• 情報確認中

    このお店はRetty運営事務局がただいま情報確認を行っております。

マサラ食堂

まさらしょくどう

予算
~1000円
~1000円
最寄駅
阪急京都本線 / 南方駅(北出入口) 徒歩2分(150m)
ジャンル
カレー インドカレー インド料理
定休日
毎週土曜日 毎週日曜日

口コミ(8)

    店内に入るとスパイスの香りが漂い良い匂いが、 フィッシュとキーマの相掛けを注文。2種類とも かなりスパイスが効いており、ジンワリと汗が出 てきて辛くて食べれないといった感じは無く、 程良く美味しいカレーでした。 # 辛さが旨いスパイスカレー

    行きたい行きたいと思いながら結局去年行きそびれたので正月休みの間に行ってきました。 西中島南方駅から徒歩5分、雑踏感を残した通りの雑居ビル2階にそのお店はあります。この周辺はカレー屋やインネパ料理店が多くリカバリしやすいのも利点です。 このお店のシステムは食券制。2階に上がったらすぐに見えますのでそこで買います。食券制は機械的でスタッフさんとの繋がりが希薄に感じますが食後の行動がスムーズになるのでこれはこれで嫌いではないです。 メニューは単品カレーと2種あいがけがベース。チキン、キーマ、フィッシュがレギュラーメニューのようでこの部分はあまり変化しない様子。トッピングもピクルス追加くらいであとはライス大盛りやドリンクくらいとかなりシンプル。とりあえず私は・・・ ・キーマ+チキン2種盛(1000円) ・ピクルス追加(150円) をオーダー。店内はそれほどキャパもなく10人くらいでしょうか?ワンオペみたいなので一人で捌くには丁度いいくらいかも知れません。回転を上げる為の食券制導入もここではプラスかと思います。店内を見てる内に10分ほどで着皿。程よいペースです。 まず一目見れば分かるパワフルな色合い、そして香りが可視化しそうな程のスパイスの効き具合、食べる前から脳から胃に向かって「ゴツいのが来るぞ!」と警鐘を鳴らし始めます。 事実、このキーマカレーがまたアツい。キーマの肉感も然る事ながらスパイスがとにかく効きまくってます。スパイス感のあるカレーと言うとよくホールスパイスが入ってるカレーを挙げられたりしますがこのキーマのスパイスは微塵状態にしたスパイスが全体に練り込まれていて口の中に入れた瞬間に周囲全体から溢れ出します。まるでクラスター爆弾のようなスパイス感に数口食べただけで額に汗が滲み始めます。 そしてチキン。こちらは前述のキーマと違って全体的に穏やかです。どちらかと言うとコクが強めのグレービーと言った感じですがしっかり煮込まれた鶏肉がホロホロに崩れてその鶏肉の旨みが溶け込んでいるのでしょう。つまりスパイス全快のキーマとコクのチキン、この二つの相性は最高と言えます。一本調子なキーマをチキンのコクで膨らみを持たせるその一体感、正に料理は科学。 あと個人的にここのライスはこの界隈では珍しく美味しいです。いい米を使ってるのか硬めの炊き加減がサフランライスに合うのか骨太で重厚なカレーをしっかり受け止めてました。むしろここでカレーを食べるならライス大盛りを考慮してもいいかと思うほどです。 総評です。リーマン御用達カレーとは言い得て妙。必要な物を必要なだけ詰め込んだ労働者メシ。オイリーでスパイスてんこ盛りな実用性特化なカレーは優しさや繊細さとは無縁ですが今日は火力発電所な気分って時に食べたいカレーです。 メニューはあまり変化もなく見た目も無骨、ある意味映えないカレーかも知れませんが手軽にスパチャできるお店が目の前にあれば誘蛾灯のように誘われる、そういう中毒性こそカレーの本質、それを体現してるお店と思います。ごちそうさまでした。 #スパイスカレー

