いなせ いなせ

14人がオススメしています 口コミをみる

予算
営業時間外
~15000円
最寄駅
JR東西線 / 新福島駅 徒歩5分(370m)
ジャンル
寿司 魚介・海鮮料理
定休日
毎週月曜日
もっとみる
06-6345-6468

瀬戸内の旬のネタ満載、職人技をカウンターで味わうお寿司屋さん

口コミ(3)

    20年ばかり前に気に入っていた鮨屋が京橋の外れにあった。京阪やJRの駅からは遠いマンション群やホテル街に近い不便なエリアであったので何時も同心の自宅から自転車で源八橋を渡って通ったものだ。カウンターだけの小さな店であったが明石の名店「菊水」出身の若きイケメン店主の気合いが感じられる良い鮨屋であった。口下手で接客は今ひとつであったが天然しか用いない頑固な姿勢と関西箱寿司までキッチリこなす確かな技術が強力に小生のハートを掴んでいたのであった。 先日小生は福島から中之島に至る「ほたるまち」エリアの「堂島クロスウォーク」に向かっていた。8年前、京橋の外れから此の超人気エリアに移転していた「いなせ」の鮨を頂くためである。長い間行かなかったのには理由がある。基本的に申して小生は極端にエリアを離れて移転する店は嫌いである。例えば千鳥橋にあった「六覺燈」はその地を棄てて黒門市場内に移転した。その地で世話になった客を置き去りにしてである。「いなせ」もまた京橋の常連客を見棄てて「堂島クロスウォーク」に移ったのである。無論店の発展のためなら恩のある地を離れても悪い訳ではないが、理屈で分かっていても何か釈然とせぬものを感じてしまうのである。 そんな訳で長らく「いなせ」に行かなかったし他にも気に入った鮨店は幾らもあったから忘れてもいたのであった。今回は自転車で北新地方面に向かっている最中に突如思い出して「久々だ、もういいだろう、一回覗いてみよう!」となったのである。「堂島クロスウォーク」に着くと何やらイベントをやっているようで凄い人だかりであった。「いなせ」も一杯ではないかと慌てて店前から電話をしてみると席はあるとのこと、暖簾を潜り引き戸に手を遣りガラガラあけてみた。 入店してみると老眼が始まっているのか眼鏡を掛けてはや初老風になっているご主人が小生の姿を見るや「久しぶりですね、トシオカさん、どうぞどうぞ此方へ!」と席を勧めて下さった。ちゃんと忘れず覚えていてくれたことがとても嬉しくて瞬間泣きそうになったが無理やり笑顔を作り「此方へは初めてですわ、前からより広くてええ店でんなあ!」と余裕があるように見せる小生であった。先ずはプレモルを頼み様子を伺い鮨は「お任せ」でお願いすることにした。因みに此処「いなせ」は昔からアテ、ツマミの種類は少なく切るだけの刺身が殆どで今時の「黒杉」や「さえき」のような豊富かつ多彩なアテやツマミを期待してはいけない店なのである。ので主たる目的は天然の魚と握りを味わうだけの鮨屋だと認識しておく必要はある。さて最初は勘八と剣崎、真鯛の造り。天然であることは言うまでもないがやはり昔同様のピカピカの魚を仕入れていることが確認できた。続いては蒸し鮑と真子、いい感じの蒸しと煮付けの仕上がりであった。その後が和歌山産本鮪で最高ではないが先ず先ず合格の品、その後続いて数の子が出されたが此れは何故この時期に供されたのか小生には意味不明であった。ツマミに合わせた酒は広島の寳劔純米1合800円也で大変良好なマッチングだと感じることができた。 さて区切りに此方自慢の箱寿司が2カン供されてアテは此れまでと相成る。続いては握りのステージとなる訳である。先ずは明石の蛸、柔らかく煮込まれていて最高、シャリの硬さもバッチリであった。次が淡路島の雲丹、北海道産とは異なる甘みが魅力だ。酒は同じく広島の雨後の月純米吟醸1合800円也である。ビールの残りと冷酒を交互に頂いていると酔いも回り始める。ネギトロと玉子、焼き穴子と頂いて何時もより回りが早いのを感じる小生であった。久々にご主人に体面したからであろうか、はたまた盆明けで疲労が蓄積していたのであろうか、何れにせよ、この辺りで切り上げようと思っていたらご主人の読みが鋭いのか酔っているのを悟られてしまったのかは分からぬが、ラストの干瓢巻きが出て此れにて一式終了となったのである。其れにしても久しぶりに頂いた「いなせ」の鮨は昔と一向に変わることなく美味であると同時に相変わらずネタの種類は少な過ぎるなとも思ったのであった。茶碗蒸しまで含めて20種類程てあるから一貫づつなら満腹にならぬ御仁も居られるのではないかと心配もした。かくして1時間余りで「お任せ」コース一式が早々と終了し代金を支払う。締めて13900円であった。京橋時代は9000円ほどであったからやはり値上りはしているなと感じた。大将がはじめに「今時はいい魚も少なくなったし値段も高くなりましたわ、やりにくい時代になったものです」と仰っていた言葉の意味がよく分かった勘定の瞬間であった。

いなせの店舗情報 修正依頼

ジャンル
  • 寿司
  • 魚介・海鮮料理
営業時間
定休日
カード
予算
ランチ
営業時間外
ディナー
~15000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス            
        JR東西線 / 新福島駅 徒歩5分(370m)
京阪中之島線 / 中之島駅 徒歩5分(390m)
JR大阪環状線 / 福島駅 徒歩6分(420m)            

                    ■バス停からのアクセス            
        大阪市バス 53 中之島四丁目 徒歩3分(200m)
大阪市バス 55 浄正橋 徒歩4分(260m)
大阪市バス 53 田蓑橋 徒歩4分(280m)            

          
店名
いなせ いなせ
予約・問い合わせ
06-6345-6468
お店のホームページ
宴会収容人数
21人

席・設備

座席

21席

個室
カウンター
喫煙席

(分煙)

貸切
貸切不可
お子様連れ入店
たたみ・座敷席
なし
掘りごたつ
なし
テレビ・モニター
なし
カラオケ
なし
バリアフリー
なし
ライブ・ショー
なし
バンド演奏
不可

特徴

利用シーン
  • デート
  • 日本酒が飲める
  • ディナー
  • 喫煙可
  • 個室

更新情報

最初の口コミ
Seki Kitahama
最新の口コミ
Koji Makita

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ PayPayを使いたいお店をリクエストをする際はこちらからお問い合わせください。

この店舗の運営者様・オーナー様へ

Rettyお店会員にお申し込みいただくと、お店のページをPRしたり、店舗情報の編集をすることができます。

スマホ決済はPayPay!初期費用・決済手数料・入会手数料が0円で導入可能です。

人気のまとめ

いなせの近くのお店

福島のすし・魚料理でオススメのお店

大阪の新着のお店

いなせのキーワード

いなせの近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

福島周辺のランドマーク

06-6345-6468