アコルドゥ

akordu

予算
~15000円
~8000円
最寄駅
近鉄京都線 / 近鉄奈良駅 徒歩10分(770m)
ジャンル
創作料理
定休日
不定休 毎週月曜日
0742-77-2525

厨房がガラス張りでライブ感も味わえる美味しい創作料理のお店

口コミ(18)

    3年半前に行ったのだが投稿し忘れて、今更ながら。 コースの一皿一皿には、料理名ではなく、ふわっとイメージが添えられている。 ◆Menu Autumn Akordu ・ふたつの土とハーブ ・三輪山本の手延べパスタ麺 あおい香りとモッツァレラ ・青梅雨と次に待つもの ・瑞々しい果実とフィナンシェ 甘い誘い ・一口のアコルドゥ ティラミス

    It's a Michelin star restaurant, but it's delicious. Each dish looked like a piece of art and was delicious and satisfying. However, something is missing. It was an average French restaurant. .

    2021.11.25訪問 コース+ペアリングにしました。 紅葉の時期なので、お庭からの景色が美しく、小窓から見える紅葉が舞うところもまた はんなりしていて癒されました。 大和の地のものをふんだんに使用されており お食事でも奈良を満喫できます。 ペアリングのワインも大変美味しく、お酒がどんどん進みます。 季節ごとに伺うのが楽しみです。

    奈良、川島シェフのモダンスパニッシュ。 富雄のお店が建物の老朽化に伴い閉店され、いまかいまかと再オープンを待っていた。 ドノスティアはもちろん、東生駒のアバロッツにも伺い、そちらでは川島シェフがサーブしてくださりお話もできたのも身近ですごく良かったけれど、やはり幻想的なあのお料理をと思いながら、再オープンされて1年以上経たけれどやっと来れた。 以前のクラシカルな建物も素晴らしかったけれど、今回はナチュラルでハイセンスな外観と内装。 ウェイティングルームからの右側には他とは裏腹にモダンで洗練されたガラス張りの厨房、左側のお部屋にテーブル6卓、奥にプライベートルーム。2階にはウェディングで使えそうな大部屋とベッドルームなんかもありました。 現在はランチ¥6500、ディナー¥13000のみでやっておられます。 ランチコース¥6500 ペアリング¥6500 menuと書いた箱からメニューのカードが出てくる。 ■柿の葉香るお茶 こちらはウェイティングルームにて。 ■オリーブ このオリーブおいしい♡ 炙り焼きして、香り高いオリーブオイルに漬けられている。 そして大和肉鶏のズリ。 パンはaの文字がかわいい全粒粉のパン、バターパン、バゲットの3種でした。 ■醤酢 蒜 搗き合てて 鯛願う 我にな見えそ 水葱の羹 こちらは万葉集の中から。 万葉時代、鯛はなかなか口にできない高価なものだったそう。 "鯛"が出てきた喜びと、"醤酢"は今の酢味噌の類ということで、鯛の刺身には酢味噌たれが。 そして日常的な羹(吸い物の類)は飲みたくないと言うけれどそう言われたら飲ませたくなるのが料理人、とのことで椎茸や蒜(ニンニクなどの独特の臭気のあるもの)を具に大和肉鶏のズリを出汁にほうじ茶と合わせたスープをテーブルで注いでくれる。 それぞれ別々に味わいます。 ■海の旨味と地のサフラン 軽く炙ったホタテに、"地の"とは奈良のサフラン。 新ものサフランが美しい色を出す、そして焦がしバターにニンニク。 ■冬のアブラナと奈良米のアロス ブルーチーズクリーム うん、これはわかりやすく、おいしさも想像通り。 ■冬のタラ 干したトマトと温かな海 タラは揚げていて、サクッとふわっと。 春をイメージされたヴィジュアル。 上にはオイル豚の背脂、そしてスープには干した奈良のトマトとオイル。 ■大和豚もわさび菜 甘辛い菊芋 低温でしっとり仕上げた大和豚に菊芋もホクホクと良い味付け。 ■深まる冬とその先にあるもの 奈良の苺とミントのムース。 ■コーヒーまたはエスプレッソ、緑茶、ほうじ茶、燻製紅茶。 お料理はただ単においしいとかおいしくないとかの次元のお話ではなくて、ストーリー仕立てになっていて想像力豊か、ワクワクするし、見た目はもちろん香りとか食感とか色んな要素全てが合わされて完成されるというか、一種のアート。五感で楽しむお料理。 奈良の食材を積極的に使われ、万葉集にまでインスピレーションを得る、とにかく創造力のすさまじい川島シェフのお料理。 ペアリングは最初カヴァから始まり、鯛のお刺身には日本酒、つぎには黒ビールと最初のカヴァを合わせたもの、白ワインが続き最後に赤ワイン。 おもしろい。 シェフ曰く、まだまだ試行錯誤中とのこと。 お庭が贅沢にとられてるなぁと思ったら奈良の条例で色々と規定があるそう。 やっぱり京都と同じく景観を損なわないよう色々と条例があるんだろうなぁ。 音楽はクラウディオ・モンテヴェルディ。 全然音楽に詳しくないですが、教会でかかってそうな音楽でこれがまた良い重厚感。 スタッフの方の服や床に所々あるaの文字、もう全てにこだわり尽くした唯一無二な素晴らしい空間にお料理でした。 こちらでは予約時に話したことをスタッフの方は全て覚えておられ、食事中に話したこともシェフの耳にキチンと入っていた。 ランチに小松まで行った話をしていたからか、帰り際に出てきて下さった川島シェフがミシュランに並ぶガイドブック黄色い表紙の「ゴ・エ・ミヨ」など見せて下さった。 東京、北陸、瀬戸内のお店を紹介してるけれど、アコルドゥさんも載っている。もちろんその時伺ったショクドウ ヤーンさんも。 シェフもおっしゃってたけれど、やっぱり夜に行きたいなぁ。と激しく思ったお店なのでした。 #ランチ #モダンスパニッシュ

