うどんカフェ 豊前房

ぶぜんぼう

予算
~2000円
~2000円
最寄駅
東京メトロ日比谷線 / 中目黒駅 徒歩11分(880m)
ジャンル
うどん カフェ
定休日
毎月第4日曜日 毎週月曜日
03-3710-5425

心にしみわたる優しい味でファンが絶えないうどん店

中目黒にて高い人気を誇っているうどんカフェのお店「豊前房」。一見するとうどん屋には全く見えない程オシャレな内装で、癒される空間となっています。肝心のうどんも心にしみわたる優しい味で、ファンが絶えない。

口コミ(80)

    初代店主が福岡県と大分県にまたがる「豊前地方」の出身だそうです。それで店名の「豊前(ぶぜん)」のネーミングなのですね。と言うことは現在の店主はその後継ぎの方でしょうね。店長のホームページにも自ら「若大将」と名乗っていらっしゃいます。 大分佐伯産いりこと北海道日高産の昆布でとった出汁のつゆに、岡山産手延べうどんを合わせ、「毎日食べられるやさしい味」に仕上げているそうです。メニューは温かいうどん17種と冷たいうどん7種です。 手延べうどんは包丁で切っていない角がない麺なので、口あたりがつるつるとのこと。 看板メニューの「豊前房うどん」は、京都南禅寺の手揚げされた「京あげ」、下関の海でとれた魚を使った「ゴボ天(さつま揚げ)」や「ちくわ蒲鉾」、北海道でとれ、秋田に伝わる技術で薄く削られた「おぼろこんぶ」がのっています。 と言うことで看板メニューの『豊前房うどん 1,100円税込』をお願いしました。 メニューを見ると、「おぼろ」は貴重な北海道産「がごめ昆布」で最高級おぼろ昆布との表記です。 ゴボ天(ごぼうのさつま揚げ)とは下関直送のごぼうのささがき入りさつま揚げ。私の地元福岡では、鹿児島のいわゆる「さつま揚げ」は普通「天ぷら」と呼んでいました。ちなみに衣をつけて油で揚げる一般的な「天ぷら」も「天ぷら」。なぜ同じ名前なのだろうかと疑問すら持ったことがありませんでした。(笑) おうどんのお汁はほのかに出汁の味を感じる極めて上品な味。メチャメチャあっさりで食べ進めて行くとお汁の味が解らなくなるほどあっさり。でも美味しくて麺をすすってはお汁を蓮華ですくって飲みたくなります。 麺は手延べうどんの乾麺ですね。乾麺独特のツルツル感。最近は手打ちうどんを食べる機会が多かったのですが、これはこれでまた美味しい。 京あげは厚みがあり、これまた上品なお出汁を吸って上品な京の味わい。ごぼ天はしっかりとごぼうの旨味が感じられる私としては懐かしい九州の味。 高級おぼろ昆布が凄い。お汁に浸けるとドローンとすごい粘りが出てきます。すごい存在感ででお汁を支配してしまうほど。これ初めて出会うおぼろ昆布ですね。 北九州発祥の豊前うどんやその系統の大地のうどんをイメージしていましたが、麺もスープもトッピングも全く別のオリジナルうどんでした。あっさり、さっぱりとしたおうどんが好きな方にはお勧めですね!

    池尻大橋・中目黒の中間あたりにある人気のうどん屋さん 『うどん豊前房』 おいしいと聞いててずっと行きたかったんですけどね…。 前を通っても休みだったり…なんか相性合わず入れなくって、やっと入れました(笑) 店内は入店してすぐのアルコール消毒やパーテーション、席の間隔の確保だったりコロナ対策もバッチリ。 見栄えは決して良くないけど、しっかりと対策する姿勢はお客さんとしては嬉しいよね。 ■冷やし月見とろろうどん 春めいてきたので、冷たいうどんな気分。 何と言ってもキモはこの麺。 手打ちなのかな!?このモチモチ&シコシコ感は他ではなかなか食べられない感じ。 使い古された言い方だけど、ここのはちょっとレベルが違うかな。 中には薄くスライスされたキュウリなど…清涼感がUPしてますね。 優しい出汁の効いたスープも、このうどんのキャラクターとよくマッチしています。 かやくご飯もあるのでボリュームも少食男子なら問題なしだね。 普通の男性だったら少し少なめな印象かな。 店員さんの優しい対応や、夜の営業を止めるなど苦肉のコロナ対策を見ていると、なんだか応援したくなるお店。 コロナに負けじとがんばってほしいですね。

