パヴェナチュール pave nature


予算
~1000円
~1000円
ジャンル
パン屋
定休日
毎週火曜日 毎週水曜日
もっとみる
075-952-1188

【京都観光&パン屋巡り其の16】 大山崎駅から歩いて15分ほど、途中から軽く山を登った場所にそのお店はあります。 パヴェ(石畳)を冠した店名を示すように石畳が敷かれたお店はパン屋と言うよりも峠のオシャレな茶屋。店内でもイートインできますがオープンテラスや木のベンチなど自然を感じる要素が随所にある憩いの場、それがパヴェナチュールさん。 オーナーシェフはプチメック新宿で修行を積んだ女性でハード系のパンの数々はプチメックに勝るとも劣らず。どんな悪天候でも地元のお客や遠征客で溢れ返る人気店となっております。なお、このお店の近くにはサンクパンさんがあり、大阪のシュクレ・クールで修行を積んだサンクパン、東京のプチメックで修行を積んだパヴェナチュールは大阪vs東京の縮図として静かな火花を散らしてそうです。 このお店はパンが美味しいのもそうですが接客が非常にいいです。レジの方も受け答えがハキハキしていてとても魅力的。物腰も穏やかで丁寧、こういう仕事意識を高く持った女性は美しく見えますね。と思って後で聞いたらオーナーシェフさんでした。お客さんを大事にするという姿を他のスタッフもちゃんと見てるわけですね。 【ルヴァンバゲット】(320円) ライ麦と全粒粉を使ったバゲットでプチメックにもあるような1本クープ。パリッとしたクラストに反してクラムは気泡も少なくしっとりもっちりでかなりの密度。香りともっちりした口当たりを楽しむバゲットとしてプチメックのバゲットルヴァンと似たような方向性です。 【栗のバゲット】(230円) 小ぶりのバゲットに栗を練り込んだパン。パリッとしたクラストの噛み応えと、高加水のクラムに練り込んだ栗の甘さがベストマッチ。ホクホク感を増す為にもリベイクをおすすめ。 【ルヴァンフィグ】(300円) ライ麦と全粒粉で仕上げた生地にイチジクを練りこんだパンで金土日曜限定。元々加水量の高いパンだがイチジクの果汁も大量に生地に滲み出てとにかくズッシリとした重量感がある。生地にはイチジクの種が隅々まで練りこまれていてイチジクの実のない所でもプチプチ感が楽しめる。 ただイチジクの素材そのものの甘さのみに頼ってるので甘さはかなり控えめ。もちもちの生地とほんのりとした甘みとプチプチ感を楽しむだけという見た目と重さの重厚感に反して優しいパンです。 【自家製酵母パン プラム・くるみ】(350円) くるみはゴロゴロ入っているのだがプラムはどこにあるんだろうと食べてみると生地自体に練りこんである感じでプラムの風味がじんわり効いてくる。目の詰まった生地はしっとりもちもちで保水量も高くくるみも多いのでこれ1個でかなり腹に溜まる。 【自家製酵母パン クランベリー・チョコ】(350円) 上のプラム・くるみと同じタイプでこちらはクランベリーとチョコが練り込まれてます。チョコの苦味がしっかりしていてねっとり感のある生地に溶け込む感じで悪くはないのですがただそのチョコがクランベリーの風味を完全に殺してしまっている。こちらはちょっとバランス悪く感じました。 【小豆うぐいす】(120円) 表面に小豆、生地にうぐいす豆を練り込んだ豆パンでパヴェさんお得意の皮はパリッと、生地はもちっとした内容。全体的にはあっさり気味だがとにかく生地が美味しいのでこの素朴さがむしろいい方向に。生地の風味を損なわない程度の小豆とうぐいす豆の優しい甘さがこのパンを上質な物に仕立てています。 【さつまいも生姜パン】(220円) ゴマをまぶした生地の中に乱切りしたさつまいもを練り込み、隠し味に生姜を使ったパン。生姜と聞くとクセが強そうなパンと思われるでしょうが香り付け程度で生姜独特の辛味などはないので生姜の口当たりが苦手な人でも無難に食べられます。 【フーガスオリーブ】(180円) よくあるフーガスの形で、随所にオリーブの実が丸ごと練り込まれていてこのオリーブの塩辛さによってシンプルな生地が大化けする。むしろ塩辛すぎて酒が必要なくらい。オリーブ独特の風味は緩和されることなくどっしり来るので苦手な人は絶対回避推奨。 総評です。都会の喧騒から離れた見晴らしのいい穏やかなロケーション、丁寧な接客とスタッフ達の笑顔、ゆったりとした時間が流れ、日々の生活に追われない悠々自適のパン作りはパン屋の理想系の一つ。フランスとプチメックで修行した確かな技術は味わい深く説得力のある存在感をパンに与え、ハード系だけでなくそれ以外のパンも美味しくトータルバランスに優れたパン屋と言えるでしょう。とりあえずルヴァンフィグ、プラム・くるみ、小豆うぐいす、フーガスオリーブが個人的に当たりでした。ごちそうさまでした。 京都パン屋巡り ハード系 オーナーシェフはプチメック出身 ロケーションに定評のあるパン屋