    奈良にある話題のスペイン料理店 まずはウェイティングスペースで レモングラスの爽やかなお茶を頂きます。 続くダイニングは窓が大きくとられ 明るくモダンでゆったりとしたテーブル配置 お料理は奥吉野で獲れたアマゴや 大和肉鶏など、おもに地元の食材が 使われ、その組み合わせも面白かったです。 ジャガイモのスープに葡萄が隠れていたり、 アマゴに添えられたディルのシャーベットは冷たく爽やかでアマゴの旨みをより引き立ててくれます。 東大寺境内の跡地でスペインと奈良が上手くコラボされ、この辺りもこれから活気づいて来そうですね。 店内から眺める広々とした庭の木々もほんのり紅く色づき、自然を満喫しながらの豊かなランチタイムでした。

アコルドゥの店舗情報

店舗基本情報 修正依頼

予約・問い合わせ 0742-77-2525
ジャンル
  • 創作料理
営業時間
定休日
予算
ランチ
~8000円
ディナー
~15000円
クレジットカード
  • Amex
QRコード決済
  • PayPay

住所 修正依頼

住所
アクセス
                                        ■駅からのアクセス                        
                近鉄京都線 / 近鉄奈良駅 徒歩10分(770m)
JR関西本線(大和路線)(加茂~JR難波) / 奈良駅 徒歩24分(1.9km)
JR桜井線 / 京終駅 徒歩24分(1.9km)                        

                        

座席 修正依頼

席数

26席

カウンター
喫煙 不可
※健康増進法改正に伴い、喫煙情報が未更新の場合がございます。正しい情報はお店へご確認ください。
[?] 喫煙・禁煙情報について
個室

サービス・設備などの情報 修正依頼

お店のホームページ http://www.akordu.com/
利用シーン ディナー、ランチ、PayPay決済可、個室、結納の食事会、おひとりさまOK、接待、クリスマスディナー、日本酒が飲める、ワインが飲める、おしゃれな、ご飯、禁煙

更新情報

最初の口コミ
mico_t
最新の口コミ
高橋典子
最終更新

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 移転・休業・閉店・重複・リニューアルのご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ 「PayPayが使える」と記載があるがご利用いただけなかった場合は こちら からお問い合わせください。

アコルドゥの近くのお店

奈良市のその他でオススメのお店

奈良の新着のお店

アコルドゥのキーワード

雰囲気から探せるお店セレクション

アコルドゥの近くのお店を再検索

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

0742-77-2525