大黒屋 だいこくや


予算
~6000円
~6000円
最寄駅
近鉄養老線 / 多度駅 徒歩13分(970m)
ジャンル
日本料理 魚介・海鮮料理
定休日
毎週木曜日
もっとみる
0594-48-2018

お刺身は色鮮やかで鮮度抜群。和の空間も魅力的な日本料理店

口コミ(3)

    鯉がこんなに美味しいなんて。 280年前と言えば江戸時代中期、暴れん坊将軍・徳川吉宗の頃。その時代から旅籠として「鯉料理」を提供していたという大黒屋。 伊勢神宮との両参りが良いと言われる「多度大社」の参道にあり、東海道を旅する人々に代々鯉を提供していたというお店。 行く前から鯉料理と聞いてビクついていた私。 今までの経験からざらついた食感、野性味あふれるにおいなどで、「珍味」扱いしている鯉。 しかしここは「まな板の上の鯉」状態、抗わずとにかく受け入れよう、という気持ちで入店したのです(お店の方ごめんなさい)。 ところがなんとも、このお店のおかげで大好物になってしまいました。まろやかな鯉の風味はしっかりとあり、かつ癖やにおいは全くありません。 このお店の素晴らしさは鯉のあらいを醤油で食べさせるところです。通常は酢味噌など、濃いつけだれで食べさせるのが一般的ですが、全く臭みがないことの証として醤油で食べさせるのです。もちろん、口の中には柔らかな川魚の旨みが広がってとても美味しいです。 お店の方と廊下ですれ違ったとき、正直に「私は食べられないと思っていた鯉を、こちらのおかげで大好きになりました」と言いました。 そうするとこちらの鯉の処理を教えてくださいました。 鯉はエサ止めし、数か月きれいな水の中で泳がせます。お客さんが来てからさばくためとても新鮮で鯉こくなどのアラまでもプリプリとしているのだそう。 専門店として「鯉のうろこのから揚げ」や「鯉の尾びれの刺身(あらい)」など、部位ごとの楽しみ方もできます。 お庭も素晴らしく、特にその池は飛び込みたくなるくらいに青いです。清水湧き出る三重県桑名市・多度の自然と風土が育てた料理だとも言えます。 こういう一食こそが人生の中の豊かなひと時ですね。 冬は水温が下がるため、より引き締まった鯉が食べられるということです。 「苦手だっておっしゃる方が多くてね…」とお店の方。 このお店に出会えば鯉の本当の楽しみ方がわかると思います。 またそれほどに鯉は繊細な調理の技が必要ということでもあり、280年の歴史は伊達じゃないと思いました。

