投稿:

奈良、川島シェフのモダンスパニッシュ。

富雄のお店が建物の老朽化に伴い閉店され、いまかいまかと再オープンを待っていた。
ドノスティアはもちろん、東生駒のアバロッツにも伺い、そちらでは川島シェフがサーブしてくださりお話もできたのも身近ですごく良かったけれど、やはり幻想的なあのお料理をと思いながら、再オープンされて1年以上経たけれどやっと来れた。
以前のクラシカルな建物も素晴らしかったけれど、今回はナチュラルでハイセンスな外観と内装。
ウェイティングルームからの右側には他とは裏腹にモダンで洗練されたガラス張りの厨房、左側のお部屋にテーブル6卓、奥にプライベートルーム。2階にはウェディングで使えそうな大部屋とベッドルームなんかもありました。
現在はランチ¥6500、ディナー¥13000のみでやっておられます。

ランチコース¥6500
ペアリング¥6500

menuと書いた箱からメニューのカードが出てくる。
■柿の葉香るお茶
こちらはウェイティングルームにて。

■オリーブ
このオリーブおいしい♡
炙り焼きして、香り高いオリーブオイルに漬けられている。
そして大和肉鶏のズリ。
パンはaの文字がかわいい全粒粉のパン、バターパン、バゲットの3種でした。

■醤酢 蒜 搗き合てて 鯛願う 我にな見えそ 水葱の羹
こちらは万葉集の中から。
万葉時代、鯛はなかなか口にできない高価なものだったそう。
"鯛"が出てきた喜びと、"醤酢"は今の酢味噌の類ということで、鯛の刺身には酢味噌たれが。
そして日常的な羹(吸い物の類)は飲みたくないと言うけれどそう言われたら飲ませたくなるのが料理人、とのことで椎茸や蒜(ニンニクなどの独特の臭気のあるもの)を具に大和肉鶏のズリを出汁にほうじ茶と合わせたスープをテーブルで注いでくれる。
それぞれ別々に味わいます。

■海の旨味と地のサフラン
軽く炙ったホタテに、"地の"とは奈良のサフラン。
新ものサフランが美しい色を出す、そして焦がしバターにニンニク。

■冬のアブラナと奈良米のアロス ブルーチーズクリーム
うん、これはわかりやすく、おいしさも想像通り。

■冬のタラ 干したトマトと温かな海
タラは揚げていて、サクッとふわっと。
春をイメージされたヴィジュアル。
上にはオイル豚の背脂、そしてスープには干した奈良のトマトとオイル。

■大和豚もわさび菜 甘辛い菊芋
低温でしっとり仕上げた大和豚に菊芋もホクホクと良い味付け。

■深まる冬とその先にあるもの
奈良の苺とミントのムース。

■コーヒーまたはエスプレッソ、緑茶、ほうじ茶、燻製紅茶。

お料理はただ単においしいとかおいしくないとかの次元のお話ではなくて、ストーリー仕立てになっていて想像力豊か、ワクワクするし、見た目はもちろん香りとか食感とか色んな要素全てが合わされて完成されるというか、一種のアート。五感で楽しむお料理。
奈良の食材を積極的に使われ、万葉集にまでインスピレーションを得る、とにかく創造力のすさまじい川島シェフのお料理。
ペアリングは最初カヴァから始まり、鯛のお刺身には日本酒、つぎには黒ビールと最初のカヴァを合わせたもの、白ワインが続き最後に赤ワイン。
おもしろい。
シェフ曰く、まだまだ試行錯誤中とのこと。

お庭が贅沢にとられてるなぁと思ったら奈良の条例で色々と規定があるそう。
やっぱり京都と同じく景観を損なわないよう色々と条例があるんだろうなぁ。
音楽はクラウディオ・モンテヴェルディ。
全然音楽に詳しくないですが、教会でかかってそうな音楽でこれがまた良い重厚感。
スタッフの方の服や床に所々あるaの文字、もう全てにこだわり尽くした唯一無二な素晴らしい空間にお料理でした。

