【リア充確定】コスパよすぎの夏の想い出。3000円でお釣りが来る「東京湾納涼船」

2017/08/02 尾花 友理

東京湾をクルージングしながら、夜景とお酒の飲み放題がたったの2,600円で楽しめる『東京湾納涼船』が運航しているとの情報を入手。およそ2時間のクルージングだけでもかなりのお得感があるのに、それに飲み放題までついてるってコスパ良すぎ!早速2,600円でどのくらい楽しめるのか、乗船してこの目で確かめてみましょう!!

梅雨明けしたはずなのに、あいにく大雨のこの日。出航できるの?という心配をしながら、出航場所の竹芝客船ターミナルに向かいました。

竹芝客船ターミナルといえば、伊豆・小笠原諸島に向かう船の発着地として有名ですが、毎年夏から秋にかけては、東京湾を周回する「東京湾納涼船」が運航しています。(今年は10月9日まで。台風の日を除く毎日運航)

東京湾納涼船はいつ頃から始まったのかを、東海汽船株式会社 広報宣伝室の柳場さんにきいてみると、なんと東京湾納涼船は昭和25年から運航しているとのこと。60年以上も歴史があったとはびっくりです。もちろん今のような大きな船ではありませんでしたし、東京の夜景もまだなく、涼しい海の上で夕涼みをする目的から始まったのだそうです。

今日乗船するのはこの船「さるびあ丸」です。想像よりずっと大きい!実はこの船、伊豆諸島まで行く客船なのだそう。最大で1,800人の乗船できるほどの大きな船。こんな大きい船なら多少の雨でも心配ないですね。

乗船時間の18時45分には既にチケットを持った人たちの行列が。この日は雨にもかかわらず、浴衣を着た人が目立ちます。実はこの東京湾納涼船は平日のみですが、浴衣を着て乗船すると乗船料が1,000円オフの1,600円になるのです!浴衣割引を始めて15年ほど経つそうですが、浴衣を着た乗客の数は年々増え、今ではおよそ1/3が浴衣姿なのだそう。納涼船に浴衣で乗船して夕涼みなんて、なんとも風情があって素敵。

早速乗船口に向かい、船に乗り込みます。 

 こんなに大きい船に乗る機会はなかなかないので、船に乗り込むと非日常感があって、旅に出るような気分でワクワクします。

乗船チケットに含まれている飲み放題では工場から直送の鮮度のいい生ビール、樽入りワイン、サワー、ソフトドリンクが楽しむことができます。

乗船券には含まれていませんが、500円単位で売られているフードチケットを購入すれば、バラエティー豊かなフードメニューも楽しめます。浴衣を着れば乗船+飲み放題で1600円になったので、料理は500円のものを2皿頼めば3000円内に収まります!こちらは目の前で焼いてくれる「ケバブ」(500円)。香辛料の香りが食欲をそそります。

 伊豆諸島名物「島寿司」(500円)は、東京湾納涼船でしか味わえない一品。船の中でこんな本格的なお寿司が、それも500円で味わえるなんてびっくり!これは絶対食べて欲しい一品です。

大人数におすすめな「乾杯セット」(1,000円)は、枝豆や唐揚げ、つくねなどビールがついつい進んじゃいそうな料理がぎっしり詰め込まれています。その他にもおつまみの定番の唐揚げやフライドポテト、焼き鳥、焼きそば、たこ焼きなどのメニューも充実。

やっぱりデザートも外せませんよね。こちらは串に刺したマシュマロにチョコレートソースを自分でかけることができる「チョコレートファウンテンマシュマロ」(100円)

ビールを片手に何を食べようかぐるぐる歩き回るのも楽しいですよ。

ついつい食べ物の話ばかりしてしまいましたが、東京湾納涼船の最大の魅力は東京の夜景

竹芝旅客ターミナルを出た船は、レインボーブリッジの下をくぐって東京ゲートブリッジまで進み、Uターンして竹芝旅客ターミナルまで戻る、およそ2時間のクルージング。その間に、お台場や羽田空港の夜景が見えます。この日はあいにくの雨だったため、夜景が綺麗に撮影できませんでした。ちなみに晴れている日の夜景の写真お借りしましたので、こちらをご覧ください。

晴れているとレインボーブリッジの後ろに東京タワーまで!これは晴れている日に再び訪れたい!と心から思いました。

そして船内のイベントステージでは、毎日歌やダンスのイベントも開催。

浴衣を着て激しいダンスを踊る「ゆかたダンサーズ」のダンスも見逃せません。一緒に歌って踊って盛り上がること間違いありませんよ。

浴衣姿も髪型もばっちりきまっている女子大生達に写真を撮らせてもらいました。夏休みで東京湾納涼船に乗るために埼玉から東京に遊びに来てた3人。夜景もお酒も料理も満喫しているそう。

もう少し誰かに話を聞かせてもらいたいと探していると、着物姿の素敵な外国人を発見。こちらの女性はオランダから観光で訪れているそう。この着物は京都で購入したもの。今日のために、見よう見まねで自分で着付けてみたのだとか。東京湾納涼船は海の上から東京見物ができるため、外国人観光客も大人気なのだそうですよ。

夜景を見て、飲んで、食べて、歌って、踊ってと色々楽しんでいると約2時間のクルージングはあっという間!レインボーブリッジをくぐってお台場の観覧車とフジテレビのイルミネーションが見えてきたら、間もなく着岸です。

しつこいようですが、夜景もお酒も歌もダンスも楽しめて2,600円やっぱりお得すぎ。乗客の約半分は毎年来ているリピーターだとか。なるほど、すっかり夏の恒例イベントになっているわけですね。※価格はすべて消費税込みです。

さて、お気に入りの浴衣を着て、優雅な気分で東京湾クルージングを楽しんだら、欠かせないのがSNS でリア充投稿ですよね。そんな人に嬉しい情報を入手しました!なんと、東京湾納涼船に乗って、写真を撮ってインスタグラムに「#東京湾納涼船思い出」とつけて写真を投稿すると、東京湾納涼船のペア乗船券が当たるチャンスがあるそうです!これは楽しい思い出を投稿するしかないっ!!

今年の東京湾納涼船は10月9日まで。週末は電話かインターネットでの予約が必須。早めに電話で予約をすれば、団体で個室を利用して宴会ができるプランもあるそう。沢山仲間を集めてみんなで夏の夜を楽しむのもいい思い出になりそう!詳しくはインターネットで確認してくださいね。

電話予約 :03-3437-6119 (毎日9:30〜20:00)

ホームページ http://www.nouryousen.jp/

PAGE TOP

Rettyグルメニュースとは?

Rettyグルメニュースは、 『食をもっと好きになる』メディアです!驚きや発見がある、美味しい話題を毎日お届けします!

Facebook

「いいね!」するだけ!
最新の人気グルメ情報をお届けします。