言問団子 ことといだんご


予算
~1000円
~2000円
最寄駅
東武伊勢崎線 / 曳舟駅 徒歩11分(820m)
ジャンル
スイーツ 甘味処 和菓子 和スイーツ お土産
定休日
毎週火曜日
もっとみる
03-3622-0081

隅田川沿いにたたずむ100年以上続く由緒ある老舗のお団子屋

隅田川沿いにたたずむ100年以上も続く老舗のお団子屋さんです。名物の言問団子は、お米の粉を餅状にした小豆餡と、白餡で包んだ団子と、白玉粉を餅状にしたものをクチナシよりとった色粉で青黄色にし中にみそ餡を入れた物の3種類があり、どれも絶品です。

口コミ(47)

    京都にいたころの友達に、在原業平ってえのがいるんだけどね。 そいつが、京都本社から東北支社へ左遷されるっていうんで、隅田川まで送ってったんだ。 隅田川は、向島まで行ったら、「ユリカモメ」が群れててね。 いわゆる「都鳥」。 するとね。 業平の奴が、いきなり、男泣きに泣きはじめやがった。 「おーい、都鳥。名前通り、京都のゴシップに詳しいんだろ。俺の恋しいあの人は、元気かな」 マジ泣きだよ。 困っちまってさ。 宥めながら、「言問団子」に入ったんだ。 ここは、黙ってても、緑茶の付いた「三色セット」630円が出てくる。 こういう時は、ホントありがたいね。 江戸末期創業の老舗。 池波正太郎、幸田露伴、野口雨情、そして竹久夢二も通った。 串にささないっていう、団子の原点を守り続けてる。 団子は、色違いの三個。 業平は、最初に、米の粉を餅状にした小豆餡の団子を口にした。 しっとりとした高貴な甘みが、伝わってくる。 「ああ、あの黒髪を思い出す。高子~っ!」 「その名前を口にしちゃだめだって。二条后だろ。禁忌の恋なんだから」 業平は、次に、米の粉を餅状にした白餡の団子を口にした。 たおやかで上品な甘みが、たまらない。 「ああ、あの白いやわ肌を思い出す。恬子~っ!」 「その名前は、もっとやばいだろ。斎宮なんだから。それで左遷になったんだろ」 業平は、最後に、白玉粉を餅状にしたものをクチナシよりとった色粉で青黄色にして、みそ餡を入れた団子を口にした。 才気溢れる個性的な甘みに、惹かれる。 「ああ、きつつなれにし唐衣、褄の色を思い出す。有常の娘~っ!」 「だから、やばいって……あっ。奥さんだから、問題ないか」 何しろ、業平はイケメンの優男。 しかも、宮仕えに必要な漢文はからきしだが、恋文に沿える和歌だけは天才だ。 モテモテの恋多き男を、困った奴だと思いながら、車に押し込み、言問橋を渡った。 #友達の在原業平君と団子を食す

    ➖ 江戸っ子のスイーツと言えばと問う ➖ 浅草寺うら言問通りを東へ向かい、隅田川に架かる言問橋を渡れば向島。 「言問団子」は江戸末期の創業です。 『名にし負はばいざこと問はむ都鳥 わが思ふ人はありやなしやと』 – 古今和歌集 – 在原業平の詠んだ歌から言問の地が生まれ、言問団子もここから名付けられました。 その後、此の地を通る道に言問通り、隅田川にかかる橋に言問橋と名付けられたとの話があります。 言問団子とは小豆餡、白餡、味噌餡の三色揃えで供される串に刺されていない団子です。 どちらも米粉の団子を十勝産ふじむらさき小豆の餡、十勝産手亡豆の餡で包んだものだそうです。 味噌餡は白味噌と赤味噌の合わせで包み〈青梅〉を連想させています。 個性ある三種、先陣を何色にするか悩ましい。 煎茶と団子で¥630-と最中と煎茶¥530-を注文して、春の陽射しが差し込む店内でいただきました。 言問団子は思った以上に甘い餡 小振りながら食べ応えある一皿です。 予想を裏切った美味しさが最中。 大袈裟に聞こえるかもしれませんが人生最高の最中と出会いました。 店舗の隣には小さな野球グランド。 こちらで世界の王、王貞治氏が少年期を過ごしたモニュメントが有ります。 と言うことは、この近所に生家の中華料理店「五十番」があったということですね。 春のお彼岸 浅草で歴史あるスキヤキを頂き、浅草寺参りと墓参り、言問橋を渡り墨堤を散歩して桜餅と団子を頂いた散策。 春の麗らは直ぐそこまでやってきていることを感じました。 今日も美味しくご馳走さまでした。 #肉の日

    隅田川沿いにある、100年以上続く老舗のお団子屋さん( *´꒳`*)੭⁾⁾ 餡の中にお餅が入っているタイプのお団子。 三種はそれぞれ味が違って楽しい(^-^) お餅ももちもちで、とっても美味しいです( *´꒳`*)੭⁾⁾ わたし的にはお店の雰囲気も大好きでした♪ #和菓子 #雰囲気よし #おだんご

言問団子の店舗情報

修正依頼
ジャンル
  • スイーツ
  • 甘味処
  • 和菓子
  • 和スイーツ
  • お土産
営業時間
定休日
カード
不可
その他の決済手段
  • PayPay
予算
ランチ
~1000円
ディナー
~2000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス            
        東武伊勢崎線 / 曳舟駅 徒歩11分(820m)
東武伊勢崎線 / とうきょうスカイツリー駅(東出入口) 徒歩11分(880m)
東京メトロ半蔵門線 / 押上駅(A3) 徒歩11分(880m)            

                    ■バス停からのアクセス            
        京成タウンバス 有01 隅田公園 徒歩2分(120m)
京成タウンバス 有01 向島二 徒歩5分(330m)
都営バス 東42乙 桜橋中 徒歩5分(390m)            

          
店名
言問団子 ことといだんご
予約・問い合わせ
03-3622-0081
お店のホームページ
宴会収容人数
40人

席・設備

座席

35席

個室
カウンター
喫煙席
貸切
貸切不可
お子様連れ入店
たたみ・座敷席
なし
掘りごたつ
なし
テレビ・モニター
なし
カラオケ
なし
バリアフリー
なし
ライブ・ショー
なし
バンド演奏
不可

特徴

利用シーン
  • おひとりさまOK
  • 禁煙
  • PayPayが使える

更新情報

最初の口コミ
H.Oji
最新の口コミ
Chihiro Tanaka

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ 「PayPayが使える」と記載があるがご利用いただけなかった場合は こちら からお問い合わせください。

この店舗の運営者様・オーナー様へ

Rettyお店会員にお申し込みいただくと、お店のページをPRしたり、店舗情報の編集をすることができます。

スマホ決済はPayPay!初期費用・決済手数料・入会手数料が0円で導入可能です。

人気のまとめ

言問団子の近くのお店

押上のカフェ・スイーツでオススメのお店

押上の新着のお店

言問団子のキーワード

言問団子の近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

押上周辺のランドマーク

お店の掲載テーマ

03-3622-0081

このお店の特集記事