• 閉店

梅田はがくれ 本店 うめだはがくれ ほんてん


予算
~1000円
~1000円
最寄駅
JR東西線 / 北新地駅(出入口11ー41) 徒歩1分(51m)
ジャンル
うどん 丼もの 刺身
定休日
毎週日曜日
もっとみる

大阪の元祖行列ができる人気うどん店!

大阪、北新地の大阪駅第3ビル地下2階にある行列必至の手打ちうどんの人気店。誰もが初めてここに来ると一度は経験する大将の絶妙トークで食べ方を教えてくれます。看板メニューの生醤油うどんは混ぜるの禁止、のどごしは最高。

口コミ(219)

    金曜のお昼ちょっと前。 並ぶものの回転は早い。 オススメの生醤油うどんに半熟卵、 ちくわとカボチャの天ぷらを注文。 醤油はきっちり2周半、かき混ぜないで2本づついただきます。 きめ細やかな肌で光沢のあるうどん。 すだち醤油で爽やかに喉の奥に吸い込まれていきます。 至福でした。

    【問答無用!の大阪で人気のうどん店巡り㉛】創業30年を迎える大阪讃岐うどんの立役者のお店! ◆こんなお店 言わずと知れた大阪讃岐うどんの立役者である天谷店主が、今や激戦地と呼ばれる大阪駅前第3ビルB2Fに1989年10月に開業。2016年10月発行の「ミシュランガイド京都大阪2017」のビブグルマンに掲載。食べログでは、3.63(2018年5月3日現在)という高評価という名実ともに、大阪を代表する人気うどん店です。 「うどんは刺身」「うどんは鮮度」が基本の『梅田はがくれ本店』は、打ち立て、湯がきたてが基本。食べた途端、堅からず、柔らかすぎずの麺を信条とし、天谷店主が、初来店のお客さんには必ず声をかけて、というか再来店しても顔を憶えていないお客さん(笑)やメニューで迷ってる方に「初めてやったら生じょうゆが一番オススメやで!」と声かけすることで有名です。 ちなみに、福島にある『はがくれ ラグザ店』は、岸和田市に本社がある協商フード株式会社が運営されているので『梅田はがくれ本店』との関係はなく支店でもありません。お間違いなく! ◆おすすメニューレポ(税込み) ・夏季限定メニュー「清涼うどん」:1,000円 久々の再訪、それもGWとあって、相変わらず満員御礼です。今回は、行列なしに入店できたのもお昼の営業終了の14:45前の14:20だったのが幸いしました。 相変わらず天谷店主が、「生じょうゆは、麺の上に二往復半が基本やで!」と、斜め左の席に座っている、就活中なのかお互いリクルートスーツ姿のカップルに声がけしています。 そこで、おさらいです。 【梅田はがくれ本店 生じょうゆうどんの食べ方】 その1)特製の生醤油を2往復半かけること その2)決して混ぜないこと その3)麺は2本ずつ持ち上げて食べること なぜ、麺を決して混ぜてはいけない理由はというと、混ぜると粘り気が出て喉越しが悪くなるからです。食べてみればわかるのですが『梅田はがくれ本店』の麺の特徴である刺身みたいなツルツルした食感は混ぜると失われてしまいます。 「ええか?写真撮れるようにしたるからな、今や!撮り!」とサービス精神もたっぷりで、インスタ映えにも協力的!!で、私が撮影している際にもぶっかけつゆを一気にどんぶりに注いだため「ダメ出し!」されました(笑) 夏季限定メニュー「清涼うどん」は、夏野菜の「みょうが」「オクラ」に「カイワレ」「もみじおろし」のさっぱり野菜のまわりに、揚げたてプリプリの「海老天」が4個、パラっと振りかけられた白胡麻と盛り付けされたメニュー。見るからにこれからの季節にぴったりの涼味を誘う創作うどんです。味はもちろん折り紙つき! 麺は、たっぷりと氷が入ったバケツで、天谷店主曰く「これでしっかりと締めなあかんねん!」と、ゆで上がったうどんはこの氷水で締められます。ツルツルっとした喉越しの良さはこの氷締めのおかけで、茹で上がった麺もキリッと収縮し、大阪讃岐うどんの真骨頂が味わえます。 久々の『梅田はがくれ本店』でしたが、頑固なほどにルールも名物の声がけも変わらず、逆に安心しました(笑)。来年は開業30周年とあって、天谷店主もだいぶお年を召されてきましたが、若いお弟子さん2人がキビキビと動き回って切り盛りされていたので、まだまだこのお店も営業されることと思います。 ◆追記 ツルツルのうどんはどのメニューも2玉までは同じ値段(1.5玉にも対応してもらえます)。 お店には揚げたて天ぷらのほか、おでんも置いてあります。お昼時に売り切れになることが多いものの、かやくごはんも人気。 メニューもたくさんあるので、たっぷり迷って決めてください。しかし、初めての来店なら絶対に生じょうゆうどんがオススメですよ!! 問答無用!の大阪で人気のうどん店巡り #大阪讃岐うどん #大阪駅前第3ビル #ミシュランガイド京都大阪2017ビブグルマン掲載 #梅田のランチ #夏季限定メニュー

