米どころ宮城の最高傑作、”プレミアムひとめぼれ”の美味しさの秘密

米どころ宮城の最高傑作、”プレミアムひとめぼれ”の美味しさの秘密
米どころ宮城を代表するお米といえば、宮城県産 ”ひとめぼれ”。 国内生産量2位の人気品種であり、出会ったとたん「ひとめぼれ」するほど美しく・おいしいお米という由来通り、粘り・つや・うまみ・香りのトータルバランスが良い点で、いろいろな料理にぴったりの品種です。

ひとめぼれから、さらにワンランク上の美味しさを追求した”プレミアムひとめぼれ”
開発のコンセプトは、”環境にやさしい農業で手間を掛けて作ったお米”と”高い基準で厳選した甘さとツヤが最高のお米”。

"プレミアムひとめぼれ"の厳しい認定基準
※現在もこの基準で選定されています。 玄米たんぱく質含有率は、低いほうが粘りが強く食味が良いとされており、国内の流通米の平均が7%程度であるのに対して”プレミアムひとめぼれ”は6.3%以下という厳しいハードルを設定。

この厳しい審査基準により、”プレミアム”の名を冠するにふさわしい最高級の”粘り”と”旨味”を実現しています。
面白かった?つまらなかった? Facebookに感想をどうぞ!