松尾ジンギスカン 本店 まつおじんぎすかんほんてん

48人がオススメしています 口コミをみる

予算
~2000円
~5000円
最寄駅
JR函館本線(小樽~旭川) / 滝川駅 徒歩15分(1.2km)
ジャンル
ジンギスカン ソフトクリーム 羊肉
定休日
無休
もっとみる
0125-22-2989

北海道遺産に指定された「ジンギスカン」を味わえるお店

口コミ(24)

    ひとりぼっちの自宅ジンギスカン。 何だかんだ言って北海道民の真のソウルフードはジンギスカンです。 花見と言えばジンギスカン、遠足もジンギスカン。運動会、海水浴、めでたいとき、めでたくないとき、嬉しいとき、嬉しくないとき。 河原で、海で、山で、公園で、庭先で、他人の私有地の空き地で。 いつだってそう、年がら年じゅうジンギスカンをしています。 ショックなことを言うと北海道のジンギスカンの殆どはニュージーランドやオーストラリアからの輸入肉です。 サホークの様な極上の肉質を持つ羊は北海道にいることはいるけれど、あの人気店も、あの有名店も、あの老舗店も現実は輸入肉を使っております。 国内畜産業の衰退、貿易協定など大人の事情もあるのでしょうが、そもそも北海道民が羊を食べ過ぎて生産が需要に間に合わないのだと思っております。 ではなぜ、東京や他の地と変わらない輸入品を使っているのに北海道で食べるジンギスカンは旨いのか? 私見では以下の3つの要素が理由であると思っております。 1.たれ 2.気候 3.焼き方の技術 大体の北海道の肉屋は自家製のタレに漬け込んだ味付マトンを売っています。 生ラムよりも味付けジンギスカンの方が一般的だと思います。 評判になった旨い肉屋や焼肉屋のタレはOEMによる小売製品化という道が待っています。 松尾ジンギスカンは老舗中の老舗。 今や銀座にまで店がありますが、私の子供の頃は安くて手軽な大衆ジンギスカン屋でした。 今でこそミディウムレアで頂けるラムチョップや生ラムが世間に流通していますが、昔の羊は確かに臭いました。 だからこそ松尾の様に香味野菜と果実がベースのフルーティなタレに漬け込む必要があったのです。 先日、運良く羽田で北海道フェアに遭遇し、喜び勇んで鹿児島まで持って帰りました。 更に運の良いことに鹿児島では大変珍しい生ラムをスーパーで見つけたので、生ラムと味付けラムの2種類のジンギスカンをすることにしました。 タレは北海道ではお馴染みのベル食品のもの。 経験上、羊に合う薬味はパクチーとローズマリーとクミンシードと赤唐辛子です。 パクチーとローズマリーが手に入らなかったので、今回はクミンシードを空炒りして、すりおろしたニンニクと七味屋の山椒の香り高い七味唐辛子をベル食品のジンギスカンのタレに混ぜて生ラムを頂きました。 旨いっ! みんな後悔したらいい! 何しろ鹿児島の人は羊を嫌います。 この度も自宅ジンギスカンに誘うや否や、みんなして急に用事ができたり、飼ってもいない愛犬が危篤になったり、そもそもひいてもいない風邪がぶり返したりと、皆言い訳に必死です。 どんな国に居ても宗教的戒律が無い羊肉に不自由したことが無いのに…。 鹿児島はまさしく羊食後進国です。 (牛豚鶏が異常に美味いからか?) 話を戻すと、昔から羊を食べるしかなかった北海道のフロンティアは臭みを取るために、硬いマトンを柔らかくする為に、タレのクオリティ向上に研鑽を重ねたのです。 タレが美味いのは歴史の賜物です。 次に気候。 梅雨の無い北海道は空気が乾燥しています。 夏は日中は照りつける太陽が暑くても木陰は涼しく、朝晩は涼やかな風が吹き抜けます。 そんな中で食べる物はもちろん、ビールが美味く感じるのは当然です。 そしてビールに合うのはジンギスカン! うまくできています。 最後に焼き方。 アジアの羊食の牽引者と言えばモンゴル帝国初代皇帝チンギス・ハーン(ジンギス・カーン)です。 彼の帽子の形に似ていると言われるジンギスカン鍋は、てっぺんに羊脂を置き、上部で肉を焼き、下に流れてくる肉の脂で野菜が香ばしく焼き上がるという優れものです。 都内のジンギスカン屋でよく見た光景は、肉や野菜の位置を考えずにとにかく鍋に乗せて焼いてしまう人達の姿。 せっかくのジンギスカンが台無しです。 羊を2度殺してはいけません! 因みに私が使っているジンギスカン鍋は亡くなった祖母から譲り受けたもの。 正確には認知症を発症したときにこっそり盗み出した物です。 おそらく60〜70年位の歴史があると思います。 重さ3kgはある南部鉄の黒光りしたジンギスカン鍋は使えば使うほど肉も野菜も美味しく焼けます。 熱伝導率が異常に高く、肉汁を閉じ込めたまま表面をジュッ!と焼き上げてくれます。 そして〆は「ジンギス焼うどん」で決まりです。 どんなに食通と自負されている方でも、ジンギス焼うどんをご存知の方はそうは居ません 。なぜなら、私が勝手につけた料理名だからです。 漆黒のジンギスカン鍋に、残った松尾ジンギスカンの肉片とタレを玉うどんにぶっかけて玉ねぎ、もやし、ニラ、えのき茸をぶち込んで、炒めるだけ。 仕上げにベル食品のタレを加えて、一気にすするともう堪りません!

