白扇

はくせん

予算
~2000円
営業時間外
最寄駅
上田電鉄別所線 / 別所温泉駅(6.4km)
ジャンル
カレー
定休日
不定休
0268-45-3404

無農薬の発芽玄米を使用したバングラデシュカレーがおすすめ

口コミ(3)

    仕事柄あちらへこちらへと出てまわる事が多い。といってもタクシー運転手でも運送業者でもないから、東北信地域を中心に依頼を受けた先を回って歩くといった程度のことだが、20年もこのような生活をしているとかなりな範囲の道筋を覚えてしまった。 ⁡ ああ、オレって土地勘あるんだなぁ。と、悦に入る事はしばしばあるのだが、本当を言えば行ったことのない場所などゴロゴロある。じつは今日お邪魔した鹿教湯温泉など、その最たる場所であった。 ⁡ 上田・丸子から松本へ至る三才山トンネルの手前を右に少し入ったところにある温泉地。以前から存在も場所も知ってはいたが、なにしろ用事がないから行ったことがなかったのだが、この度こちら方面へちょっとした用事ができたのを多としてお邪魔することとした。 ⁡ 温泉地 といっても大して広い範囲ではない。山間の谷間にへばりつくようにしていくつもの旅館やホテルが林立している様はまるで箱庭のようだが、開湯1200年という由緒ただしき温泉なのだそうだ。平日だけあって、歩く人はほぼいないが、鄙びた風の流れる静かな街並みであった。こちらで頂いたランチは街並みと反対の熱量を感ずる店であった。 ⁡ ⁡ 「白扇」 店先の看板には『おいしいカレーとケーキの店 はくせん』とあるが、諸方面を調べると『白扇』が本名のようなのでこの表記とする。 ⁡ 入口から店内まで数段下りるようになっているため、地下にあるのではないかと感ずるが、確認すると傾斜地に建っているためこのように見えるだけだ。バングラデシュカレーというからには、あちら風のけばけばしたインテリアを予想したがさにあらず。落ち着いた「昭和のインテリ家庭」といったテイストでワクワクしてきた。 ⁡ ⁡ 「幻のバングラデシュカレー 」1250円 そもそもバングラデシュとインドとネパールとパキスタンの違いがわからない雑なオヤジだが、このカレーの美味さは理解できる。 ⁡ 玉ねぎを飴色になるまで炒め5種のスパイス、ニンニク、生姜を加え2時間ほど煮込んだカレースープ。ご飯は白米ではなく東御市で無農薬で生産された玄米を使用されている。 ⁡ ほんのり紫がかった褐色の玄米ご飯に素揚げされたたくさんの野菜。カボチャ、ピーマン、じゃがいも、レッド・イエローの両パプリカ、にんじん、ブロッコリー、ミニトマト(これは生のまま)、そしてナス!ここにグレイビーポットからカレーソースをとろとろとろ。野菜たちの優しい歯ごたえと、硬い硬い玄米を中辛のカレーが見事に調和させる、そんな感じだ。このところ、あちら式のカレーはナン!と思っていたが、この玄米はハマってしまいそうだ。 ⁡ ⁡ マスターのお話を聞きながらの食事となったのだが、これが興味深い。じつはこの店はまったく別の女性オーナーが切り盛りされていたのだが、4年ほど前に急逝されてしまったとのこと。しばらく前にここを訪れた現マスターが、それまでの歴史をぜひ継ぎたいと熱く申し出、ご家族、ご親族の許諾を得て再オープンされたのがこの5月であったとのこと。こういう話をきくと、自堕落に生きているわれが恥ずかしくなってきてしまう。 ⁡ 【この項続く】