こちらでは予約時に話したことをスタッフの方は全て覚えておられ、食事中に話したこともシェフの耳にキチンと入っていた。
ランチに小松まで行った話をしていたからか、帰り際に出てきて下さった川島シェフがミシュランに並ぶガイドブック黄色い表紙の「ゴ・エ・ミヨ」など見せて下さった。
東京、北陸、瀬戸内のお店を紹介してるけれど、アコルドゥさんも載っている。もちろんその時伺ったショクドウ ヤーンさんも。

シェフもおっしゃってたけれど、やっぱり夜に行きたいなぁ。と激しく思ったお店なのでした。


ランチ
モダンスパニッシュ

「いいね!」と言ってる人

  • 北大路亀仙人

    フォロー:
    337
    フォロワー:
    7969
    好きなジャンル:
    居酒屋
    よく行くエリア:
    仙台市
  • Shingo Tetsumura

    フォロー:
    359
    フォロワー:
    10271
    好きなジャンル:
    居酒屋
    よく行くエリア:
    広島市
  • Yoshinori Kimura

    フォロー:
    184
    フォロワー:
    1423
    好きなジャンル:
    居酒屋
    よく行くエリア:
    奈良市
  • Taro Nakayama

    フォロー:
    1252
    フォロワー:
    3924
    好きなジャンル:
    ラーメン
    よく行くエリア:
    熊本・宇土・宇城

21人がいいねと言っています

「行きたい!」と言ってる人

  • Yoshinori Kimura

    フォロー:
    184
    フォロワー:
    1423
    好きなジャンル:
    居酒屋
    よく行くエリア:
    奈良市
  • Taro Nakayama

    フォロー:
    1252
    フォロワー:
    3924
    好きなジャンル:
    ラーメン
    よく行くエリア:
    熊本・宇土・宇城
  • うえだ たかこ

    フォロー:
    537
    フォロワー:
    11181
    好きなジャンル:
    カレー
    よく行くエリア:
    谷町・上本町・鶴橋
  • Akihiko Nagata

    フォロー:
    103
    フォロワー:
    1564
    好きなジャンル:
    ラーメン
    よく行くエリア:
    大阪ミナミ

8人が行きたいと言っています

strippoker0926さんの行ったお店

アコルドゥ(水門町)の店舗詳細

店名

アコルドゥ

akordu

電話番号・問い合わせ 0742-77-2525
住所

奈良県奈良市水門町70-1-3-1

オンライン予約
おすすめのアクセス方法 近鉄奈良線近鉄奈良駅から「タクシー」がおすすめです。近鉄奈良駅からタクシーで2分(910m)で到着です。
アクセス
●駅からのアクセス
●バス停からのアクセス

奈良交通 六条山70 県庁東 徒歩3分(170m)

奈良交通 奈良公園 氷室神社・国立博物館 徒歩4分(300m)

奈良交通 六条山70 東大寺大仏殿・国立博物館 徒歩6分(440m)

●ICからのアクセス

京奈道路 木津IC 車で12分(4.7km)

京奈道路 山田川IC 車で19分(7.4km)

名阪国道 天理IC 車で19分(7.6km)

ジャンル 創作料理
営業時間
定休日 不定休
毎週月曜日
予算(ランチ) ~8000円
予算(ディナー) ~15000円
駐車場 あり
お店のHP
備考 年齢制限:中学生以上となります

座席情報

座席 26席
カウンター
個室 あり
喫煙席

※写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

※閉店・移転・休業のご報告に関しては、こちらからご連絡ください。

※店舗関係者の方はこちらからお問い合わせください。

この店舗の運営者様・オーナー様へ Rettyお店会員にお申し込みいただくと、お店のページをPRしたり、店舗情報の編集をすることができます。 詳しくはこちら

人気のまとめ

アコルドゥ(水門町)の近くのお店

奈良市のその他でおすすめのお店

▲アコルドゥ ページトップへ戻る