食べ過ぎても脂リセット!きのこわかめナムル 〜外食続きのリセットごはん vol.1〜

2017/04/17 尾花 友理

ランチやディナー。美味しい外食が続くと、ついつい気になるウェイトや健康。そんな毎日をちょっとリセットできる、簡単おうちごはんレシピを、管理栄養士の尾花友理さんが伝授してくれる新連載。第1回目は、誰もがこの時期気になる、脂カット。とっても簡単な常備菜を、冷蔵庫に準備しておきませんか?

【Q】

お酒の席の多いこの時期。お酒が進むおつまみといえば、やっぱり揚げ物!

美味しくてついつい食べすぎてしまいます。

で、気づけばもう春!薄着になる季節なのにヤバいと後悔!!

なんとかリセットする方法はありますか?


【A】

お酒と揚げ物は相性よく、箸もお酒も止まらなくなりますよね。

食事で摂った脂は小腸で吸収されます。海藻類に含まれる『フコイダン』きのこに含まれる『キノコキトサン』は小腸での脂の吸収を抑制し、体外へ排出しやすくしてくれるのです。

つまり、きのこや海藻を食べれば、余分な脂肪を吸収しにくく、また排出してくれるようになるのです!

選べるのであれば、外食時あぶらものを食べる際に海藻やきのこを使ったサラダや副菜を同時に食べるのが理想。でも、外食先ではなかなかメニューになかったり、自分の好きに注文するわけにもいかなかったりしますよね。

そんな時は、翌日きのこや海藻を意識的に摂って、脂の摂りすぎをリセットしましょう!

そこで、オススメなのは、常備菜にもできる、きのことわかめのナムル

レンジできのこを加熱した際に出る水分を乾燥カットわかめが吸ってくれるので、水っぽくならないすぐれもの!

冷めたら、保存容器に入れて冷蔵庫で3日保存ができます。

時間のある時に作っておけば、食べすぎた翌日も安心です。

【材料】

乾燥カットわかめ    5g

好みのきのこ    150g(2パック程度)

長ねぎ                   1/3本

いりごま            大さじ1/2

塩               小さじ⅙

こしょう      少々

ごま油                   大さじ1/2  

【作り方】

1.きのこを食べやすい大きさに切る。長ねぎをみじん切りにする。

2.1を耐熱ボウルに入れ、ラップをして500wのレンジで2分30秒加熱する。

3.乾燥カットわかめ、いりごま、塩、こしょう、ごま油を加え、よく混ぜ合わせる。

【レシピ】尾花友理:管理栄養士、フードコーディネーター

給食委託会社において産業給食、保育園給食などの献立作成及び給食管理、栄養相談など経験したのち、料理研究家のアシスタントとしてレシピ開発、料理講師、テレビや書籍の撮影アシスタントなどとして活動。その後、レシピサイト運営会社において管理栄養士として調理や食の安全に関す業務などに従事後、独立


  

PAGE TOP