2万本の映画を見たバーテンダーに「君の名は。」「シン・ゴジラ」のカクテルを作ってもらったら、感動が止まらなかった。

2016/11/18 Retty編集部

※この記事はネタバレを含んでいます。「シン・ゴジラ」「君の名は。」を見ていない方は、見に行ってから読むことをおすすめします。


こんにちは、Retty編集部の坂口と申します。




みなさんは「君の名は。」「シン・ゴジラ」って見に行きましたか?




「君の名は。」はストーリーの仕掛けが斬新で面白かったですねー!

ただ最初のほうは僕の理解力と発想力が低く、「なんでお互い名前そんなすぐ忘れるの?」というのがよく分からなかったのは秘密です。




個人的には「シン・ゴジラ」が面白すぎました。

Twitterを見ると「尾頭ヒロミ」や「泉修一」が人気ですが、僕は圧倒的に「安田龍彦」が好きです。オタク万歳。

さて、今年は映画の話題作がたくさんありましたが、なんと映画をイメージしたカクテルを作る映画バーが渋谷センター街にあるんです!

そこで

「君の名は。」と「シン・ゴジラ」をカクテルにしたらどうなるんだろう……

という興味が湧いたので、早速行ってきました!

畳み掛けるようにオシャレ

渋谷センター街のど真ん中にあるBar「八月の鯨」さんです!

めっちゃオシャレ!

映画のイメージが店頭にズラッと並んでいて、早速ワクワクが止まりません。

店内に入ると……

めっちゃオシャレ!(2回目)

表現力を無くすほどのオシャレさです。

バーテンダーさんにお話を聞いてみた

今回はバーテンダーで、店長をされている結城さんがインタビューに答えてくださいました。

“坂口"

本日はよろしくお願いします!

“結城さん"

よろしくお願いします。

“坂口"

早速ですが、「八月の鯨」は映画をイメージしたカクテルを作ると伺いました。どんな映画もカクテルにしてくれるんですか?

“結城さん"

バーテンダーが見た映画ならほとんどカクテルにすることができますね。

邦画から洋画まで、数々の新旧名作映画のタイトルがズラッと並んでます…!メニューを見るだけでワクワクが止まりません。

“坂口"

なるほど、固定のメニューもあるんですね。でもお客さんはメニュー以外の映画を注文されることが多いんじゃないですか?

“結城さん"

多いですね、というかほとんどそうじゃないですかね。

“坂口"

となると、かなりたくさん映画を見てないとなかなか作れないですよね。今まで何本くらい映画って見たんですか?

“結城さん"

累計でいけば2万本は見てるんじゃないですかねー。


“坂口"

2万本!?ケタが違う……このお店でバーテンダーされてどれくらい経つんですか?

“結城さん"

12年くらいですね。

“坂口"

(計算中……)ざっと1日だいたい5本見てる計算……。でもお店やりながらだと、お店以外の時間、ほとんど映画見てないと間に合わないんじゃ?

“結城さん"

PC・テレビなどを使って、3つ同時に見たりしますね。

“坂口"

それ、話分かるんですか?

“結城さん"

アクションものなど、話がシンプルなカテゴリの作品だけですけどね。ストーリーが重いものや、恋愛ものだと難しいですが。

“坂口"

とはいえ驚異的ですね……。映画って好きな作品ばかりじゃないので、映画を見るのが苦痛になったりしませんか?

“結城さん"

もう慣れちゃいますね。それに世にいう「名作」って、やっぱり面白いんですよ。

“坂口"

そういうものなんですね。それだけ見てると、映画の内容忘れちゃいませんか?

“結城さん"

忘れますね笑

“坂口"

忘れるんだ。

“結城さん"

しばらくカクテルを注文されないと、どうしてもね……。なのでそういう映画を注文されたときは断ざるを得なくなってしまいます。お客様には申し訳ないのですが。

“坂口"

うーむ、難しいですね。例えば「『男はつらいよ』の12作目でお願いします。」みたいにシリーズものの対応はできるんですか?

“結城さん"

「男はつらいよ」は全部みたので、イケますね。ストーリーだけちょっと教えていただければ。

“坂口"

49作品を全部見たのか……もはや執念。ちなみに困る質問かもしれないのですが、一番好きな映画ってなんですか?

