ターバンカレー須坂インター店 たーばんかれーすざかいんたーてん


予算
~1000円
~1000円
最寄駅
長野電鉄屋代線 / 井上駅 徒歩7分(510m)
ジャンル
カレー
定休日
無休
もっとみる
026-246-8998

こってり好きには堪らない、地元で人気の金沢カレーの有名店

口コミ(14)

    誰に教わったわけでもないが、子どもの頃からなんとなく覚えていて、長い間そう思いこんできたから、まったくのノーガード。すべてこれが大正解と確信していたものが、まったく違う意味に、いや違わないまでも、想像していたのとは真反対の成り立ち方をしていた。なんて事はしょっちゅうある。  「下らない」 という言葉は、それこそ生まれる前から使っているのではないかという、すでに慣用句と成り果ててている。なんとなく相手を見下すような、罵倒語のように使っていたがじつはかなり違う意味なのである。  関東関西を比較する向きがあるが、食料生産という観点では圧倒的に関西が上なのだそうだ。そもそも関東は富士山噴火に伴う降灰で土地が痩せロクなものが取れない。それに幕府が置かれていたことからも江戸は政治・行政が中心の都市であり、生産物も生産者も少ない状況となる。よいものは関西から仕入れるしかない。現在は東京が首都とされているが、その昔は京都が首都であった。したがって上京するのは関西、関東は下っていく方向となる。したがって価値の高い関東に売る事が出来るものを「下りもの」、価値の低いものを「下らないもの」というようになった。  たしか司馬遼太郎「菜の花の沖」に登場したエピソードだったが、これには驚いた。日常的にあまりよい言葉でないと思いながら使っていたものが、これほど雅な意味があったなんて。  "牛肉や豚肉のひき肉とタマネギのみじん切りを塩やコショウで味を整えて練り上げ、小判型に成形してパン粉などをつけてから油で揚げた料理" のことを「メンチカツ」ということは子どもの頃から確信していた事で、磐石に揺るぎのないものと思っていた。ところが、先だって関西出身の友人がそれは違うといいだした。 そもそもひき肉は"ミンチ"であって"メンチ"ではない。その証拠に関西では「ミンチカツ」というのだと聞き、少々驚いた。なるほどごもっとも。メンチでは睨みを効かすこととなってしまう。常識が塗り変わった瞬間、しかも少し雅な香りがしてくるようで、どことなく気分がよい。   「ターバンカレー 須坂インター店」 金沢カレーの名店だ。先割れスプーンでたべる、まったりどろっとしたカレーがとてつもなく美味いのだ。  「茄子と挽肉のカレー ビッグメンチカツ」 賽の目に切られた茄子とひき肉をカレーに投入。その上にビッグメンチカツが積載される。粗くひかれた豚肉と玉ねぎがたまらない。甘めのカレーとの相性が素晴らしくよい。そして茄子、ああ美味い美味い美味い。   なぜ"ミンチ"が"メンチ"になったのかはよくわからないとのこと。明治初めに東京の洋食屋がこの料理を考案。ミンス(minced:挽き肉)ミート(meat:肉)カツレツ(cutlet)という3点の外来語を合わせて名付けたものらしい。以来、あちらこちらに伝わるうちになまっていった。という事らしいが、実際にはわからないのだそうだ。とはいえ明治っぽい大らかさが感じられて、これもなかなか面白い。

    カレーが好きだ。マニアというほどではないし、毎日食すというほどでもない、ごく一般的な"好き"に属するものではあるが。 どのようなカレーでもよいのだが、どちらかといえばサラサラタイプよりドロっと濃厚なものを好む。そんなわけでこの「ターバンカレー」にはちょいちょいと通わせていただいている。 じつは、こちらのドロドロまったりカレーにルーが見えないほどトッピングを重ねるのも好きなのだ。この日はデフォルトのターバンカレーに ・クリームコロッケ ・ベーコン ・なす という構成だ。ごはんを大盛りにしたのは言うまでもない。クリームコロッケは具材はとくになし。しかし粘っこいクリームの旨味が濃厚でよい。ベーコンはぷりっぷりの歯ごたえ舌ざわりである。なすほど美味い食材はない。これほど気前よく盛りつけてくれるとは、嬉しすぎてスキップをしてしまいたくなる。これらを伝統の先割れスプーンでいただく幸せよ。 「ポテトサラダ」 こちらも定番化している。千切りキャベツとプチトマトがとても可愛らしい。

    信州・須坂のインターの近くにある金沢カレーのお店。 チョイスカレーを注文。ハンバーグとチキンカツを選びました。 写真からも伝わると思いますがビッグです!もはやカレーではなく肉がメインのようですが、食べごたえ抜群!! お腹空いているときはこちらのカレーがおすすめですが、もちろん普通のカレーもありますよ。 #カレー

ターバンカレー須坂インター店の店舗情報

修正依頼
ジャンル
  • カレー
営業時間
定休日
予算
ランチ
~1000円
ディナー
~1000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス            
        長野電鉄屋代線 / 井上駅 徒歩7分(510m)
長野電鉄屋代線 / 綿内駅 徒歩29分(2.3km)
長野電鉄長野線 / 村山駅(2.5km)            

                    ■バス停からのアクセス                  

          
店名
ターバンカレー須坂インター店 たーばんかれーすざかいんたーてん
予約・問い合わせ
026-246-8998
お店のホームページ

特徴

利用シーン
  • ランチ
  • おひとりさまOK
  • 昼ごはん

更新情報

最初の口コミ
Katsutoshi Fukuta
最新の口コミ
Ryo Watanabe

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ PayPayを使いたいお店をリクエストをする際は こちら からお問い合わせください。

この店舗の運営者様・オーナー様へ

Rettyお店会員にお申し込みいただくと、お店のページをPRしたり、店舗情報の編集をすることができます。

スマホ決済はPayPay!初期費用・決済手数料・入会手数料が0円で導入可能です。

人気のまとめ

ターバンカレー須坂インター店の近くのお店

須坂の洋食・西洋料理でオススメのお店

長野・北信の新着のお店

ターバンカレー須坂インター店のキーワード

ターバンカレー須坂インター店の近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

須坂周辺のランドマーク

026-246-8998