日常 CURRY&SWEETS

にちじょう かれーあんどすいーつ

予算
~1000円
~1000円
最寄駅
西武新宿線 / 田無駅(南口) 徒歩7分(540m)
ジャンル
カフェ カレー テイクアウト スイーツ
定休日
毎週月曜日 毎週日曜日 祝日
050-5832-9533

口コミ(5)

    田無でランチ 日常カレー 田無で買い物中に偶然見つけたお店です。 田無駅からふれあいの小道を進むとあります。 喫茶店のようなお店に入り、席に案内されます。 初めから決めていた日常のダブルを口頭で注文。 チキンカレーとドライキーマの両方が味わえます。 チキンカレーは、鶏肉と玉葱、トマトの旨味を最大限に活かしたカレーです。 チキンがゴロっと入っていて玉ねぎのコクと甘さも感じられました。 ドライキーマはココナッツとスパイスが効いたカレーになっています。 ドライカレーだけでもスパイスが効いて美味しいのですが、温玉やゆで卵のスライスなどと一緒に食べても美味しいかもしれないですね。 どちらのカレーも美味しかったです。

    田無にあるお洒落なカフェ . 日常のダブル ¥950 濃厚チョコのババロア ¥450 2つを頂きました☺︎ 本格的なカレーなのに日本人にあった味付けがされていてとってもおいしかった。 特にキーマが美味しかった(キーマが好きなだけ) 田無にこんなお店があったとは。リピートしたい

    2019年5月オープンのカレーとスウィーツのお店です。田無の住宅街ですが、近くにレストラン・ケンゾウ、ビストロ・ガメイがある田無のグルメ地帯でもあります。 モダンな外観でインテリアも凝ってます。店内も小上がりの4名用の半個室、2人掛けテーブル2つに、3名テーブル1つ、そしてカウター4席。厨房1人に配膳1人の2名体制なので、席は少なめです。 頂いたのは日常のダブルカレー。チキンカレーとキーマのあいがけです。キーマはココナッツミルクが効いたクリーミーなカレー。チキンはトマトの効いた酸味がやや強いカレーで、混ぜて食べても美味しい。 カレーも美味しいですが、スウィーツの完成度も高くてビックリ。メロンのプリントアラモードをいただきましたが、完熟したメロンと硬めのプリンは絶妙の美味しさ。妻の食べた、キャラメルケーキも品の良い甘さ。 リーズナブルな値段設定で、この辺りはお洒落カフェが少ないので、人気のお店になりそうです。

    ずっと気になってたお店、日常さんに来ました。 仕事で車で来る事が多いので、道狭いし、駐車場が ネックになって、中々来れませんでしたが、 今日は思い切って来店しました!! ・ 駐車場は、お店に2台置けると思いきや 止めては行けない駐車場だそうです。 少し先にコインパーキングが あるので、そちらに。500円だったかな⁇ あとは、フィットネスクラブが近くにあるそうで そこの駐車場も近くとの事でした。 ・ ★今日の注文メニューは、 •日常のダブル 950円  キーマカレーとチキンカレーでした。 •パイナップルのキャラメルケーキ ハーフ 250円 •アイスコーヒー 350円 ※ +150円で、サラダとうずらの卵・プチトマトの ピクルスが乗っているプレートセットも出来るようです ・ どちらのカレーも 辛さは、普通でとてもおいしいカレーでした♡ ・ デザートのパイナップルケーキ ハーフサイズだけど 結構これで充分♡ ・ アイスコーヒーは、グラス小さめかな⁈ ・ また来たいと思います!!