“結城さん"

うん、困りますねー。一つ一つ評価をしていると、ストーリーとか忘れちゃうんで。

“坂口"

そこまで来ると、評価してる暇がなくなるんですね。

店内には新旧名作映画のポスターも張られている。ジェームズ・ボンドかっこいい。

“坂口"

ちなみに映画を見てから、どれくらいの期間でカクテルの作り方って思いつくんですか?

“結城さん"

映画によりますね。すぐできるものもあれば、作り込むものもあるので。

“坂口"

それって誰か一人が考えてるんですか?それともバーテンダーさんが各々で考えているんですか?

“結城さん"

「映画を見た人が作る」というルールになってますね。

“坂口"

あ、そうなんですね!バーテンダーさんごとでも同じ作品に対して違ったカクテルになったりもするんですか?

“結城さん"

統一するようにしてますが、古いものから新しいものまで大量にあって、正直追いつかないので、見たことある人が各々作る形になっちゃいますね。

“坂口"

ということは注文する度にカクテルが変わることもあるかもしれないんですね。面白い……!

「君の名は。」のカクテルを作ってもらった

“坂口"

じゃあまず「君の名は。」のカクテルを作っていただこうと思うのです、が!

“結城さん"

が?

“坂口"

その前に、僕が事前に「こんなカクテルなのでは?」という予想を作ってきたので、お見せしますね。

“結城さん"

はぁ……。(困り顔)

“坂口"

これです。

“結城さん"

……なんですか?これ

“坂口"

口噛み酒です。時代を超えて2人がつながったキッカケとなったお酒ということで、「口噛み酒」が飲めたらエモいのかなと……。

“結城さん"

……これを見て、なんて言えば良いんですかね?

“坂口"

そうなりますよね。感想などを言っていただけると…。

“結城さん"

確かにそのアイデアはちょっと考えたことありますね。でも違います。

“坂口"

ぐあっ!いい線いってたのか……。では、正解をお願いします。

“結城さん"

では今から作りますので少々お待ち下さい。

すると……

おもむろにレモンを剥き始める結城さん。一体何がデキるんだ…!?


(5分後……)



“結城さん"

できました。

“坂口"

めっちゃ豪華!

“結城さん"

お酒は青(ジファールというお酒)と赤(クランベリージュース)のグラデーションにしていて、中に星型のお菓子やアメなどを入れて、ティアマト彗星を表現しています。

“坂口"

「ティアマト彗星」ってスッと出てくるんだ。

“結城さん"

またこの螺旋状のレモンは、1000年前にも隕石が落ちた糸守町にて、後世に被害が及ぼさないためにできあがった文化である「組紐(ムスビ)」や人のつながりを表現しました。

“坂口"

さっきの予想を撤回したい。

“結城さん"

そしてこのリボンは、2人が出会った時に三葉が渡したリボンを表現しました。

“坂口"

2つのストローがリボンで結ばれてる……ストローを見て泣きそうな自分がいる。

“結城さん"

「君の名は。」はやっぱり面白かったんでねー。その分手間をかけて作らないとなと思い、気合を入れました。

カクテルの他の箇所にもこだわりポイントが多数あります。気になる方は、バーテンダーさんに聞いてみよう!

気になるお味は……?

“坂口"

はーーっ!うまーい!フルーティーで飲みやすい!

「シン・ゴジラ」のカクテルも作ってもらった。


“坂口"

では続いて「シン・ゴジラ」も作っていただきたいのですが、こちらも懲りずに予想を考えてきました。こちらです!

“結城さん"

これは……

“坂口"

ゴジラの血ですね。正確に言うと蒲田くん(第二形態)の血をイメージしました。

“結城さん"

いやー、こういうのは作らないですね。「シン・ゴジラ」も面白かったので作り込みましたし、そもそもエンタメ性を出すことが前提で作っているので。

“坂口"

(やんわり面白くないって言われている気がする)あ、あともう一つ考えてきまして……こちらです。

“結城さん"

これなんですか?

“坂口"

あの名シーン、「水ドン」の水です。

“結城さん"

あはは、その発想はなかった(笑)

“坂口"

やった、ちょっとウケた!でも間違えているということですね。では正解をお願いします……。


(10分後……)



“結城さん"

お待たせしました。

“坂口"

おお!これは何を表現してるんですか?

“結城さん"

スイカとドラゴンフルーツで、ゴジラの第一形態〜第三形態までを表現してみました。これ以上高く果物を載せると倒れるので、物理的に第四形態は諦めざるをえなかったので悔しいのですが…。カクテルは先ほど使ったジファールで、海を表現しています。

“結城さん"

そしてゴジラの目をブルーベリー、ラズベリー、巨峰で表しています。

“坂口"

ラズベリーで気持ち悪い感じが出てる……細かい……!

