十萬石 高田店 じゅうまんごく


予算
~1000円
~1000円
最寄駅
JR信越本線(篠ノ井~直江津) / 北長野駅(2.5km)
ジャンル
うどん 天ぷら 定食 丼もの
定休日
毎週水曜日
もっとみる
026-243-3824

注文を受けてから生地を延ばして切り茹でる、手打ちのうどん屋さん

口コミ(9)

    「お好きなだけどうぞ」 という言葉には絶対的に弱いものである。卓上の野菜類や漬物、ご飯、スープ、味噌汁などセルフで。などというパターンに出くわすと、心はときめきっぱなし、少々満腹でも、医師に止められようと、家内に制止されようと二度三度とおかわりに行ってしまうのは、やはり意地が汚いためである。 歳の離れた兄2人の迫力に押されて、とかなんとか後付けで言い訳などしているものの、もともと欲張りな性分なのである。おれ甘やかされて育ってるし。 ということで、どこで何食べるか。基本的なことが決まっていない場合は、なんとなくサラダバーのあるお店、ご飯・味噌汁おかわり自由なお店を選択しがちなのだ。あぁ50すぎて情けない。 「十萬石 高田店」 長野市有数の"コシのあるうどん"で有名な店である。なにしろ麺が曲がらない。一度で噛みきれない。噛み締めないと飲み込めないというスーパーハードUDONなのである。カレーうどんを注文することが多いのだが、今回はセットメニューとする。 「カツ定食セット」972円 厚くてデカいとんかつ皿に丼めし、そこにミニうどんが装備されるというお得なセット。 トンカツソースがたっぷりかかったカツは食べ応えも迫力も満点。うどんはそもそもミニじゃないし。温・冷どちらかが選択できるのだが、陽気から考えて冷たい方で。薄味の出汁に固い固いうどん、わかめ、ネギというシンプルな具とともに氷が乗っている。冷たくてよろし。 そして、いつものサラダバー。大きなザルに大量の千切りキャベツとキュウリの輪切り。青じそドレッシングをかけていただく。いつもはこれだけなのだが、今日はかぼちゃの天ぷらも取り放題。たまぁに気まぐれに登場するのだ。この気まぐれがたまらない。あぁ美味い美味しい。

    たとえば、長男坊、次男坊、三男坊の三人息子がいたとしよう。…いや三人娘でもよいのだが、サンプルがないので、この場はオトコばかりのむさい、すなわち私が育った家庭の話としてみよう。  長男次男三男の中で、もっとも得をしたのは誰か。それはもちろん長男であろう。父も母もまだまだ若いし、第一子馴れぬ子育てともあれば手の掛け方も、期待も他とは違おうというものだ。兄ちゃん、地球儀やサッカーボールやバイク買ってもらったの、あーただけだぜぇ。もっともこちらは欲しいと思ったことすらないが。  2番目は間違いなく三男だ。商売上も経済的にもうまく回り始めてから出来た子、いや商売上も経済的にもうまく回り始めたからこそ3番目が欲しい欲しいと授かった子であるから、甘やかされたという点では三男が一番かもしれない。  まことに残念なことに可哀想なのはご次男さまかもしれない。長男よりは場慣れしているから手はかけられない。少し落ち着いたところで三男の登場により忘れ去られる。 「うちのお父さんは子どもの頃の写真がない」 と嘆いたの次男の連れ合いである。 そして、ヒネこびれた小僧が出来上がる。  育てた両親からすればまったく差別はない。これは経験上からも断言出来ることだが、ただその場その時の状況、商売であったり経済的なものであったり、はたまた家族間の状態であったりが影響して多少の色むらが出てしまったとしても、無理からぬ事ではある。  具体的にどのようにヒネこびれていたかを記述すると、いろいろ支障があるのでやめておくが、 「生意気で絶対に謝らない」子であったと母が言っていた。子どものくせにシャレもので、同級生の中で一番早く長ズボンをはき、ランドセルをやめ、飲む、打つ、買うも一番だったというと面白いのだが事実ではない。  ある時、長男次男が中学、私が小学低学年のころ。少し前に引っ越した長男友だちの家に招待された。おばちゃんが好きな食べ物を言え、作っておいてやる。というので長男と私はハンバーグだの唐揚げだのをリクエストしているのに次男は 「おれ、朝鮮漬け喰いたい」 あの辛い辛い、キムチなんて名前が定着する前の、韓国異文化真っ只中の"朝鮮漬け"を食べたいなどとは、なんて生意気な可愛げのないガキなんだろう。   「十萬石 高田店」 いつものうどん屋さん。バシバシに固く太いうどんでとんでもないほど個性的なお店で今回いただいたのは、  「キムチカレーうどん」972円 はっきり申し上げて、カレーうどんはこちらでもっとも完成度が高いメニューである。大根、にんじん、ネギ、豚こま肉などが大量に入ったスパイシーなカレースープに固い硬いうどん、そして辛いキムチ。同じ辛味でも微妙な違い味わい同士の幸せな出会いといえる。これは美味い。  はてさて おばちゃんの美味しいハンバーグやら唐揚げを喜んで食べている長男三男を睥睨し、いざキムチならぬ朝鮮漬けを食べようとした次男坊、テーブル上に紅い小鉢が見当たらない。おばちゃん!朝鮮漬けないよ!と登場したのは真っ白な普通の白菜漬け。おばちゃん、朝鮮漬けの食べ方知らなかったので、ぬか漬けの要領で洗ってくれちゃったわけで。落胆しきった次兄の顔はいまでも忘れられない。

    長野市でうどんといったらこちらのお店がオススメです!手打ちのうどんで注文を受けてから生地を延ばして切り、茹ででいるそうです。キャベツがセルフサービス食べられます。 十萬国うどん¥1080を注文しました。 太くコシのある麺で、まるですいとんのような食感です。大根・こんにゃく・ちくわ・さつまいもなど、おでんのような具が入っておりボリューム満点! 古民家のような雰囲気があるのもいいと思いました。

十萬石 高田店の店舗情報

修正依頼
ジャンル
  • うどん
  • 天ぷら
  • 定食
  • 丼もの
営業時間
定休日
予算
ランチ
~1000円
ディナー
~1000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス            
        JR信越本線(篠ノ井~直江津) / 北長野駅(2.5km)
長野電鉄長野線 / 桐原駅(2.6km)
長野電鉄長野線 / 信濃吉田駅(2.8km)            

                    ■バス停からのアクセス            
        長電バス 長野・屋島・須坂線 南高田 徒歩2分(110m)
長電バス 長野〜新潟線 高田 徒歩5分(340m)
長電バス 長野・屋島・須坂線 緑ヶ丘小学校口 徒歩5分(350m)            

          
店名
十萬石 高田店 じゅうまんごく
予約・問い合わせ
026-243-3824

特徴

利用シーン
  • ランチ
  • おひとりさまOK

更新情報

最初の口コミ
Kouiti Yoda
最新の口コミ
Arata Kondo

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ PayPayを使いたいお店をリクエストをする際は こちら からお問い合わせください。

この店舗の運営者様・オーナー様へ

Rettyお店会員にお申し込みいただくと、お店のページをPRしたり、店舗情報の編集をすることができます。

スマホ決済はPayPay!初期費用・決済手数料・入会手数料が0円で導入可能です。

人気のまとめ

十萬石 高田店の近くのお店

長野市のラーメン・麺類でオススメのお店

長野市の新着のお店

十萬石 高田店のキーワード

十萬石 高田店の近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

長野市周辺のランドマーク

026-243-3824