コメント 10
  • ハード系いいですね、バゲット美味しそうです!

  • こんばんはakiraさん。ハード系の大御所プチメックの出身だけあって安定のハード系です。それでいてプチメックほど尖ってなくて幅広い層に対応する憩いの場というのも温もりを感じます(^_^)

  • ロケーションも良さげですねー。プチメックは今出川のしか食べたことないですが美味しいですよね!

  • プチメックに行くとそんなに買うつもりはなかったのに店から出てくる時は大量に買い込んでたとかあるあるですね

  • 今晩は(#^.^#)キッシュパン500円 食べてみたいです٩( ᐛ )و食パンのキッシュ

  • こんばんはアキコさん。食パン半斤使ったキッシュパンのボリュームは半端ないです(^_^) イートインだと温めてくれるのですが焦がさないようにとの配慮なのかぬるいのでテイクアウトでガッツリ熱を入れると最高に美味しいです

  • サンクパン同様こんなとこに‼︎って感じです♪ また行ってみます٩( ᐛ )و

  • 今出川のプチメック行って大好きになったので、プチメック出身の方のパン屋さんなら、間違いなさそうですね(^^) まあまあ近いし行ってみたいです♪

  • こんばんはユカさん。サンクパンから歩いて行ける場所にありますし是非行ってみてください!それにしてもこの2店がある地元の人が羨ましい。両方イートインあるし、こんなん通ってしまいますやん(^_^;

  • こんばんはカオルさん。プチメックと同じようなパンも数点ありましたしハード系の方向性はよく似てると思います。菓子・惣菜パンも色々趣向を凝らしてますので好みに合うパンはきっと見つかるとかと(^_^)

行きたい 105

Nobuhiro Itouさんの行ったお店

パヴェナチュールの店舗情報

修正依頼

店舗基本情報

ジャンル
  • パン屋
営業時間
定休日
その他の決済手段
  • PayPay
予算
ランチ
~1000円
ディナー
~1000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス                  

                    ■バス停からのアクセス            
        阪急バス 長岡京線18 山崎聖天前 徒歩2分(160m)
阪急バス 長岡京線18 大山崎町役場前 徒歩6分(440m)
阪急バス 長岡京線18 高橋 徒歩6分(480m)            

          
店名
パヴェナチュール pave nature
予約・問い合わせ
075-952-1188
お店のホームページ
FacebookのURL
https://www.facebook.com/Pave-nature-1503198449911186/

席・設備

個室
カウンター
喫煙
不可
※健康増進法改正に伴い、喫煙情報が未更新の場合がございます。正しい情報はお店へご確認ください。 [?] 喫煙・禁煙情報について

075-952-1188