ラッフルズホテルシンガポール Ruffles Hotel Singapore


不明

口コミ(8)

    <ティフィンルーム> シンガポールに行くならラッフルズホテル、 いえ、ラッフルズホテルに泊まりたくてシンガポールに初上陸です(๑•̀ㅁ•́ฅ✧ MRTの駅も近くにありとても便利ですが、 やはりここはタクシーで、 そしてターバン姿のドアマンにドアを開けてもらいます。 白を基調としたコロニアル風の歴史的建物、 パームコート・スイートのお部屋を予約しました。 ウエルカムドリンクのシンガポールスリングを頂きながらチェックイン、 お部屋ではウエルカムフルーツを バトラーに頼んでcutしてもらいます。 ティフィンルームでは、アフタヌーンティーか朝食か迷いましたが、 観光もしたいのでブレックファストを。 翌朝、聞きなれない鳥達の鳴き声で目覚めます。 早朝のパームコートの散歩の後、ティフィンルームへ。 朝食はお部屋でもプールバーでも頂くことができます。 ビュッフェ形式とオーダーできるメニューがあります。 先ずドリンクを注文し、主人と二人で、 ・フレンチトースト ・ラッフルズ特製オムレツ ・エッグベネディクト 3皿完食しました。 ティフィンルームの窓際の席で、 ポワロが「ティザン」を楽しんでいる、 そんな想像がピッタリな、素敵な情緒あるホテルでした。 朝からラグジュアリーな空間にどっぷり身を沈めてしまいました。*♡ॢ˃̶̤̀◡˂̶̤́♡ॢ*‧˚

    昨夜からシンガポールに来ています。 最近のシンガポールと言えばマリーナベイサンズ辺りが有名な場所になってますが、やっぱり、シンガポールに来たなっていう感覚を覚えるのは、ここラッフルズです。 シンガポールの王道、古き良きシンガポールの代名詞みたいな場所で、あのシンガポールスリングと言うカクテルが誕生した場所でもあります。 そのシンガポールスリングが生まれたロングバーより、私は、この本館レセプション傍にあるライターズバーが大好きです。 まさに歴史の重みを感じて酒が飲めます。 ラッフルズの空気を感じながら、軽く一杯やりながらシンガポールに来た実感を感じたいときは是非!

    シンガポールといえばラッフルズホテル、ラッフルズといえばシンガポールスリングとサマセット・モームということで、おのぼりさんよろしく行ってきました。こちらは宿泊客でないとホテル内のバー&ビリヤード ルームには入れないと聞いていたので、ロングバーというビジターでも利用できるバーで午後のひとときを過ごすはずだったのですが、ロングバーがリノベーション中だったため、ラッキーにもメインバーを利用できました。 テーブルには殻付きピーナッツが麻袋に入れられて置いてあり、これをつまみながらカクテルなどを楽しみます。ロングバーのように殻は床に捨てる習わしはここでも健在で、椅子の下の床はピーナッツの殻だらけで面白いですね。綺麗なシンガポールの中でここだけは床に殻を捨てられる古き良き時代が残っているのかもしれません。 #おまけ ラッフルズホテルは2017年末から2018年中頃まで大規模改修のため休館となるそうです。行かれる方は改修が始まっていますが今年中、または改修が終わる来年の中頃以降となります。 #肉の日

ラッフルズホテルシンガポールの店舗情報

修正依頼
ジャンル
  • 未入力
カード
  • VISA
  • Mastercard
  • AMEX
  • Diners
  • JCB
予算
ディナー
~15000円
住所
店名
ラッフルズホテルシンガポール Ruffles Hotel Singapore
予約・問い合わせ
不明

席・設備

個室
カウンター
喫煙席

特徴

利用シーン
  • 個室
  • 禁煙

更新情報

最初の口コミ
Fukashi Nakajima
最新の口コミ
Yas Sato

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ PayPayを使いたいお店をリクエストをする際はこちらからお問い合わせください。

この店舗の運営者様・オーナー様へ

Rettyお店会員にお申し込みいただくと、お店のページをPRしたり、店舗情報の編集をすることができます。

スマホ決済はPayPay!初期費用・決済手数料・入会手数料が0円で導入可能です。

マリーナベイのでオススメのお店

ラッフルズホテルシンガポールのキーワード

ラッフルズホテルシンガポールの近くのお店を再検索

近接駅から探す

目的・シーンを再検索

不明