伊勢海老&イチボステーキが旨すぎる! 中目黒で人気急上昇、鉄板ビストロ「眞か」へ急げ

2016/11/29 Retty編集部

今年の7月1日に中目黒にオープンした「眞か(SHINKA)」がグルメな大人たちの間で密かな話題を呼んでいる。

眞か東京(中目黒) 創作料理

「食×伝統×ファッション」をテーマにした鉄板ビストロで、カウンターの目の前にある鉄板で振る舞われる伊勢海老料理をはじめ、農家直送の自然栽培野菜、「肉の藤枝」ブランド肉などの厳選食材を使った料理は絶品です。

中目黒駅から徒歩2分

落ち着いたシックな雰囲気の店内とこだわりの陶器がズラリと並ぶ。

「眞か」のオーナー・伊藤大輔さんは、日本の伝統文化を次世代に伝えることを目指し、お店で提供する品は徹底的に日本ブランドにこだわっている。

(▲「眞か」オーナー・伊藤大輔さん)

伊勢海老をリーズナブルに!

日本ブランドを伝えるため、このお店がメニューの中心にすえたのが「伊勢海老」だ。伊勢海老だけで常時15種類以上のメニューがあるお店は都内でもなかなかお目にかかれない。

「眞か」でぜひ注文していただきたいのは、お店の看板メニュー「眞かSPECIALプレート」。

お店こだわりの伊勢海老、「肉の藤枝」ブランドの牛肉、自然栽培の野菜を一度にいただける贅沢な一品。

日本一クリエイティブな農園を目指す石川県・能登半島「あんがとう農園」から直送される野菜はどれも活き活きしたものばかり。自然栽培(無肥料・無農薬)で作られた野菜は、それだけでメインをはれるほど味が濃い。

「肉の藤枝」ブランドの牝牛を使ったランプとイチボのステーキは、しっとりとした肉質と旨味を堪能できる一品。

伊勢海老は1年中提供することにこだわり、産地をまわってその時期に最良の状態のものを選ぶ。若い年齢層にも伊勢海老を食べてほしいと、提供価格は極力抑えているそう。

この季節にうれしい「伊勢海老の濃厚ポタージュ」

伊勢海老と香味野菜をふんだんに使ったポタージュは、エビの出汁と生クリームが相まった濃厚な味わい。オレンジズッキーニ、なす、しいたけなど、香ばしい焼き野菜とポタージュとの相性は格別。

伊勢海老のおこげリゾット

海老の出汁で炊いたご飯をバターで炒め、海老の味噌と生クリーム、塩コショウで味付け。口の中で生クリームの香りがふわっと広がる。香ばしいおこげがたまらなく美味しい。

締めには名物「まっか焼き」を

このお店で締めとして人気のメニューは、札幌発のお好み焼き「まっか焼き」。生地の中に山芋がたっぷりと入っており、ふわふわな食感が特徴。締めでもペロリといけてしまう。

常連客になると提供される「マイお猪口」

日本の伝統文化を伝えるため、お店では備前焼や唐津焼など全国からセレクトした伝統的な陶器や、若手陶芸家とコラボレートした器が数多く使われている。

常連客になると、その人柄に合わせた「マイお猪口」が提供され、マイお猪口ほしさについつい通いたくなってしまう。

伊勢海老料理を中心に最初から最後まで、極上のエンターテインメントを味わえる。デートや女子会など、幅広いシーンで使えるハイセンスなお店。予約困難になる前に、ぜひ足を運んでおくべき1軒です。

眞か東京(中目黒) 創作料理

PAGE TOP