理想のハイボールは六本木で見つかる!!「ジョニーウォーカー ハイボールスタジオ」でおいしいクラフト体験しませんか?

2017/09/08 芳賀 直美

 

提供:キリン・ディアジオ株式会社

 スコットランド生まれのウイスキー「ジョニーウォーカー」。ブレンドという“進化”を繰り返しながら、常に理想を追い求めているお酒です。そんなコンセプトにぴったりな「ジョニーウォーカー ハイボールスタジオ」が、六本木ヒルズに期間限定でオープン。自分好みのハイボールを作れると聞きつけ、どんな体験ができるのだろうとワクワクしながら、早速、試飲会会場へ向かいました。

六本木がハイボール天国に!? ウェルカムハイボールで乾杯!

今回参加してくれたのはモデル活動やテレビ出演など幅広く活動されている友稀サナさん。

会場は六本木ヒルズ内にある「ヒルズカフェ」。到着すると、すでに若い女性を中心にたくさんのお客さんが集まっています。

ところで皆さん、ジョニーウォーカーがどんなお酒かご存じでしょうか? 

ジョニーウォーカーは1820年スコットランドで生まれ、以来200年近くにもわたり、様々なブレンドを試み、理想のウイスキーを追い求めてます。その中でも「ジョニーウォーカーブラックラベル 12年」は、スモーキーさ、「甘み(フルーティさ)」、「樽香(ウッディさ)」を筆頭に複層的な味わいが特長で、著名なウイスキー専門家から「ブレンドの傑作」とも評されるなど、高い評価を得ています。

そんなジョニーウォーカーを満喫するため、まずはベーシックなハイボールで乾杯! ソーダと1:3で割ったシンプルな「ジョニーウォーカー アルティメットハイボール」(500円)は、「ジョニーウォーカーブラックラベル 12年」本来の味わいをピュアに楽しめる一杯。

自分好みの味を選べる「ジョニーウォーカー クラフトハイボール」に挑戦!

すっきりおいしい「ジョニーウォーカー アルティメットハイボール」でのどを潤したら、いよいよ今回のメインである「ジョニーウォーカー クラフトハイボール」(500円)に挑戦しましょう!まずはカウンターに向かい、メニューを見ながら3種類のフレーバーを選びます。

3種類のうち「英国産ソルト」は固定のため、残りの2種類を甘みのある「SWEET」、樽香を引き立たせる「Woody」の中から1つずつ選びましょう。オーダーシートを渡したら、グラス、氷、レモン、ウイスキー、ソーダ水、そして3種類のフレーバーが揃ったクラフトハイボール一式が用意されます。

フレーバーは左から「英国産ソルト」、「ピンクペッパー」、「シナモン」。それぞれハイボールと組み合わせてどんな味になるのか楽しみです。

それでは、クラフトハイボール作りにチャレンジ! 各テーブルに置いてある説明書きを見ながら、1ステップずつ進めていきます。

1.グラスの縁にレモンを3/4周させる

フレーバーがつきやすくなるように、レモンの果汁をしっかりグラスの縁につけていきます。

2.フレーバーをつける
レモン果汁を塗った部分に、3種類のフレーバーをやさしくポンポンとつけます。1種類つけたらグラスを少し回転させ、その隣に別のフレーバーをつけていくイメージ。味が濃くならないよう、フレーバーの量は調整しましょう。

3.氷、ウイスキー、ソーダ水を入れる
あとは普通のハイボールを作るのと同じ要領で作っていきます。ウイスキーとソーダ水は1:3の割合がおすすめです。

4.軽くステアしたら完成!
マドラースプーンをグラスに入れ、底をノックするように叩けばOK。炭酸が浮き上がり、自然と全体を混ぜてくれるのだとか。

これでマイ・クラフトハイボールが完成しました!レモン果汁をつけていないグラスの縁1/4に口をつければピュアなハイボールが、それ以外の部分で飲めば各フレーバーのブレンドを楽しめます。

ただし、フレーバーのつけすぎには要注意。たとえば、欲張って英国産ソルトをたくさんつけてしまうと……

「……んっ?」

「しょっぱ~~~い!!」

ちょっとつけすぎてしまいました……。でも、こんな風にいろんなフレーバーを試しながら、次はこれにしようかな?こっちの味はどうかな?なんて考えるのもクラフトハイボールならではの楽しみ方です。

ちなみに甘くてスパイシーな香りのピンクペッパーは、ジョニーウォーカーの味わいにより深みが加わったように思います。もう一つのシナモンは、味に大きな変化はないもののウッディーな香りが強くなったのが印象的でした。

他にもいろんな味を試したい!ということで再チャレンジ。次は英国風ソルト、ココナッツ、アーモンドです。

今度はつけすぎないように、少しずつ少しずつ……。2回目となるとコツを掴めてきて、さらにおいしくクラフトハイボールを作ることができました。ココナッツの甘い香り、アーモンドの香ばしさが絶妙です!

おしゃれな制作工程ムービー、インスタジェニックな写真をシェアしよう!

今回のイベントでは、食の動画メディア「Tastemade」協力の元、オリジナルムービーが撮影できるのも目玉の一つです。各テーブルにスマホを固定できるアームがついているので、クラフトハイボールの制作工程を撮って特設サイトにアップすると、おしゃれに編集された動画が届くというもの。楽しい思い出を動画で残せます。

そして会場にはフォトジェニックなブースがたくさん! おいしいハイボールを楽しんだ後は、写真をたくさん撮って友達にシェアしちゃいましょう。

ジョニーウォーカーの新しい楽しみ方に出会える「ジョニーウォーカー ハイボールスタジオ」は、9月24日(日)までの期間限定。“一番おいしいハイボール”を目指して、クラフト体験にチャレンジしてみませんか?理想の味が見つかったら、ぜひ自宅でも試してみてくださいね。

「ジョニーウォーカー ハイボールスタジオ」
場所:Hills café(六本木ヒルズ内)
住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズヒルサイド2階
期間:9月7日(木)から9月24日(日)
営業時間:平日17時~23時 土日祝12時~23時 ※ラストオーダーは22時半

PAGE TOP

Rettyグルメニュースとは?

Rettyグルメニュースは、 『食をもっと好きになる』メディアです!驚きや発見がある、美味しい話題を毎日お届けします!

Facebook

「いいね!」するだけ!
最新の人気グルメ情報をお届けします。