味のとんかつ 丸一 ajinotonkatsu maaruichi


予算
~2000円
~3000円
ジャンル
とんかつ 和食 定食 豚料理
定休日
毎週日曜日
もっとみる
099-226-3351

<暮れの九州紀行⑧ 身厚なトンカツ> ウィキペディアによると、かごしま黒豚とは、鹿児島県内で飼育された純粋バークシャー種の豚肉で1999年に商標登録されたもの。他にも黒豚ブランドはあるがコレは別格の扱いで、過去には牛肉並の値(Bランク)が付けられたこともあるほど。歴史を紐解けば戦国時代にまで遡り、島津家では当時の地産の黒豚を「歩く野菜」と称して戦地に赴く時にも生きたまま連れてゆきこれを食べて戦ったと記されている。当時の日本は肉食は鳥位しか無かったから島津家の強さの裏には豚食が一役かっていたのに違いない! 鹿児島の豚の歴史を読み、かごしま黒豚の定義を確認すると、いかに、こよなく豚を愛している土地かが分かる。だからトンカツの名店が多いのも頷ける。 川久、六白の2軒は行っているが他の2軒の名店である竹亭と丸一は未訪問。竹亭は少し離れたところにあるため時間的に適わず、コチラへの訪問となりました。 上ロースを注文。身厚な350gもあるシロモノ。焦げたかのような黒い衣は、たぶん身厚を低温でじっくり揚げた後に2度揚げするならできるものだと思います。東京・蒲田の名店「丸一」はRetty投稿を読むと弟分に当たるとか。 実にジューシーで甘い豚肉。最初に塩と辛子で頂くとクォリティの良さが分かります。一番身厚なところは脂がジュワっと出てきて思わず玉乱〜〜ん!後からソースをかけて食べましたが、ココのは塩を頂いて塩と辛子で頂くのがベストですね♪ご馳走様でした(^^) 鹿児島の繁華街で美味いトンコツなら、是非 行楽の秋キャンペーン 焦茶の衣は美味さのこだわり 鹿児島の名店

コメント 11
  • 丸一!ボリュームたっぷりのThe黒豚とんかつ。 前日あれだけ呑んで翌日にとんかつを頂くところにKakizakiさんのボス感を支えるオス性を垣間見た気が致します!

  • 丸一さんのトンカツは身厚で美味しいですよね〜〜。他県から来た人をよく連れていき満足していただいてます(^^)

  • 一参通知ありがとうございます❗️ ん?失敗?と言うようなビジュアルですが美味しいですよね♫ 溢れ出る肉汁の感動が蘇ってきました(๑˃̵ᴗ˂̵)

  • Takahiroさんの投稿通り、ソースは甘めで好みに合わず、塩で頂くのが正解でした!竹亭谷山は次回の宿題。次に会う時はオスについて語り飲み交わしますか! 笑笑

  • Souさん、ココは外から来るとインパクトがあって大喜びすると思います。鹿児島は素材の良いものが多く、素晴らしいですね〜〜

  • お、森さんも来てるやん!と投稿読んで伺いました。また熊本か博多でご一緒宜しくお願い致します(^^)

  • ああ、鹿児島に行きたいw

  • akiraくん、鹿児島は食材の宝庫。素晴らしいですな♪ でも週末のDiscover 岐阜も ヤバイ気がしてなりませぬ 笑笑

  • 丸裸でダイブです!

  • ジビエと中華に素でダイブやね〜〜

  • ここ混んでて行けなかったお店なんですよね〜(´>_<`)いつか行きたいです(笑)

行きたい 135

Shigeru Kakizakiさんの行ったお店

味のとんかつ 丸一の店舗情報

修正依頼

店舗基本情報

ジャンル
  • とんかつ
  • 和食
  • 定食
  • 豚料理
営業時間
定休日
カード
予算
ランチ
~2000円
ディナー
~3000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス                  

                    ■バス停からのアクセス            
        いわさきバスネットワーク ドルフィン150 高見馬場 徒歩2分(150m)
南国交通 鹿児島駅〜後庵 高見馬場 徒歩2分(150m)
鹿児島市バス 23番線紫原・武町バス線 山下小学校前 徒歩4分(300m)            

          
店名
味のとんかつ 丸一 ajinotonkatsu maaruichi
予約・問い合わせ
099-226-3351

席・設備

個室
カウンター

099-226-3351