    『マサラ食堂』の「2種盛り」(チキン×キーマ) 江坂からの仕事帰り、西中島で仕事をしている同僚に渡すものがあったので、途中下車したついでに以前から行きたかったお店にお邪魔することにしました。 そのお店は高槻で人気を博した名店『マサラ食堂』さんです。以前から興味があったのですが、高槻に行く行動力もなく、そのうちに閉店。そのお店が2018年10月に西中島で移転オープンしていたのです。インドで修業した初代店長のガンジー松本氏が放浪の旅から帰ってきて、西中島に『マサラ食堂』を復活させたのちに、今の店長さんに任せて、自身は天六に『ガンジーカレー』を展開しているそうです。 夜のオープンは18時からなので、同僚とコンビニでビールを買って時間をつぶすことに…。夜オープンの10分前くらいに同僚と別れ、とりあえずお店に行ったのですが、まだ5分前で立て看板も出ていなかったので、店の向かいのコンビニ脇でタバコを吸っていると、店長さんが立て看板とのぼりをセッティングし始めました。 オープンの少し前に、店前に行き、券売機があったのでとりあえず事前に調べていた「2種盛り」(チキン×キーマ)1000円とビール400円を買おうとしたら、たまたまなのかそれとも最近はやってないのかビールが買えない状態でした。飲み物はラッシーのみだったので、仕方なくカレーだけにしました。 オーダーして数分後に常連さんらしき人もひとり来店されてました。 待つこと数分。 木製の円形プレートに木製ボウルに入ったチキンとキーマ、そしてバスマティ米のターメリックライス。付け合わせはピクルスとサブジ。 まずはチキンのルゥのみをひとくち、ふたくち。トマト、クローブがそこそこ感じられるなかなかに本格的なカレーです。強烈さはありませんが“ザ・カレー”らしさがふんだんに出ています。 お次はキーマをルゥのみで。こちらは濃厚でスパイスの個性がかなり強調されている硬派なイメージです。他店に比べても粘度が強く、食べて少ししてからくる後追いのジワジワ感がたまりません。 後で知ったのですが、この店の本来の味を知るにはフィッシュが一番だとのこと。キーマの強烈なストレートで驚いて、フィッシュの奥深い味わいが感じられる変化球で感心させられる。 今回しくじったので近いうちにまた再訪問確定です(笑) #西中島 #カレー #激辛 #マサラ食堂

    ご無沙汰の西中島南方を訪問。ランチはこちらでカレーです。 チキン×フィッシュの2種あいがけ1000円をいただきました。カレーは3種類。チキン、フィッシュ、キーマ。前回はフィッシュ×キーマでした。 こちらのカレーはルーが濃厚。フィッシュ(鯖かな)の旨味がカレーに負けてなくて、ついフィッシュは入れてしまいます。 いつのまにか入り口に券売機ができちゃって動揺したけど、カレーは相変わらずの美味しさ。じんわり汗ばんでスパイス堪能しました。 #黄レンジャー

    【番号】No.385 大阪府 2019-357 【エリア】新大阪・西中島・十三 【再訪数】初訪問 【食べログ】3.47 【評価】味:8/10 CP:8/10 総合:8/10 【ジャンル】カレー 【一言】1口目の印象はかなりスパイシーでやや辛      口。後からじんわりとやってくるトマトや    玉ねぎのコクや甘さがぐっとくる。ご飯は        少し硬めに炊き上げ、カレーと合う。 #辛さが旨いスパイスカレー

マサラ食堂の店舗情報

修正依頼

店舗基本情報

ジャンル
  • カレー
  • インドカレー
  • インド料理
営業時間
定休日
予算
ランチ
~1000円
ディナー
~1000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス            
        阪急京都本線 / 南方駅(北出入口) 徒歩2分(150m)
大阪メトロ御堂筋線 / 西中島南方駅(出入口1) 徒歩3分(170m)
JR東海道本線(京都線)(京都~大阪) / 新大阪駅(西口) 徒歩9分(700m)            

                    ■バス停からのアクセス            
        大阪市バス 93 地下鉄西中島南方 徒歩3分(200m)
大阪市バス 41 西中島五丁目 徒歩3分(200m)
大阪市バス 93 西中島一丁目 徒歩5分(330m)            

          
店名
マサラ食堂 まさらしょくどう
お店のホームページ

席・設備

座席

13席

(テーブル席 (4人がけ 2テーブル))

個室
カウンター

(6席)

更新情報

最初の口コミ
shu.g
最新の口コミ
Akinori Masui
最終更新

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ PayPayを使いたいお店をリクエストをする際は こちら からお問い合わせください。

このお店は以下のお店が移転した店舗です

移転前の店舗情報は次のリンクからご確認できます。


西中島の洋食・西洋料理でオススメのお店

大阪の新着のお店

マサラ食堂のキーワード

マサラ食堂の近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

西中島周辺のランドマーク