪田 博昭
最新の口コミ
t.shintaku

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ PayPayを使いたいお店をリクエストをする際はこちらからお問い合わせください。

この店舗の運営者様・オーナー様へ

Rettyお店会員にお申し込みいただくと、お店のページをPRしたり、店舗情報の編集をすることができます。

スマホ決済はPayPay!初期費用・決済手数料・入会手数料が0円で導入可能です。

人気のまとめ

福島市の居酒屋・バーでオススメのお店

中通りの新着のお店

招福萬来 みらくのキーワード

招福萬来 みらくの近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

福島市周辺のランドマーク

024-595-2221