    日常 カレー&スイーツ【田無にいながら南欧のテラスの気分を楽しめる】2020カレー116軒234食目 2010.6.24 ■日常のダブル ¥950 ▶︎プレートセット ¥150 ■日常のアフォガード ¥350 ●コーヒー ¥350 以前から、田無の住宅街にちょっと上品なカレー屋さんがポツリと存在しているのを知っていた。それで、コロナ初期に訪ねたら、子供の休校で暫くお休みすると表示されていた。あれから3ヶ月経って、世間が少しずつ動き始めているところに訪れたら、営業中の様子だった。 田無の街をご存知ない人が殆どだと思うけど、西武線沿線と言えばだいたい想像がつくと思う。ありきたりを絵にしたような郊外の街だ。庶民的で、駅の北側は西武鉄道系列のショッピングビルがあって周りをチェーン店の類が軒を並べ、南側は若干綻びかかった店が多く、3〜4分も歩けば街の喧騒はなくなる。西に向かって歩いて、その喧騒が完全になくなった静かな住宅街に日常はある。 扉を開けてみると、小さな美術館のような田無とは思えぬオシャレ感で、ロフト風の内装だ。田無の街風情からしたら、店は日常なのだけど、店内は非日常の様相を呈している。テーブルが3つと4〜5人のカウンターひとつ。シェフ1人と店員さん1人でとり仕切る小規模の厨房から店内のほぼ全体が見えるようだ。隅々まで清潔感が漂う。 メニューを見ると2つの特徴を読み取れる。イタリアンの要素が随所に見えて、ココナッツやサルサといった異なる要素を融合させている様子。このお上品さでこの内容は面白い。全部食べたいのだけど胃袋は一つしか持ち合わせがないので、2つのカレーのあいがけとなっている「日常のダブル」を注文した。 日常のダブルは、「日常のチキンカレー」と「日常のドライキーマ」があい盛りになっている。 日常のチキンカレーは、鶏肉、玉ねぎ、トマトの旨みを最大限に活かした日常の定番カレーというのだけど、イタリアン出身と見えるシェフだけにトマトの旨味の引き出し方がとても上手で、こういう欧風カレーもあるんだなと楽しめる。昨今スパイスカレーやらスリランカとか南インドとか大流行なのだけど、欧風カレーだってまだまだ研究の余地はあるのだと再発見する。 ドライキーマは言葉通りにしっかりドライだ。水分の一滴も残さぬぞという気合いすら感じるドライぶりで、匙に取ろうとするとご飯の上からポロリと崩れ落ちて、きっとシェフは物事にしっかり白黒つける人なのだろうと窺われた。狙いどころがはっきり見えるだけに気分よくいただける。ココナッツの香りが聞いていて、アドリア海の陽の注ぐ風景が似合いそうだ。 プレートセットという付け合わせはもう完全にイタリアンのサラダと言っていい。 メニューを見ながら、デザートが気になった。「日常のアフォガード」なるものがある。日常のオリジナルドルチェ、マンゴーシャーベットにはちみつラッシーと記されている。聞けば、アフォガードは一般にアイスクリームにエスプレッソをかけたものだけど、当店オリジナルでマンゴーシャーベットにはちみつラッシーをかけたのだとメニューの記載通りであることを再確認できた。そもそもアフォガードは溺れさせるという意味があるそうだ。シェフ、間違いなくイタリアン出身ですな。それで注文する。 マンゴーシャーベットか2玉入っていて大サービス!おじさんにはちょっと多いのだけど、女性の別腹にはベストマッチだろう。そこにはちみつラッシーを注いでシャーベットが溺れていく。楽しい。もちろん、美味しい。 これはこれは実に上品で興味深い店だ。南欧の陽射しの漏れ注ぐテラスを楽しんでいるような気分にさせてくれる。そして美味しい、そんなカレー屋さんが、まさかの田無の住宅街に潜んでいたというのが発見なのだった。 また来たい。女性を案内するのにおすすめですぞ。 めでたしめでたし #ゴーグル仮面 #日常 #日常のダブル #田無

日常 CURRY&SWEETSの店舗情報

修正依頼

店舗基本情報

ジャンル
  • カフェ
  • カレー
  • テイクアウト
  • スイーツ
営業時間
定休日
予算
ランチ
~1000円
ディナー
~1000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス            
        西武新宿線 / 田無駅(南口) 徒歩7分(540m)            

                    ■バス停からのアクセス            
        関東バス 鷹03 上宿 徒歩1分(79m)
関東バス 鷹03 田無警察署 徒歩4分(300m)            

          
店名
日常 CURRY&SWEETS にちじょう かれーあんどすいーつ
予約・問い合わせ
050-5832-9533
お店のホームページ

更新情報

最初の口コミ
池田歓
最新の口コミ
T.Maki
最終更新

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ PayPayを使いたいお店をリクエストをする際は こちら からお問い合わせください。

日常 CURRY&SWEETSの近くのお店

田無のカフェ・スイーツでオススメのお店

東京の新着のお店

日常 CURRY&SWEETSのキーワード

日常 CURRY&SWEETSの近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

050-5832-9533