餃子家よこじい

ぎょうざやよこじい

予算
~3000円
-
最寄駅
土佐電鉄桟橋線 / 蓮池町通駅 徒歩2分(160m)
ジャンル
餃子 ラーメン
定休日
毎週日曜日
088-873-1678

【 吉田類を、味で泣かした料理人 】 藤ちゃんのさけさかな、という番組があって、この番組で吉田類がこのお店を訪れた。吉田類といえば高知の仁淀川出身だから、高知の番組に出ることも多いのかもしれない。お店に入る前に二人の美女をナンパして、といういかにも吉田類らしい明るさである。 この番組の中で吉田類はよこじい、のジャコとネギの卵焼きを食べて「母親を思い出した」と、目尻に涙を浮かべたシーンがあったようだ。 料理で人の心の何かの琴線に触れるというのは、料理人冥利ではないだろうか。 ーーー 大黒堂を出た我々は”高知といえば餃子でしょ!屋台の”という事で屋台の安兵衛に向かったのだが、通りまで溢れる行列だった。以前にも行ったことがあるので別のお店にしましょう、とGoogleで検索して評価が高かったのがよこじい、だった。 お店に入ると客がお一人、その人もすぐに退席したので我々だけとなった。生ビールはなし。あれは、よほどちゃんと手を入れないと味が落ちるからね、と、キンキンに冷えたジョッキと瓶ビールを出してくれる。 どっからきた?から始まって。自家用機できたよといういつもの掴みで。そういえば、大黒堂みたいなお店では、葉牡丹もそうだけど。こうして”高知の人”と高知の話をすることがなくて、私が求めているのは実は、そういった酒場であるのだと改めて思った。 皿鉢料理なんぞうまいもんではない、と笑い、ベクハイ(机に置けないハイですね)なんかもあんなもんはだれもつことりゃせんぜと。そうではなくて、菊の花を杯に隠す返杯なんかはよくやったよとか、そういう話を聞きながら時間が過ぎていく。 ああ、いい店だ。餃子を焼いてもらおう。いくつかのメニューがあって、シンプルな餃子と、葉わさび、焦がし醤油、うめしそ、なんかを。 餃子はどれも美味い。が、飛び抜けて美味いかというとそういうわけでは無い。ただ、このお店にはよこじい、がいる。そのことに特別に価値がある。いつの間にか客がはいってきて、あっという間に店は満席になった。隣の客や、奥の客と話しが弾む。 なんと暖かなお店なのだろうか。 酒場というのはこういうのがいいのだ。見知らぬ人と見知らぬ街で、一期一会で夜が過ぎる。そういう夏の夜は。素晴らしい。 ーーーー 冒頭のように、実はこのお店はどうやら餃子を食べるために機能しているのでは無いようだ。しじみラーメンは絶品だそうだし、吉田類が涙した、ごくごく普通のジャコ卵やき、も食べてみたい。なるほど、地元の人にとても愛されている酒場、なのである。 うちのパイロットは酒を飲まないので”キムチ焼飯”を頼んだのだけど、その量は笑ってしまうくらいのメガ盛りだったし、味付けは実に良かったし、なるほど酒場の片鱗は、あそこにでていたのだな。

akira iさんの行ったお店

餃子家よこじいの店舗情報

店舗基本情報 修正依頼

予約・問い合わせ 088-873-1678
ジャンル
  • 餃子
  • ラーメン
営業時間
定休日
予算
ディナー
~3000円
クレジットカード
  • Amex
QRコード決済
  • PayPay

住所 修正依頼

住所
アクセス
                                        ■駅からのアクセス                        
                土佐電鉄桟橋線 / 蓮池町通駅 徒歩2分(160m)
土佐電鉄ごめん線 / はりまや橋駅 徒歩4分(250m)
土佐電鉄伊野線 / 堀詰駅 徒歩5分(330m)                        

                        

サービス・設備などの情報 修正依頼

お子様連れ入店
ペット 不可

088-873-1678