ラ・ビュット・ボワゼ La butte boisée


予算
~8000円
~15000円
最寄駅
東急大井町線 / 九品仏駅 徒歩6分(440m)
ジャンル
フランス料理 魚介・海鮮料理
定休日
毎月第2火曜日 毎週月曜日
もっとみる
03-3703-3355

季節を感じる中庭を見ながら旬の素材を活かした料理を堪能できるフレンチ店

駅から少し離れたところにある、奥沢の一見知り合いのご自宅を訪問するような一軒家。とある実業家が戦後間もない頃、人生を過ごした自宅の跡地を利用したフレンチレストランです。人気のドラマでも撮影に使われたそうです。料理もさることながら四季折々の自然を感じを庭園を眺めながらの食事は特別な時間を過ごしている感覚に。上品で洗練されたインテリアも素敵です。ランチは12:00~14:00LO、ディナーは18:00~21:00LO。ソムリエの対応もよく落ち着いた濃密な時間を過ごせそうです。

ラ・ビュット・ボワゼのお得なコース

  • お誘い合わせのカジュアルなランチにオススメの『セルヴィスメニュー Menu Services』<全6品>

  • 肉料理も魚料理も味わえる!ランチタイムの1番人気コース『昼食のメニュー Menu Déjeuner』<全7品>

  • ワンランク上の上質なランチを堪能いただける『スペシャルメニュー Menu Spécial』<全7品>

口コミ(35)

    【奥沢の古民家フレンチでお花見ランチをお仲間とゆったりといただきました】 九品仏からも自由ヶ丘からも徒歩10分前後ほどの奥沢6丁目の住宅地の中にひっそり建つ古い日本家屋を改装したフレンチレストランへ初めて伺いました 奥沢 ♪ La butte boise'e ♪で桜を観ながら優雅なランチ会 いつもお世話になっているSimodeグループのランチオフ会です 階段を上がって行くと左手にかなり古木のソメイヨシノが七分咲きくらいでお出迎えです 入り口を入ると大正モダンにアール・デコ調を加えた様な店内の2Fへ 12名ピッタリの個室に案内いただきました 窓からは桜の古木がさらに近くに見えてとても良い華やかな雰囲気で居心地もとてもよろしいです 皆さんで乾杯の後、先ずは ♪ アミューズ 三品がガラス細工の立体感のある変わったプレートに乗って印象的 * アジャン産ドライプラムとノアード ビゴール生ハムのブロシェット *青ツブ貝と南瓜のクルスタード *函館ヤリイカと秋田山の芋のマトファン 〜アミューズとは言え春巻風の物などそれぞれが個性的で次のお料理に期待感が湧きます ♪ オードブル 桜鱒のスモークに蕗の薹のエスプーマ 菊芋とグリンピースのピュレ、カボチャのフレークにビスキュイパルメザン添え 〜真ん中の筒状のガラスを上げるとクリーム状のソースが溢れてくる仕掛けはサプライズ感があります また、美味しいソースはパンで綺麗に完食です ♪ パンは四種 青のり、たまねぎ、ローズマリー、ナッツのパン 〜お代わり自由でした オリーブオイルと玉ねぎチップ入りのバターをお好みで ♪ 本日のお魚は函館産平目のポワレ 牧島さんのピンクも鮮やかで甘いビーツソースにはトリュフの香りも爽やか 〜グリーンアスパラに土筆のソテーが季節感を出します ♪ 本日のお肉はブルターニュ産鴨の胸肉のロティ 蜂蜜スパイスのソースに紫芋のパウダー ホワイトアスパラ添え 〜皮パリでお肉は柔らかく肉汁にコクのある鴨肉でソースにはクミンの香りがしてエスニックな感じも ♪ デザートは二種類+プチ3種 *フルーツのグラタン仕立て マジパンとアーモンドスライスのミツバチの飴細工、キャラメルムースのブリュレの下にはココナッツのソース、マンゴーのソルベ添え 〜飴細工はアート感たっぷり!グラタン仕立てのソースは最後の一滴までいただきました 〜二つめのデザートが二つ目のお皿をひっくり返したらありました *グレープフルーツのゼリー *Petits Fours プチフール ・ 竹炭のフラン ・ 箱根の熊笹のフィナンシェ ・ 湘南ゴールドのコンポート 〜それぞれが見た目にも味にも変化があって飽きさせません ♪カフェで〆 お料理はサプライズ感があったり、食材は各地の選りすぐりで季節感たっぷり 特にソースが工夫されてお料理一つ一つが味わい深い印象です また一つの皿毎にシェフの遊び心が伝わるのも素敵でした 出てくるお皿も全て違った絵柄のクラシックな物でそれを眺めるのも楽しいものです お料理も素晴らしかったですが、特にデザートの質の高さと種類、新鮮さと驚きから今期のBESTに入れました 尚、今回残念な事に週初めから急性喉頭炎を患い声が出なくなり、アルコールはドクターストップもあってノンアルスパークリングワインで また、その後も有料のミネラルウオーターで我慢でしたが、リーズナブルで豊富なワインコレクションをいただけなかったのはとても残念でした それにしても参加者の皆さんとコミュニケーションが取れないのが一番辛かった! #桜花爛漫のランチ会 #ゴージャスでクラシック #ソースにオリジナリティ #季節感溢れる食材 #サプライズと遊び心 #至高のデザート達