    こちらのお店は格別だった。 お土産店でよく見る松尾ジンギスカン。 ラム肉が分厚く甘口の松尾ダレ?との相性が抜群である! あまりの美味さに昼は焼きそばランチ、夜は特上ラム肉とラム肉焼き、そう!1日に2回も訪店してしまった(^◇^;) 女性だけでランチをしているくらいなので女性も必見ですよ!

    午後2時までなら、特上ラム、或いは特上ラムとマトン2種盛合せのスペシャル定食がお薦め。ご飯はお代わり自由です。自分で焼くのが初めての人は、お店の人に教えてもらうようにね❤ #シルバーウィークキャンペーン #食欲の秋キャンペーン #食欲の秋キャンペーン

松尾ジンギスカン 本店の店舗情報 修正依頼

ジャンル
  • ジンギスカン
  • ソフトクリーム
  • 羊肉
営業時間
定休日
カード
  • VISA
  • Mastercard
  • AMEX
  • Diners
  • JCB
予算
ランチ
~2000円
ディナー
~5000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス            
        JR函館本線(小樽~旭川) / 滝川駅 徒歩15分(1.2km)            

                    ■バス停からのアクセス            
        北海道中央バス 滝芦線 滝川市役所 徒歩4分(260m)
北海道中央バス 滝芦線 産経会館前 徒歩5分(340m)
北海道中央バス 歌志内線 開発局前 徒歩6分(410m)            

          
店名
松尾ジンギスカン 本店 まつおじんぎすかんほんてん
予約・問い合わせ
0125-22-2989
お店のホームページ

席・設備

座席

1100席

(宴会最大人数600名)

個室

7人用以上

カウンター
喫煙席

特徴

利用シーン
  • ランチ
  • 女子会
  • 結婚記念日
  • おひとりさまOK
  • 歓迎会
  • 送別会
  • 食べ放題
  • 飲み放題
  • 朝食が食べられる
  • ご飯
  • 忘年会
  • 新年会
  • 喫煙可
  • 個室
  • 大人数の忘年会
  • 5000円以下の忘年会

更新情報

最初の口コミ
Asami Takeuchi
最新の口コミ
Ryutaro Nomura

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。

この店舗の運営者様・オーナー様へ

Rettyお店会員にお申し込みいただくと、お店のページをPRしたり、店舗情報の編集をすることができます。

スマホ決済なら初期費用・手数料0円のPayPay!今ならオトクなキャンペーン実施中!【3/31まで】

人気のまとめ

松尾ジンギスカン 本店の近くのお店

深川の焼肉・ステーキでオススメのお店

北海道の新着のお店

松尾ジンギスカン 本店のキーワード

松尾ジンギスカン 本店の近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

深川周辺のランドマーク

お店の掲載テーマ

0125-22-2989