そば処 喜多縁 きたえん


予算
~2000円
~4000円
ジャンル
そば(蕎麦) 会席料理 鍋 居酒屋
定休日
毎週火曜日
もっとみる
0853-31-4259

昨年の夏にオープンしてまだ1年経っていない出雲そばのお店。元々天ぷら屋さんだった場所だったと記憶しているけれど、場所的には市役所のお隣という好立地で元のお店には申し訳ないけれど、天ぷらよりも断然お蕎麦屋さんになって市役所の人たちは助かっていると思う。 他にもひいきのお店があるのでどうしようかなーと思ったのだけれど、ネットで調べたら「そばりえ」の方が開いたお店だとある。そばりえとはソムリエをもじったもので、出雲そばの本場であるこの地にはお店を構えていなくてもそば打ちのものすごい達人が沢山いて、その方たちがそばりえの称号を持っていることを知っていたので、期待しながらお店へ向かいました。 ランチタイムはすっかり過ぎていたけれども、この日は休日だったためか麺切れになっていなくてよかった…。早速注文したのは出雲そばの定番「割子(わりご)」と「釜揚げ」。 割子は丸い入れ物のことを指し、冷たいおそばにつゆをぶっかけスタイルで食べるもの。松江の人たちが生み出したと言われています。 釜揚げは、その昔出雲大社にお参りする人たちの体を温めるため、そば湯ごと器に盛りそこへたっぷりのつゆをやはりぶっかけスタイルでいただくというもの。冬はほんとーに体が温まりますが、暖かい季節でもそばの香りを存分に楽しめる一杯なので地元の人は結構好きな人も多いです。 この2つを両方楽しめる「そばりえセット(1,000円)」を。 出雲地方でおそばに1,000円は少し強気。(割子3段で750円が基本) でもそんな気持ちは後で吹っ飛びます。 まず最初に出てきたのは釜揚げそば。 想像以上にたっぷり入っていて乱切りでとてもいい感じです。 しかも釜揚げそば用に温かいつゆが運ばれてきました。これは他のお店ではあまり経験したことがなかったです。 そしてその後に2段の割子。 コシがしっかり、出雲そばらしい力強さ。またつゆがしっかりとしていてバランスがいいです。たっぷりかけてもしょっぱくなく、しかし存在感もあります。 割子が出てきて分かったのですが、それぞれのお蕎麦で具が少しずつ違いました。 釜揚げにはかつおぶしがありましたが割子にはありませんでした。また海苔がそれぞれで違っていました。 最後に追いそば湯がやってきて、これも嬉しかったですね。 すでにそば湯はたっぷりいただいていますが、割子(つめたいそば)の後にはもう一度そば湯が欲しいです。 セットには山陰の味覚「あご野焼き」も付いてきました。 これを食べれば観光客の方も喜ぶでしょうね!ぜひオススメしたいお店です。 お店は2階席もあり落ち着いた雰囲気でキレイです。 足の悪い方は堀りごたつになった席、堀りになっていない小上がりもあるのでお子様連れも安心ですね。 また出雲市内にいいお店が出来てとても嬉しい。 無理に出雲大社の混んでいるお店で食べなくてもいいのは市民の特権ですね~(私は市民じゃないけど!) 季節のおそばや変わり具材のおそばもあったので、次回から行くのが楽しみになります☆

コメント 0
行きたい 32

西村愛さんの行ったお店

そば処 喜多縁の店舗情報

修正依頼
ジャンル
  • そば(蕎麦)
  • 会席料理
  • 居酒屋
営業時間
定休日
その他の決済手段
  • PayPay
予算
ランチ
~2000円
ディナー
~4000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス                  

                    ■バス停からのアクセス            
        スサノオ観光 大寺線 出雲市役所前 徒歩4分(290m)
スサノオ観光 大寺線 駅通り四つ角 徒歩5分(400m)
スサノオ観光 外園線 出雲市民病院前 徒歩6分(420m)            

          
店名
そば処 喜多縁 きたえん
予約・問い合わせ
0853-31-4259
お店のホームページ
FacebookのURL
https://www.facebook.com/%E3%81%9D%E3%81%B0%E5%87%A6%E5%96%9C%E5%A4%9A%E7%B8%81-820938681325074/

席・設備

座席

23席

(2階席利用の場合)

個室

7人用以上

カウンター

(カウンター3席です。)

喫煙席

この店舗の運営者様・オーナー様へ

Rettyお店会員にお申し込みいただくと、お店のページをPRしたり、店舗情報の編集をすることができます。

スマホ決済はPayPay!初期費用・決済手数料・入会手数料が0円で導入可能です。

0853-31-4259