Le Chateaubriand

Le Chateaubriand

予算
~8000円
-
ジャンル
フランス料理
+33-01-4357-4595

口コミ(2)

    【相変わらずイナキ・エズピタルトは最高だった。】 インスタにシャトーブリアンの写真をアップしたら、早速二人のシェフからメッセージがあった。一人はトレフルの井上さん、もう一人は料理人のYamatoさん。 二人とも、イナキの料理に魅せられその厨房で働いていた中の人だ。井上さんは写真を見て”かっこいい。そうあるべきだなと打ちのめされた気分です”と言い、Yamatoさんは”イカの料理を見て久しぶりにゾッとした”と言った。イナキが何をしているかをよく知っている二人。シャトーブリアンの料理は非常に手の込んだことをしているのに、それを表に見せない。謎の構成要素を持って美味い一皿が完成されていることを、二人はよく知っている。その日に入荷した材料を使い毎日新しい料理を作り出していく即興性と、その完成度の高さ。井上さんから1週間前のシャトーブリアンで食べた人の写真が送られてきた。それは私が食べたものと完全に異なる料理と盛り付けと構成で笑ってしまった。 2回目のシャトーブリアンは以前よりも増して、凄みと驚きと、楽しさで満ち溢れていた。 「正直そういうお店だから全部が全部、100点の皿というわけではない。微妙だなと思う皿もあるけれど、この店がすごいのは、そういうネガティブを吹き飛ばす傑出した皿が、産み出され存在することだ」と井上さんはいう。私もそう思う。 そっけないパヴォの実を撒いた濃厚なグージェールと、アイコンであるセビーチェの強烈な酸味と辛味。いつものシャトーブリアンの始まりだ。次に来た羊とネギの春巻きは、やたらと塩辛くてちょっと大丈夫か?と心配になるが、後から考えてみればここのバランスは何か哲学的な意図ではなかったかと思わずにはいられない。 この後の料理の全てが、恐ろしく完璧に整えられていた。薄くスライスしたマッシュルームに隠されたカニからが本番だった。ダックのブロードとラビオリ。イカの下に敷かれたチョリソのジュ。食べ進めるにつれてその複雑さと多様なテクニック、一皿に詰め込まれた多量な素材を解き明かすことすら困難だ。 この日のボラとアーティチョークの皿はまさにその、傑出した皿だった。それは以前Yamatoさんが作った”人妻の火入れ”と似ている。ミキュイされた魚とアーティチョークのテクスチャーが一致していて、とんでもない一皿だった。こんな魚料理は食べたことがない。この皿のキラキラしたソースはなんですか、とYamatoさんに聞かれ、メニューがなくなっててわからないけど多分柑橘系、と答えたら”きっとそれは昼下がりの麗らかな木漏れ日だ、と彼は答えた。 メインは鶏、モモと胸と肝。アンディーブなどが、どう調理したかわからないパリパリしたレタスに包まれ隠されている。甘くやわからく、奥が深い。上質なジュに、もう一つ粘度を高めたソースが隠されていた。なんと幸せな一皿だろうか、今フランスで最も印象的なのは素材の味の強さだ。それは野菜も肉も、である。故に、過剰な味付けを必要としない。シンプルに、構成要素の巧さで美味いを引き出す料理が、イナキの料理、でもあるだろう。 デザートはフワッフワのムース。最後に卵黄をキャラメリゼしたプリンの再構築のシグニチャー。ブラッドオレンジにはインドのフェンネルシードがまぶされていて、最後の最後まで、ああ、本当に。素晴らしいと。 これは、ただ美味しいと食べる料理とはもう違うベクトルにあって、美味しいのその先、なぜ美味しいのかという謎かけと哲学であるのだ。 素材のどの部分を見せるのか。そこから引き出すのはどう言った味わいか。そういうものを構成して一つにまとめ上げる料理。 「材料は決まっている。 まだ熟れきっていない早いトマトの魅力をどう伝えるか。 そう。そこに焦点は行きがちだが、違う。 何を食べさせたいか。トマト?? そんなことではない。それはもう時代遅れの料理であり存在価値がパリにはない。」とYamatoさんは言う。 例えばそう言った発想から生み出されていく料理である。本当に、素晴らしい。革新的料理として取り上げられたこのレストランは、さらに進化していたことに驚いた。相変わらず、イナキエズピタルトの料理は最高だ。 最後にシェフと少し話をした。Yamatoさんがよろしく言ってましたよ、と言ったら”奴のベビーは元気かい?”と優しく笑った。 やはりこのレストランは、最高だ。たとえ万人に受けなくとも。愛すべきチームがあって、自由で、楽しませようという力で満ちている。 驚きの一皿にまた出会うため、私はまたこのお店の扉を開くのだろう。

