デンキヤホール denkiya-hall


予算
~1000円
~1000円
最寄駅
つくばエクスプレス / 浅草駅(A) 徒歩5分(370m)
ジャンル
カフェ 喫茶店 焼きそば
定休日
毎週水曜日
もっとみる
03-3875-2987

浅草にある、創業100年以上の歴史がある老舗の喫茶店

創業100年の喫茶店。名物「オムマキ」と「ゆであずき」は大正時代から受け継がれているメニュー。オムマキは焼きそばをオムレツで巻いたもの。4種類の七味が付いていて、味を変えながら楽しめる。ゆであずきドリンクはあずきの一粒一粒が大きく塩がしっかり効いていて、甘さとしょっぱさを楽しめる。インベーダーゲーム卓が懐かしい!

口コミ(22)

    [日本の喫茶店を古い順に巡る旅in東京 番外編その1] ミルクホール・甘味処として生まれた明治末期創業の浅草『デンキヤホール』 コーヒーの歴史をたどっていくと、日本の喫茶店は「甘味処」や「ミルクホール」の流れと、「カフェー」と言われる女給がいるちょっとキャバクラっぽい風俗店的な流れがあることがわかりました。私の歴史巡りのメインは『コーヒー』ですが、趣深いお店や行ってみたくなった場所は、番外編で訪れていきまーす♡ ということで、行きたくなったのがここ「デンキヤホール」。明治末期に今の店主の祖父が甘味処として創業したお店。もともとは電飾屋だったのですが、男たちが戦争に出兵してしまったので、女性ができる仕事として甘味処にしたそうです。その戦争は、第一次世界大戦どころか、日露戦争だというから古〜い歴史を感じます。 ーデンキヤホール メモー ♡浅草駅からは徒歩10分近く歩きます。この辺りは「観音裏」と言われ、観光エリアとは一線を画し、地元の人に日常使いされているお店が多いです。本当の浅草を知りたかったら駅からちょっと離れるのがオススメ。 ♡元祖オムマキのお店 今でいうオムソバと同じだと思うのですが、ここが元祖だそうです。蕎麦は深蒸ししていて、太麺ではないけどコシがあってしっかりしています。深蒸しした茶色い蕎麦は昔はなかなか手に入らなかったとか。ソースはケチャップ入りなので、甘まろやかなユニークな味つけ!ここまで存在感のあるオムの中のソバは初めてかも。このオムマキは、大正時代から同じものを提供していたことが、あとになって近所のお蕎麦やさんの証言から明らかになったそうです。 ♡名物はゆであずきドリンク 3日間かけて仕込んだ北海道産大納言のゆであずきが入ったドリンク。ホットとアイスあり。優しい甘さでさらっとしているのが特徴。 「ゆであずき売り」という物売りが、神社仏閣の境内に店を出していたのを創業者が見て、お店で出そうとしたのがきっかけ。『明治物売り図聚』という本の中でゆであずきについてが描かれています。(本を写真に撮らせていただきました!) ちなみに浅香光代さんも大好物だそうです。体に優しく、夏バテにも良さそう。 ♡現在は三代目ご主人が切り盛りしていますが、娘さんが四代目。下町のちゃきちゃき感と、親しみ、懐の深さを一瞬で感じ取れちゃいました。それでいて喫茶店としての歴史と品もあるんです。これが粋というのでしょうか。飾らないカッコよさ、超素敵です。 ♡常連客の著名人はまだご活躍の方ばかりなのでここでは名前は伏せますが、この日も私の横は俳優さんがお座りになってました。元常連さんは、東八郎さん! ♡入り口のマットのロゴも是非注目を。こちらも創業者のおじいさまによるデザインです。ピンク色のマッチも素敵です。ミルクホールなのに「デンキヤホール」という名前にするところも、ゆであずきを始めたところも、おじいさまの発想力が今に生きる、実はすごーくセンスの良い喫茶店です。 オーダーしたのは ★オムマキ 七味、一味など4種類もスパイスを出して下さいます。甘めのソバにふりかけるとピリッとアクセントが効いて、中毒性ありです。 ★名代ゆであずき この名物2品を頼まずしてデンキヤホールは語れないと思いいただきました。懐かしい味というより、むしろ新しいです!ゆであずきなんて、とらやカフェが置いていても大人気メニューになりそう。まぁ、ここで飲むから粋なんですけどね。遠いけど、心からまた行きたいと思いました。南千住のバッハに行くときに必ず再訪しまーす! #美味しいお店 #ランチ #明治末期創業 #日本の喫茶店を古い順に巡る旅 #浅草 #元祖オムマキ #名代ゆであずき

