ボノボ

bonobo

予算
~1000円
~1000円
最寄駅
小田急小田原線 / 梅ヶ丘駅(南口) 徒歩1分(52m)
ジャンル
ラーメン つけ麺 味噌ラーメン 担々麺 とんこつラーメン 塩ラーメン
定休日
無休
03-3428-8837

古き良きグルメが豊富に揃う街「梅ヶ丘」。昔ながらの格安店から贅沢メニューが揃う高級店まで、イチオシグルメのお店がいっぱい❗ そんな魅力あふれる「梅ヶ丘」へ一時間程、交通機関を利用して行ってまいりました。 本日利用したお店は、 ボノボ 2012年1月20日にオープンしたお店だそうです。 お目当てのメニューは、 あさり白湯ラーメン これを食べてみたかったのですが、残念なことに定番メニューから外されておりました。 ガ━━(゚Д゚;)━━ン! 本命がダメなら対抗で。以下のメニューを注文しました。 熱盛 渡り蟹のつけ麺¥880 味玉¥100 鶏生姜肉飯¥350 熱盛 渡り蟹のつけ麺 具材:穂先メンマ、葱、海苔2枚、チャーシュー2枚(鶏と豚の肩ロース)。 感想・・・結構イケます。スープは濃厚で蟹の風味もしっかりと感じます。他店の魚介豚骨つけ麺よりもまろやか。 麺は中太麺。北米産の小麦の他、国内で製粉した強力粉(硬質小麦)、全粒粉、タピオカ粉をブレンドして、コシを出しているのだそうです。スープの絡みもよく美味しいつけ麺です。 このつけ麺ですが、新宿の『五ノ神製作所』の海老つけ麺とイメージがダブります。海老と蟹の風味は違っても、濃厚でドロっとした味わいのつけ麺という点では酷似していると感じます。 具材は別皿で出されましたが、以前はスープの中に入れていたようです。別皿に分けた理由は不明ですが、他の方の口コミによれば、 「豚ロースは、ほのかに八角の香り。この繊細な味付けはスープにつけると台無しになるので、この配膳の仕方は非常に良い。是非スープに付けずに食べて欲しいな」 とのことです。自慢のチャーシューをそのまま召し上がっていただきたいという意味合いなのでしょうか?私は鈍感なのでそのままスープに入れて食べてしまいました(笑)。 味玉 感想・・・まずまずのデキで、半熟加減もGOOD! 鶏生姜肉飯 具材:鶏そぼろ、白髪葱 感想・・・ホロホロ粒粒の鶏そぼろの上に白髪葱が乗っており、黄金色の自家製生姜醤(味は塩だれに近い)で味付けされておりました。そこそこのデキだと思います。 最後に 本命の「あさり白湯ラーメン」は口にできませんでしたが、看板メニューの“渡り蟹のつけ麺”を美味しくいただけたので、満足しております。梅ヶ丘に来てヨカッタ❗ 利用した日時:2021年1月16日18時30分 【梅ヶ丘】 小田急線「梅ヶ丘駅」を中心として広がる街並。個人商店からチェーン店まで数多く立ち並ぶ商店街。閑静な住宅街。広大な公園。 「ブランドエリア」としてカテゴリーされることもある梅ヶ丘は、様々な表情を持っています。 地名の由来 昭和9年(1934年)4月 小田急線の「梅ヶ丘駅」新設に伴い、「梅ヶ丘」という名称が初めて誕生しました。ただし、そのころの周辺の地名は「世田谷二丁目」であり、駅名として使用されているに過ぎませんでした。地名が「梅丘(うめがおか)」になったのは、昭和41年(1966年)でした。 「梅ヶ丘」の由来は資料により異なっており、 ・地元有力者の梅の家紋に由来する説 ・地元有力者の家で駅名の話が出たときに庭を見たら、梅が立派であったことから名づけられた説 ・当時古墳があったことからその古墳にちなんで“埋ヶ丘”と呼ばれ、それが転じた説 などがあります。 しかし、いずれにしても「梅ヶ丘」という名称が地元に愛された結果、地名へと使用されることになりました。いまでは「せたがや梅まつり」が行われるなど、地名が基となり梅の名所となりました。 おすすめスポット 羽根木公園 梅ヶ丘エリアの観光スポットにもなっている公園です。650本にも及ぶ梅林があり、2月上旬~3月上旬にかけて「せたがや梅まつり」が行われ、多くの観光客で賑わいます。また、梅林のほかにも野球場やテニスコート、茶室、図書館なども広大な敷地内にあり、地元の方にも愛されている場所となっています。 アクセス:小田急線「梅ヶ丘駅」北口より徒歩5分。 梅丘寿司の美登利総本店 新鮮なネタが手軽に食べられ、安心して入店できる大人気の寿司店、美登利総本店がここ梅ヶ丘にあります。都心に幾つも店舗を構えていますが、どこも行列の中この本店も当然ながら大人気です。どうせ人気店で食べるなら本店に行ってみたくはありませんか?行くならぜひWEB(http://www.sushinomidori.co.jp/)での簡単予約がおススメです! アクセス:小田急線「梅ヶ丘駅」南口より徒歩1分。 某サイトより引用

Takashi Fujiさんの行ったお店

ボノボの店舗情報

修正依頼

店舗基本情報

ジャンル
  • ラーメン
  • つけ麺
  • 味噌ラーメン
  • 担々麺
  • とんこつラーメン
  • 塩ラーメン
営業時間
定休日
カード
不可
予算
ランチ
~1000円
ディナー
~1000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス            
        小田急小田原線 / 梅ヶ丘駅(南口) 徒歩1分(52m)
小田急小田原線 / 豪徳寺駅 徒歩9分(670m)
東急世田谷線 / 山下駅(出入口2) 徒歩10分(770m)            

                    ■バス停からのアクセス            
        小田急シティバス 渋54 梅ヶ丘駅 徒歩2分(120m)
小田急シティバス 1 梅ヶ丘駅北口 徒歩2分(120m)
小田急シティバス 渋54 光明学校前 徒歩3分(220m)            

          
店名
ボノボ bonobo
予約・問い合わせ
03-3428-8837
FacebookのURL
https://www.facebook.com/%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%8E%E3%83%9C-264411337060857/

席・設備

座席

10席

個室
カウンター

(カウンター席のみ)

喫煙
不可

(完全禁煙)

※健康増進法改正に伴い、喫煙情報が未更新の場合がございます。正しい情報はお店へご確認ください。 [?] 喫煙・禁煙情報について

03-3428-8837

このお店の特集記事