     奥沢の小高い丘に建つ築60余年の日本家屋。エントランスの階段を上がり家の中に入れば、そこは四季折々の素材を活かしたフレンチレストラン。この外観にどこか見覚えのある人も少なくないと思うが、こちらは人気ドラマ「リーガルハイ」の古美門先生の邸宅外観に使われているのだ。和洋折衷の独特な雰囲気の中、極上のフレンチを堪能出来る「とっておき」の店だ。  オーナーシェフの森重正浩さんは、フランス各地で地域に根付いた素材を用いた「キュイジーヌ・レオジナール」を学び、帰国後も国内のオーベルジュなどで腕をふるい、1994年にこの店をオープンさせた。三島産のハーブや小田原産の自らも山や川へ行き、自然や食材と触れ合うのが好きだと語る森重シェフが作る料理は、どれも季節感にあふれ自然を再構築したストーリーが流れている。  四季を感じられる自然に包まれた庭園を眺めながら、シェフの思いがこもった料理の数々に酔いしれる一時。シトロエンをこよなく愛するシェフとシトロエン談義をするのも僕の秘かな楽しみのひとつ。 #デート #口説ける #夜に来たい

    浪漫的邸宅フレンチ4.00   Junichi Satoさんの投稿から行ってみました。 高級住宅地の中ナビを頼りに向うと、壁に囲まれ壁の上からは大きな樹が茂って建物は見えない昭和の豪邸感漂う場所に到着。 玄関に10段くらいの石階段がありそこで資産家古邸宅的な建物と大きな桜の木が見えます。 この時点で、ああ~これは外すことはないなと思いました。 アンティークな家具、年月を重ね少し老いぼれた絨毯が高潔で日本的な庭が見えることで余計にハイカラというか浪漫的なノスタルジック感が心地よいいです。 自家製ローズマリーのフランスパンと米粉パン、クルミのカンパーニュが購入して帰りたい美味しさで、つけるものも玉葱系・クリームチーズ。アンチョビと3種です。 料理の味付けは驚きはないけど妥当安心に美味しい。 ただ山菜や野菜が多めで、魚はおこぜ、肉は鳩と余り触れることのない食材で斬新なデザインのお皿含めやはりワンランク上なフレンチと感じました。 ウエイターかソムリエ?の方の物腰というかオーラもこの邸宅に合っていて、帰りにシェフが出てきて挨拶してくれましたがこちらも悟り入った僧侶みたいなオーラの方でしたw 看板もなくここ目的でないと辿り着かないひっそり雰囲気が最強だと思います。 ランチ3900~ディナー7800~と高級なので日常使うことはないですが記念日に~ [夜]¥10,000~¥14,999 [昼]¥8,000~¥9,999 #フレンチ #食べログ3.5 #食べログ3.7 #食べログ4.0

ラ・ビュット・ボワゼの店舗情報

修正依頼
ジャンル
  • フランス料理
  • 魚介・海鮮料理
営業時間
定休日
カード
予算
ランチ
~8000円
ディナー
~15000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス            
        東急大井町線 / 九品仏駅 徒歩6分(440m)
東急東横線 / 自由が丘駅 徒歩8分(640m)
東急東横線 / 田園調布駅 徒歩11分(810m)            

                    ■バス停からのアクセス            
        東急バス・東急トランセ 園02 奥沢六 徒歩3分(170m)
京浜急行バス 蒲田駅・武蔵新田駅・玉川田園調布・洗足池〜羽田空港(国際線ターミナル)線 玉川田園調布 徒歩3分(240m)
京浜急行バス 蒲田駅・武蔵新田駅・玉川田園調布・洗足池〜羽田空港(国際線ターミナル)線 奥沢六丁目 徒歩4分(260m)            

          
店名
ラ・ビュット・ボワゼ La butte boisée
予約・問い合わせ
03-3703-3355
お店のホームページ

席・設備

座席

20席

個室
カウンター
喫煙席

特徴

利用シーン
  • ランチ
  • デート
  • ディナー
  • ワインが飲める
  • クリスマスディナー
  • 禁煙
  • 記念日
  • 個室

更新情報

最初の口コミ
Emi Fujii
最新の口コミ
Kazuya Ushijima

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ PayPayを使いたいお店をリクエストをする際は こちら からお問い合わせください。

店舗の運営者様・オーナー様へ

Rettyお店会員にお申し込みいただくと

  • お店のページをPRすることができます。
  • 無料でお店の写真やメニューを編集することができます。

スマホ決済はPayPay!
初期費用・決済手数料・入会手数料が0円で導入可能です。

人気のまとめ

ラ・ビュット・ボワゼの近くのお店

自由が丘のフレンチでオススメのお店

東京の新着のお店

ラ・ビュット・ボワゼのキーワード

ラ・ビュット・ボワゼの近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

03-3703-3355