    三社祭の賑わいの中、浅草千束通りの「デンキヤホール」に行ってきました。 明治36(1903)年、この地にあった電気屋さんが、女性たちが重たい器具を持たずに働けるよう「ミルクホール」を開業しました。 「ミルクホール」は、私のテーマの一つです。 日本初の「ミルクホール」は1872(明治5)年に開店しました。 日本人の体質改善目的でミルクを飲むことを推奨していた明治時代に広まります。 学生を主な客層とし、手軽な軽食店として発展しました。 コーヒーの一般化とともにコーヒーを提供するミルクホールは、大正期に全盛を迎えます。 その後、関東大震災を期に喫茶店に取って代わられてますが、それでも昭和30(1955)年頃までは残っていたそうです。 現存する他のミルクホールは、何れも衰退期の開業です。 ○「栄屋ミルクホール」昭和20(1945)年創業 (2015年7月1日訪問) ○「ミルクホール若葉」昭和31(1956)年頃創業 (2015年6月5日訪問) ○「モカ」昭和39(1964)年頃創業 (2015年5月31日訪問) 対するデンキヤ「ホール」は、全盛期からの113年を経てきたことになります。 30数年前に改築し、レトロ、かつ可愛いいお店となっています。 ゲーム機のテーブルが、奥に2台残っているのも懐かしいところ。(電源は入っていませんが、麻雀ゲームのようです。) 現在の女将さんは、3代目となります。 メニューに、「ミルク」460円があるのも嬉しいところ。 更に、「あずき」のメニューがあり、ミルクホールで提供されていた「シベリヤ」(羊羹をカステラで挟んだもの)が想起されます。 ◼︎「ゆであずき」500円 江戸時代からあったという、あずきのホットドリンクです。 他に、濃厚な「煮あずき」というメニューもあって、此方はもっと時代が新しいそうです。 大納言を3日かけて炊き上げるそうです。 塩を隠し味にし、すっきりとした甘さ。 素朴な甘味です。 ◼︎「オムマキ」650円 アルマイト皿に、薄焼き玉子に包まれ、ケチャップがかかったその様は、どう見てもオムライス。 ところが、その薄焼き玉子を箸で割ると、中から焼きそばが現れます。 中細で柔らかめの深蒸し麺。 具はキャベツのみ。 甘めのソースをたっぷり使った懐かしい味わい。 初代が全国各地を食べ歩き、関西で出会った味から誕生したといわれるオリジナルメニューです。 「オムマキ」には、調味料が添えられます。 やげん掘の七味、八幡屋礒五郎の七味、原了郭の黒七味、原了郭の一味、そしてソースです。 驚くほど、それぞれに、はっきりとした色合いと味わいの違いがあります。 やはり、祇園原了郭の深みは素晴らしい。 しかしながら、雷門がデザインされた「やげん堀」七味の鮮やかな色と味わいが、地元のものだけに合っているように思えました。 ◼︎「タマゴサンド」600円 宝塚の有名な女優さんが、大好きだというメニューです。 厚焼きのオムレツと胡瓜が挟み込まれた独特なサンドです。 オムレツが、焼きたてで、ふかふかです。 マヨネーズの味わいが、たまらないです。 #ミルクホール巡礼

    創業100年の喫茶店。 名物の「オムマキ」と「ゆであずき」は大正時代から受け継がれているメニュー。 そんな歴史のあるお店の タマゴサンドをいただいて参りました。     http://xxxbeansxxx.blog.fc2.com/blog-entry-693.html

デンキヤホールの店舗情報

修正依頼
ジャンル
  • カフェ
  • 喫茶店
  • 焼きそば
営業時間
定休日
カード
不可
予算
ランチ
~1000円
ディナー
~1000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス            
        つくばエクスプレス / 浅草駅(A) 徒歩5分(370m)
東京メトロ銀座線 / 浅草駅(出入口6) 徒歩11分(810m)
東京メトロ銀座線 / 田原町駅(出入口3) 徒歩13分(1.0km)            

                    ■バス停からのアクセス            
        都営バス 上46 浅草四 徒歩2分(140m)
都営バス 上26 浅草三 徒歩3分(190m)
台東区 北めぐりん 千束小学校前 徒歩3分(200m)            

          
店名
デンキヤホール denkiya-hall
予約・問い合わせ
03-3875-2987
宴会収容人数
30人

席・設備

座席

31席

個室
カウンター
喫煙席

(全席喫煙席)

貸切
貸切不可
お子様連れ入店
たたみ・座敷席
なし
掘りごたつ
なし
テレビ・モニター
なし
カラオケ
なし
バリアフリー
なし
ライブ・ショー
なし
バンド演奏
不可

特徴

利用シーン
  • ランチ
  • 朝食が食べられる
  • おひとりさまOK
  • 喫煙可
  • 食べ歩き
  • 昼ごはん

更新情報

最初の口コミ
Sana Yoshi
最新の口コミ
ヒロ シバタ

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ PayPayを使いたいお店をリクエストをする際は こちら からお問い合わせください。

店舗の運営者様・オーナー様へ

Rettyお店会員にお申し込みいただくと

  • お店のページをPRすることができます。
  • 無料でお店の写真やメニューを編集することができます。

スマホ決済はPayPay!
初期費用・決済手数料・入会手数料が0円で導入可能です。

人気のまとめ

デンキヤホールの近くのお店

浅草のカフェ・スイーツでオススメのお店

上野・浅草・日暮里の新着のお店

デンキヤホールのキーワード

デンキヤホールの近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

浅草周辺のランドマーク

デンキヤホールに関連のページ

03-3875-2987