    【中目黒、優しい京風の出汁が美味しい女性でも入りやすいおしゃれなうどん屋さん】 池尻と中目黒の間くらいに位置する山手通りの裏辺りにあるお店です。このあたりは人通りが少ないため、商売はしにくそうなお店ですが、気づかぬうちに人気店にまでなってました。 だいぶ前にこのあたりに住んでいたので、そのときはかなりの頻度でお世話になったお店。二日酔いだったので、ここの優しいうどんを頂きたくなって久しぶりに再訪しました。 ここ最近行きたくても満席、もしくはやってないことがおおかったので心配でしたが、この日はオープンしてました。予約制を取り入れたりする時間もあるので訪問前に確認していただいたほうがいいかもしれません。 店内はおしゃれなカフェで営業しても違和感ないくらいのおしゃれ感。女性一人のお客さんやファミリー連れが比較的多めな印象です。 オーダーは看板の豊前房うどん。つるりとしながらもモチモチしててコシのある手打ち(だと思われる)うどんが美味しいです。うどんは端のほうが平べったくなってたりして、食感が変わって面白い。出汁はかなり優しめの京風出汁で、東京では余り食べられない味わいだと思います。 トッピングは京あげ、さつま揚げ、おぼろ昆布に下関産の蒲鉾とちくわも少し入ってます。個人的には、練もの余り好きじゃないのですが、ここの練り物は美味しいです。おぼろ昆布が出汁にとろみを与えていい感じに美味しい。 ごちそうさまでした。 #中目黒 #うどん #人気店 #豊前房うどん #ランチ #優しい味わい #出汁が優しい店 #おぼろ昆布 #京風 #女性一人でもおすすめのお店

うどんカフェ 豊前房の店舗情報

修正依頼

店舗基本情報

ジャンル
  • うどん
  • カフェ
営業時間
定休日
カード
不可
その他の決済手段
  • PayPay
予算
ランチ
~2000円
ディナー
~2000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス            
        東京メトロ日比谷線 / 中目黒駅 徒歩11分(880m)
東急田園都市線 / 池尻大橋駅 徒歩12分(900m)
京王井の頭線 / 神泉駅 徒歩13分(1.0km)            

                    ■バス停からのアクセス            
        東急バス・東急トランセ 渋31 菅刈小 徒歩2分(130m)
東急バス・東急トランセ 黒09 東山一 徒歩3分(210m)
東急バス・東急トランセ トランセ 青葉台二 徒歩4分(250m)            

          
店名
うどんカフェ 豊前房 ぶぜんぼう
予約・問い合わせ
03-3710-5425
お店のホームページ

席・設備

座席

20席

(テーブル16席)

個室
カウンター

(カウンター4席)

喫煙
不可
※健康増進法改正に伴い、喫煙情報が未更新の場合がございます。正しい情報はお店へご確認ください。 [?] 喫煙・禁煙情報について

特徴

利用シーン
  • 飲み放題
  • おひとりさまOK
  • 忘年会
  • ランチ
  • PayPay決済可

更新情報

最初の口コミ
Hiroyuki Murakami
最新の口コミ
A.Mizusaki

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ 「PayPayが使える」と記載があるがご利用いただけなかった場合は こちら からお問い合わせください。

うどんカフェ 豊前房の近くのお店

中目黒のラーメン・麺類でオススメのお店

恵比寿・代官山・中目黒の新着のお店

うどんカフェ 豊前房のキーワード

うどんカフェ 豊前房の近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

中目黒周辺のランドマーク

お店の掲載テーマ

03-3710-5425