    江戸時代、八代将軍徳川吉宗の頃を始祖とする老舗❗ 彼の文豪(池波正太郎先生)ご贔屓の店❗ 多度大社の奥に在る鯉料理の老舗❗ 此処へ来て驚くのは、歴史的建物と、鯉料理のレパートリーです、先ずは、江戸時代の宿場を連想させる外観と、池波正太郎作品の、(剣客商売)を連想させる、江戸郊外に在る重厚なお屋敷風建物の玄関に気分が高揚します❗、私奇しくも、池波正太郎先生の作品には、小学校の頃から縁があり、(真田太平記)(鬼平犯科帳)(その男)など…画像で見たり、読書したりと、拝見していました、この店(大黒屋)さん、彼の先生が取材旅行滞在中二度訪れた鯉料理の専門店であり、「これほどまでに多彩な料理ができようとは思っても見なかった。おそらくこの(大黒屋)にしてはじめて出来得る(芸)なのではあるまいか」と賞賛している屈指の名店です、いささか前置きが長くなりましたが、店に通されて一品目は、(荒く叩いたすり身と鱗の二種の唐揚げ、荒く叩いた鯉の身肉は、臭みが一切無く、鱗の素揚げがポリポリとして、食欲を掻き立てるに、最適でした❗、ついで前菜、だし巻き玉子の海老載せ、キノコと鯉の浮き袋の湯引き和え物、鯉の南蛮漬け、だし巻きと海老は、前菜にぴったり、ビールが欲しくなります、キノコは甘く下煮してあり、鯉の浮き袋…何故か白いキクラゲを想像してしまう位、口当たりは、(グニャリと❗)、続い鯉こく、赤味噌仕立てを想像してましたが、使った味噌は、白味噌仕立て、しかも麹が良く利くタイプ、甘酒をイメージしてしまう位の優しい味で、入った鯉の部分は、ヒレカマの部分で、よく動いた筋肉質の身肉に、よく逢います❗メインの旨煮or鯉の洗い、旨煮は、あくまでも柔らかく炊き上げ、腹のトロの部分で、甘味を引き出し、鯉料理で在る事を忘れてしまう❗鯉の洗いは、連れ様の両親から一口頂いが、こので循環している清水と氷で更に締められ、(コリっと)した歯ごたえと、鯛とは違う白身の刺身に引き上げられた身に、心から拍手を贈りたくなりました、ご飯は、白米を硬めに炊いてあり、(こわっ❗)とした食感が印象的、果物は季節の物と思われ、ミカンを❗食後のコーヒーが嬉しい、ランチ2080円を選択。 #文豪、池波正太郎先生が愛した鯉料理 #店のロケーションも見所の1つ❗ #様々なレパートリーが在る料理 #湧き水で泥抜きの鯉は、魚の“王様に勘違い” 追記、興味がなければスルーして下さい。池波正太郎先生について、池波正太郎記念館が、信州上田にあります、そちらで書斎の再現、どのようにして執筆していたか紹介してあります、私個人的に、好きな 、作家先生の中(山崎豊子・司馬遼太郎・吉川英治・そして池波正太郎)諸氏先生の中で、一番グルメ投稿に相応しい作家先生且つ、趣味人で、一番人間らしい作品を書かれます、昼間は、構造を練る為に、銀座界隈で映画を見て、食事をする、仕事は、夜、江戸や戦国時代の古地図を見て、昼間の映画や食事をヒントに、自分の独特の世界観を展開、それでいて、前者三氏に負けぬ人生観を示してくれる…(その男)より「人と言うものはな、虎之助(この物語の主人公)。いまだに獣なのだ。そりゃ、本も読むし、ものごとを考えもする、その機能は、何千年前からすこしも変わらないのだよ。…省略…時勢の流れが、いかに激しく変わろとも、変わらぬ人として生きてもらいたい…省略…つまらぬ時のうごき、世のながれなど、気にせずに生きてくれ、…省略…人の躰のしくみが変わらぬかぎり、世のうつりかわりなぞは、つまらぬものだ。」と趣味、仕事、哲学と魅力在る作家です、更にグルメ本を2冊を執筆している作家です、個人的にこの店、(剣客商売)に出て来るイメージがします、池波正太郎作品と愛した店如何❔

大黒屋の店舗情報

修正依頼

店舗基本情報

ジャンル
  • 日本料理
  • 魚介・海鮮料理
営業時間
定休日
予算
ランチ
~6000円
ディナー
~6000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス            
        近鉄養老線 / 多度駅 徒歩13分(970m)
近鉄養老線 / 下野代駅(2.7km)
近鉄養老線 / 美濃松山駅(2.8km)            

                    ■バス停からのアクセス            
        桑名市バス 北回り右 宮川 徒歩1分(14m)
桑名市バス 北回り右 多度町総合支所 徒歩5分(380m)
桑名市バス 北回り右 金谷 徒歩6分(430m)            

          
店名
大黒屋 だいこくや
予約・問い合わせ
0594-48-2018

特徴

利用シーン
  • ランチ
  • 宴会・飲み会
  • 接待
  • デート
  • 忘年会
  • 新年会
  • ディナー
  • ご飯

更新情報

最初の口コミ
Atsuhisa Hayashi
最新の口コミ
河本国博

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ PayPayを使いたいお店をリクエストをする際は こちら からお問い合わせください。

大黒屋の近くのお店

桑名の和食・日本料理でオススメのお店

四日市・鈴鹿・亀山の新着のお店

大黒屋のキーワード

大黒屋の近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

桑名周辺のランドマーク

0594-48-2018