    【世界中を旅するかのような鮮烈なイナキ氏の料理】 日本のフレンチは実に繊細だが実際、パリのフレンチは想像以上にビッグプレートで、ザックリしたものである、それこそビストロなら肉にフレンチフライが出てくるのが普通だ、で、だいたい2皿で満腹になるくらいの量でもある。故に、その自由さと柔軟さに於いて、フランス料理というカテゴリーに新しい一つの価値を生み出したのもこのレストランであろう。ここから新しいモダンフレンチ、が生まれ「ジェネレーションイナキ」という言葉ができたほどである。 実に評価が分かれるお店である。フランス料理かと言われるとそうではない、と思う。故に、正統派のフランス料理が食べたい人にはオススメしない。が、食べたことがない料理に高揚感を得たり、予想外の素材の組み合わせをなにこれ!面白い!と思える人にとっては、ことのほか楽しいレストランである。 小さなポーションでいくつも出される料理たちは、そのそれぞれが実に個性的で、スパイスの使い方が北アフリカを思わせる料理もあれば、アジアの片田舎のテイストもあり、一皿ごとに、まるで世界を旅するようなレストランである。全くセオリー通りではない、が、新しい。創造性に満ちている。新しいマリアージュ、新しいテクスチャー。どこまでもクリエイティブで、地球はなんと豊かなのだと思わせてくれる。そう、その料理たちはコスモポリタンであり、文化融合へのポジティブな一つの回答である。 フランスバスク出身のイナキ・イズピタルトのレストラン「シャトーブリアン」は、「世界のベストレストラン50」にて2011年度に9位に入ったビストロで、2015年も21位と高い評価を受けている。このレストランランキングが意図している方向性と合致している(エルブリ出身者が上位を占める。NOMAが有名になったのもこのランキングの影響だろう)のもあるだろうが、私はこのような楽しい時間を過ごせるレストランが大好きだし、驚きをもって全ての皿を楽しめる食事は、殊の外素晴らしいと思うのだ。 食後に見せていただいたキッチンは驚くべきほど小さい。しかしこの狭小なるキッチンから生まれ出される料理たちは、私を魅了してやまない。 #海外グルメ

Le Chateaubriandの店舗情報

店舗基本情報 修正依頼

予約・問い合わせ +33-01-4357-4595
ジャンル
  • フランス料理
予算
ディナー
~8000円

住所 修正依頼

住所

座席 修正依頼

カウンター
喫煙 不可
※健康増進法改正に伴い、喫煙情報が未更新の場合がございます。正しい情報はお店へご確認ください。
[?] 喫煙・禁煙情報について
個室

サービス・設備などの情報 修正依頼

利用シーン デート、ディナー、クリスマスディナー

更新情報

最初の口コミ
akira i
最新の口コミ
akira i
最終更新

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ PayPayを使いたいお店をリクエストをする際は こちら からお問い合わせください。

パリのフレンチでオススメのお店

Le Chateaubriandのキーワード

Le Chateaubriandの近くのお店を再検索

近接駅から探す

目的・シーンを再検索

+33-01-4357-4595