映画のことやカクテルのことを、本当に楽しそうに話してくださいます。

“結城さん"

もうね、「シン・ゴジラ」は日本のSFの最高傑作といっても過言ではないですね。小さな島国である日本で、「スター・ウォーズ」のような壮大なSFって、距離感があるから合わないと思うんですね。でもゴジラは、非常にリアリティがあるSFだった。あと正直、ハリウッド版より面白かったと個人的には思います。制作費が安いのに面白いっていうのは、素晴らしいですよね。しばらく「シン・ゴジラ」を超えるSFは日本から出ないんじゃないかなぁ。

“坂口"

ベタ褒め!そしてシン・ゴジラ愛が熱い……。

カクテルに使ったお酒は「君の名は。」と同じですが、グラスの端に塩が付いているので、飲む時により深みが増し、違った味わいになります。

まさかバーカウンターで、塩付きのスイカをかじりつくことになるとは思いませんでした。

最後に個人的な興味で、あの映画のカクテルも作っていただいた


“坂口"

すいません、個人的な興味で最後に作っていただきたい作品が……。

“結城さん"

なんですか?

“坂口"

「マッドマックス/怒りのデス・ロード」です。


※以下ネタバレはほぼ無いので、ご安心ください。


“結城さん"

なるほど。個人的には昨年のナンバーワン映画ですね。

“坂口"

そうなんですか!?

“結城さん"

僕、映画って何回も見たりしないんですけど、初めて3回見ました

“坂口"

初めてがマッドマックスなんですか笑

“結城さん"

しかも3回目は、立川の爆音上映会※に行きまして。

※シネマシティという映画館で開催され話題になった上映会。極上の音響機材の中、爆音で映画を鑑賞するということで話題になりました。

“坂口"

あのイベントに!?めっちゃ好きじゃないですか。

“結城さん"

あんなバカな映画無いですよ。でも究極のエンターテイメントでしたね。そこに敬意を払って、カクテルを作りました。

“坂口"

おおっ、それは高まる!今回はしょうもない予想はないので、早速作っていただけると!


(3分後……)



“結城さん"

できました。

“坂口"

あれ?

“坂口"

鬼シンプルなのが来た。というか

“坂口"

(「君の名は。」の予想と完全一致……もしかして、入れ替わってるー!?)

“結城さん"

まぁ、飲んでみてください(ニヤリ)

“坂口"

その笑みが気になる…い、いただきます…。

“坂口"

めっちゃミルクの味がする。

“結城さん"

はい、マッドマックスでミルクといったら……

“坂口"

あーーーーーーー、あのシーンですか!(わからない人は、ぜひDVDなどで見てみよう!)

“結城さん"

ちなみにこのカクテルで使ったお酒の名前なんですが……

“結城さん"

日本語に訳すと「おばさんの乳」という意味になります。

“坂口"

完璧すぎる。

“結城さん"

あのバカさ加減をリスペクトした結果、ムダなことはせず、シンプルなカクテルに行き着きました。

“坂口"

映画への愛、そしてカクテル愛が深い……!全部美味しくて、感動しました。ごちそうさまでした!


いかがでしたでしょうか。映画愛の深さに、私は終始感動しっぱなしでした。
みんなで事前に予想していくと、若干大喜利の雰囲気があって、きっと面白いと思います。
二次会・三次会には特に良いお店なので、ぜひ行ってみてください。
結城さんいわく、夜の12時以降が特におすすめだそうです!

八月の鯨 東京(渋谷) バー ワインバー チョコレート  

【お店情報】
店名:八月の鯨
営業時間:[月~金・土・日・祝] 18:00〜04:00
住所:東京都渋谷区宇田川町28-13 渋谷門ビル B1F/2F
電話番号:03-3476-7238

【今回注文したメニュー(税抜)】
君の名は。 1,500円
シン・ゴジラ 1,200円
マッドマックス 怒りのデス・ロード 1,000円

PAGE TOP

Rettyグルメニュースとは?

Rettyグルメニュースは、 『食をもっと好きになる』メディアです!驚きや発見がある、美味しい話題を毎日お届けします!

Facebook

「いいね!」するだけ!
最新の人気グルメ情報をお届けします。