    むかしむかし といってしまえば幅が広すぎて『いつの時代』と特定するのが難しい。昔話というのは説法・説話の一部として成立しているわけだから、あまり正確なことを追求することはヤボとしか申し上げようがない。まぁとりあえず仏法説話ができた平安時代くらいと考えておこう。 ⁡ では改めてむかしむかし、平安時代くらい…『くらい』といっても400ねん程度のスパンがあるのだがHSPでもあるまいし気にしないでおこう。どからはっきりと『平安時代のあるとき』のこと。草深い科野の、そのまた奥の山奥の丸子という地にいた名もなき猟師ひとりいたのだとか。 ⁡ 名もなきというくらいだからどれほどの年齢でどのような人物でいかなる生涯を経てきたか、などはまったく定かではない。かろうじて男性で極めて信心深いものであった、というくらいがわかっている程度か。 ⁡ かの者が、いつも通り猟のため山中を歩き行くと、彼方に一頭の大鹿がいる。おおおこりゃ大物だと息を潜め矢を放つと見事命中!すべからく捌いて本日の獲物とすべしとかけよったが、さしもの常に野にいるけだもののこと、すぐには絶命せずたったかたったかと逃げていく。 ⁡ こりゃいかんと追いかけて行った先に見つけたのは、矢が突き刺さったままの鹿が池で水浴びをしている。これはなんだと手を入れてみると温かい。そこに文殊菩薩が現れて、 「信心深いお前に湯のありかを教え授けた。この湯を世に広めよ」 とのありがたいお言葉を賜った。以来鹿が教えてくれたから「鹿教湯温泉」との名がついた。というのが鹿教湯温泉の由縁だそうだ。ふざけて書いたのは昔話らしい辻褄のあわなさが気になったからで他意はない。 ⁡ ⁡ 「白扇」つづき マスターに勧められるままにデザートタイムに突入。2種あるもののどちらにするか迷っていたら、迷ったときは両方だねとハーフ&ハーフとしてくれた。 ⁡ ⁡ 「上田市老舗旅館 桂旅館さん特別ご協力スイーツ」450円 桂旅館とは上田市内にある有名な料理旅館とのこと。そこで調製されたデザート2種。イタリアンプリンと大人のショコラ。前者はプリンというよりも柔らかめなベイクドチーズケーキといった風情。濃厚な玉子と牛乳の香り・味わいが素晴らしい。後者は超濃厚なガトーショコラ。ねっとりまとわりつくチョコレートは甘さよりも苦味がたっていてこれはまた素晴らしく美味い。 ⁡ ⁡ ⁡ 硬い玄米と様々な野菜の素揚げたち、そこに優しい中辛のバングラデシュカレーという目の覚めるような美味い料理を堪能しつくした。先にも書いたとおり、現マスターが残されていた店をそのままに、残されていたレシピのまま継承したカレーなのだという。 ⁡ たまたま訪れた鹿教湯温泉で、偶然に訪れた元カレー屋さん。4年前2017年5月2日に閉じられたままの空間と出会い、早逝された前オーナーが残された物語をビビビと感じられ、その場で 「私に復活させてください!」 と申し出てしまったのだそうだ。70代なかばの元気いっぱいマスターの気持ちのよい姿が、丸子の信心深い猟師にオーバラップしてなんだか心地よい気持ちになった。

    初訪問 松本市内から車で40分くらい バングラディッシュカレー辛口をいただきました 素揚げのお野菜が無農薬の発芽酵素玄米の上にたっぷり乗っています! お野菜が美味しい! カレーはじんわり辛口の優しいお味です\(^o^)/ 付け合わせは、自家製鳥のスモーク・蕨のおひたし・コーヒーゼリーです。 鹿教湯は鄙びた温泉地ですか、こんな美味しいカレーを食べることができる素敵な所です\(^o^)/ #GW2016

白扇の店舗情報

修正依頼

店舗基本情報

ジャンル
  • カレー
営業時間
定休日
カード
不可
予算
ランチ
~2000円
ディナー
営業時間外
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス            
        上田電鉄別所線 / 別所温泉駅(6.4km)            

                    ■バス停からのアクセス            
        松本電気鉄道 鹿教湯温泉線 鹿教湯温泉 徒歩1分(53m)
千曲バス 鹿教湯線01 鹿教湯温泉駅 徒歩1分(53m)
千曲バス 鹿教湯線01 鹿教湯病院前 徒歩2分(150m)            

          
店名
白扇 はくせん
予約・問い合わせ
0268-45-3404
お店のホームページ

席・設備

座席

22席

個室
カウンター
喫煙
不可
※健康増進法改正に伴い、喫煙情報が未更新の場合がございます。正しい情報はお店へご確認ください。 [?] 喫煙・禁煙情報について
貸切
貸切不可
お子様連れ入店
駐車場
あり

専用Pあり

たたみ・座敷席
なし
掘りごたつ
なし
テレビ・モニター
なし
カラオケ
なし
バリアフリー
あり :※地下にある店のため階段あり。
ライブ・ショー
なし
バンド演奏
不可

特徴

利用シーン
  • ランチ
  • おひとりさまOK

更新情報

最初の口コミ
Kozo Sato
最新の口コミ
Arata Kondo

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ PayPayを使いたいお店をリクエストをする際は こちら からお問い合わせください。

白扇の近くのお店

上田の洋食・西洋料理でオススメのお店

長野の新着のお店

白扇のキーワード

白扇の近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

上田周辺のランドマーク

0268-45-3404