    うどんを2本、目の高さまで持ち上げたら ツルッと一気に吸い上げれば、歯を加減よく 押し返すコシがあり、生じょうゆの風味を 纏ったうどんにもやさしい小麦の風味がある 名物店主が食べ方を指南してくれる人気店 東梅田ランチ ちょうど昼時に梅田に到着し、 行ってみたかったこたらのうどん店へ。 店の前の行列に並び。10分ほど待って入店。 並んでいる間に注文したのは、 <生じょうゆ定食・800円>に <半熟玉子とちくわの天ぷら・300円> カウンターの中央あたりに案内されたら 来ました、名物店主 「兄ちゃん、初めてか?」 「食べ方教えたるわ」…待ってました 目の前に出された“生じょうゆうどん”に 「おっちゃんが、やったるからな」と すだちを搾り、生じょうゆを2往復半かける そして、「兄ちゃん、混ぜたらあかんで、 はい箸を持って2本つまんで目の高さまで 上げたらツルッと一気にすする!」と 一口食べるところまで指南された…笑 このうどんがうまい! やさしい小麦の風味のうどんは、 生じょうゆも見事に効いてコシの強さも絶妙 さすが、名物店主だけでは人気店にならない 定食にすると付いてくる“かやくごはん”も おいしく腹を足すには十分な一品 追加した“天ぷら”、特に旨みの濃い素材の “半熟玉子”がかなり印象的だった ひとつ残念なのは、食べる前のビジュアルを 写真に収められなかったこと 次来たら「初めてじゃないから」と断って “生じょうゆうどん”の写真を残したい いや、次来たら違ううどんの食べ方指南か #うどん #バレンタインキャンペーン

梅田はがくれ 本店の店舗情報

修正依頼

店舗基本情報

ジャンル
  • うどん
  • 丼もの
  • 刺身
営業時間
定休日
カード
不可
予算
ランチ
~1000円
ディナー
~1000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス            
        JR東西線 / 北新地駅(出入口11ー41) 徒歩1分(51m)
大阪メトロ谷町線 / 東梅田駅(出入口8) 徒歩2分(150m)
大阪メトロ四つ橋線 / 西梅田駅() 徒歩5分(390m)            

                    ■バス停からのアクセス            
        大阪市バス 103 梅田新道 徒歩2分(130m)
新常磐交通 シーガル号 大阪駅前(東梅田) 徒歩2分(150m)
西東京バス ツインクル号 大阪駅前(地下鉄東梅田駅) 徒歩2分(160m)            

          
店名
梅田はがくれ 本店 うめだはがくれ ほんてん
お店のホームページ

席・設備

座席

14席

((全カウンター))

個室
カウンター
喫煙
不可

(完全禁煙)

※健康増進法改正に伴い、喫煙情報が未更新の場合がございます。正しい情報はお店へご確認ください。 [?] 喫煙・禁煙情報について

特徴

利用シーン
  • ランチ
  • おひとりさまOK
  • 禁煙

更新情報

最初の口コミ
Junichi Mizuno
最新の口コミ
江森正 正

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ PayPayを使いたいお店をリクエストをする際は こちら からお問い合わせください。

梅田のラーメン・麺類でオススメのお店

梅田の新着のお店

梅田はがくれ 本店のキーワード

梅田はがくれ 本店の近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

梅田周辺のランドマーク